こどもの こと

本物の縄文土器を触れる!多摩センターの縄文の村へ行ってきた

本日のブログざっくりまとめ

▼多摩センターといえば?ピューロランド?
縄文の村もあるって、知っていました?

▼本物の縄文土器を触れるって?
大きな博物館では、あり得ないや―つ。

▼どこに行くか?そして、誰と行くか?
楽しかった夏休みの思い出を、つらつらと。

夏休みの思い出

我が娘7歳、小学2年生。

学校で1番仲良くしている友達のお母さんから、お誘いいただき、一緒にお出かけすることに。

車で連れていってくれるってよ?
行き先は、
サンリオピューロランドだってよ?

我が家は、ただただ便乗するのみ。
ありがたや。

小2の女の子の遊び方

毎日のように、学童で一緒に遊んでいる娘たち。

女同士、何をやっているのかって?

お坊さん修行とか、めんことか、研究とか、
なぜか、遊び方が、女子っぽくない

そんな2人は、歴史にもハマっておりまして…。

ピューロランドのついでに?

ピューロランドのついでに、
近くの「縄文の村」へ行かないか?と。

娘7歳「行きたい!!!!!!」

「縄文の村」の存在すら知らなかった、
我が家は、ただただ便乗するのみ。

 

遺跡庭園「縄文の村」とは

多摩ニュータウンの開発時に見つかった、
土器や石器類などが収蔵されている
という、
東京都埋蔵文化財センター

そして、その施設内の遺跡庭園「縄文の村」は、ピューロランドの、本当にすぐそば

にあるにも関わらず、ピューロランドのついでに、縄文の村へ行く人は、あまりいないようで…。

夏休みでも空いている

混んでいるであろうピューロランドの前に、
空いている縄文の村で、ひと遊び。

まずは、展示ホールの中へ。
歴女予備軍?の小2女子2人は、大興奮!

「黒曜石のまが玉だ」
と叫ぶ娘
に、母さん苦笑。

充実の体験コーナー

体験コーナーも、かなり充実。

どんぐりを石ですりつぶしたり
土器を復元する立体パズルがあったり…。

母さん2人も、だいぶ盛り上がった。

そうか、
この2人から生まれた子どもたちか。

縄文時代の服を身にまとい

オリジナルの縄文服が着られるって?
娘っこ、さっそく………に、に、似合う。

縄文の村オリジナルの縄文服が着られる

座敷童感のある、平成30年感のない我が娘。
カゴやら、小物も身に付け、まるで縄文人?

本物の縄文土器を触れる!

何がスゴイって?
本物の縄文土器を、素手で触れるのだ。

縄文の村本物の縄文土器を触れる

写真を撮りつつ「絶対に落とすなよ?
「本当に絶対に、落とさないでね!」

娘よ、これはフリではない。
落とさず、ほっ。

縄文クッキーレシピ

こちら、ご自由にお持ち帰りくださいの、縄文時代のクッキーのレシピ。

縄文時代のクッキーの作り方

「ママ―作って―」って、ムリです。
殻をむいて、渋皮をとって………ムリです。

竪穴式住居に入れる!

復元された、竪穴式住居の前で1枚。

縄文の村竪穴式住居体験

あれ?
縄文服を着ていないのに、縄文感ある。過去から迷い込んできた、縄文の子ここにあり。

火炊き・野焼き

毎日のように、火炊きを行っているそうで、サウナ状態の、竪穴式住居の中で………。

管理人のおじちゃんたちが、
いろいろと説明してくれまして………。

縄文の村竪穴式住居の中で火おこし

母子ともに、だいぶ楽しそう。
はい。楽しかったです。満喫しました。

脳内BGMはもちろん!レキシ

「狩りから稲作へ」の脳内再生が止まらない。

縄文土器 弥生土器
どっちが好き?どっちもドキ。


あっちもこっちもそっちも、ドキでした。

縄文の村を満喫

このままピューロランドへ行かず、
終わるんじゃ?と、思いましたが、
滞在時間は、およそ1時間

「そろそろ行こうか?」と言わなければ、
ずっと遊んでいそうだった、子どもたち。

縄文の村へ行こう!

歴史に興味のあるお子様、大人様なら、
だいぶ楽しめるはずの、こちらの施設。

縄文土器 縄文皿 レプリカ
株式会社モノ企画


サンリオピューロランド好きの女の子は
………あまり興味がないかもしれませんが。

交互に並ぶ連携プレイ

ちなみに、ピューロランドでは、
母さん2人、交互に並び、
みごと!全アトラクションを制覇。

………母さん2人は、会話する隙もなく、
LINEで、状況を伝え合うなど………。


娘が大好きな友達のお母さんのことが、
わたしは、ダイスキだなぁと思いました。


東京都埋蔵文化財センター
遺跡庭園「縄文の村」
住所:東京都多摩市落合1丁目14−2
開園時間:午前9時30分から午後5時00分ま

11月から2月は遺跡庭園「縄文の村」のみ午後4時30分まで
休館日:年末年始 12月29日から1月3日まで
展示替えによる休館(3月中旬)

▼ピューロ島の、お隣にある村

▼ついでに、著者をフォローしてみる