体もろもろ

子どもの溶連菌が、おとなにも感染!悪寒に吐き気に…母、大参事

溶連菌感染症は、ノドの病気…

という認識でした。
IMG_8490

代表的な症状は、発熱と、ノドの痛み
さらに、手足や舌に、イチゴのような、
小さなツブツブができるとな…。

が、しかし!

 

娘5歳、突然の嘔吐…

さっきまで元気だった娘が、
夜中に、突然吐きはじめ、
その後も、朝までに4回ほど。

水を飲むのもやっとで、辛そうだ…。
父さん、必死の看病。
母さん、眠気と戦いつつも応援。

 

ウィルス性腸炎?

ここで疑うは、ウィルス性の、
オナカからくる風邪。
ほぼほぼ、間違いないだろうと踏んで、
小児科へ行ったところ………

 

溶連菌感染症ですね…

ノドのウィルスを、
綿棒状のものでえぐり取り、待つこと数分。
意外な結果に、母びつくり。

娘の主な症状は………

 

嘔吐・下痢・吐き気・だるさ

「だるい―」「つらい―」をくり返し、
抗生剤と、吐き気止め、整腸薬を飲み、
よく眠り、ほぼ1日で回復。

 

処方された薬は………

・ナウゼリンドライシロップ
・ワイドシリン細粒
・ビオフェルミンR散

が、しかし!

 

頭が痛い…耳が痛い…

結果、保育園を2日お休みしました。
そして、娘が無事に登園できた朝。

 

母、気持ち悪い…

どうにも止まらない、吐き気。
無抵抗の、下痢状態。
いやおうなしに襲ってくる、悪寒、寒気。

思考が止まり「おかん、悪寒」という、
しょうもないダジャレが脳内をぐるぐると。

 

オナカの風邪でしょうね…

小児科の先生、あっさりと…。
大人の場合は、溶連菌かどうかも、
調べないものなのでしょうか。

 

処方された薬は………

・ペロリック錠
・ミヤBM錠

そりゃあ、48時間以上
せまい室内で一緒にいたら、
どう除菌したって、どうマスクしたって、
染る………いや、染りたくなかった。

 

ノドの痛み、ほぼなし

ただひたすらに、気持ちが悪くて、
「おかん、悪寒」

何かを食べた方がいいのだろうか。
怖くて何にも食べられない…。

そんな状態の中、
わたしは、ブログを更新しています。

いったい何を、やっているのでしょうか…。

 

1時間に数回の波…

気持ち悪くて、悪寒はしますが、
動けないだけで、横になるほどではない!?

ただ、1時間に数回、
オナカの中に、ポンプでも使って、
空気を入れられているような、
ぐるぐる、かき回されているような、
そんな感覚に、襲われています。

けっこう、ぐわ―ってきます。
どうせなら、オナカの脂肪を、
吸い取ってくれないだろうか。

そんなことを考える余裕があるので、
まだ大丈夫みたいです。

 

感染した理由

実は、母が感染した理由は明確だ。
娘が残したチキンナゲットを、
もったいない根性で食べてしまったのだ。

一部友人から「除菌のプロ」と呼ばれる
わたしではあるが、
超快適なマスクを付けても、
アクアラボで部屋を除菌しても、
直接食べてしまったら何の意味もない。

 

合併症に注意!

娘は、2日ほどで快復し、登園許可もおり、
が、しかし!抗生物質は、出された分を
きっちり飲みきらなければならないそうで…。

リウマチ熱や、急性糸球体腎炎といった、
合併症を起こす可能性もあるとか。
なんとも、恐ろしいやつだ!溶連菌め。

 

恐る恐るウィダーinゼリー

飲んでみたよ…。
いまのところ、異常なし!

リアルタイム人体実験。

3分後、例の波がやってきた…。
オナカの中で、何かが暴れておる。

 

体調を崩すと感じる人の優しさ

打ち合わせに行けず、
再々リスケとなってしまい、
仕事の人たちには、迷惑をおかけました。
(おかけしています。)

それにしても、
今週は、かなり、ゆるめのスケジュール。
母さん、ほぼ現場がなく、ほぼ在宅作業。

そんな時に体調を崩す、我が娘5歳…。
空気を読みすぎだろ!と、逆に心配。

そして、母さんは、動けないのをいいことに、
作業が、絶賛はかどっている。
ついでに、
だらだら長いブログを書いてしまった。

▼ついでに、こちらの記事も…?
風邪は“ひく前に治す”
ひき始めにオススメの市販薬3選