こどもの こと

いまどき小学校の遠足のおやつ事情!あり?なし?いくらまで?

遠足のおやつの予算は学校によるアイキャッチ画像
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

東京都内・小学校は全校遠足

我が娘8歳、小学3年生が通う小学校は、年に1度の全校遠足という行事があり、1年生から6年生まで一緒に同じ場所へ行くのですが。

放送作家りん
放送作家りん
遠足事情も学校によりけり?

1年生の時は、1,2年生、3,4年生、5,6年生と行く場所が分かれていたのですが、2年生の頃から全校遠足になり…。

放送作家りん
放送作家りん
遠足事情も学校によりけり?

遠足の楽しみの半分は準備?

なぜか準備好きの我が娘、遠足に行くのも楽しみだけれども、準備も楽しみで仕方ないようで…。

放送作家の娘
放送作家の娘
いつ準備する?

やる気がハンパなかったわけですが、進級してわずか2週間後には遠足という、なかなかのバタバタスケジュールの中。

200円まで!おやつを買いに

準備の中でも、特に楽しみなのは、おやつを買いに行くこと

放送作家りん
放送作家りん
そりゃ、そうだろうよ。

限られたお金の中で、いかに自分の好きなお菓子を買うか?子どもなら、いや、大人だって?楽しくないわけがありません。

昭和のおやつ事情300円まで?

ちなみに、わたしが小学生だった頃、おやつは300円までだったと記憶しております。

ちなみに、わたしが育った家では、実母さんの方針により、なぜか駄菓子が禁止でして。

放送作家りん
放送作家りん
駄菓子を持ってきている子が、うらやましかった思い出!

ちなみに、駄菓子禁止の我が家の遠足のおやつといえば、なぜかチョコベビーが定番でした。

放送作家りん
放送作家りん
チョコベビー以外の記憶、ほぼなし。

ちびまる子ちゃんの世界

話は変わりまして、最近娘がハマっているのが「ちびまる子ちゃん」

放送作家りん
放送作家りん
母さんも大好きで、小学生の頃グッズなど集めていました。

ちびまる子ちゃんのお話の中で、遠足は200円まで

ところが、娘いわく、食べることが大好きな小杉は、駄菓子屋さんの常連で、お店の人にサービスしてもらい、たくさんのお菓子を遠足に持って行ったんだとか。

放送作家りん
放送作家りん
あくまで、娘情報。
放送作家の娘
放送作家の娘
小杉が、うらやましいよ。

が、娘よ、ちょっと待て?これが許されると、もはや、なんでもありになってしまうのではなかろうか?

バナナはおやつに入りますか?

遠足あるあるの、定番中の定番のこちらのフレーズ。

娘の学校のルールでは、フルーツはお弁当の一環=おやつには含まれない。が、しかし!

例えば、ちびまる子ちゃんの小杉理論でいくと、近所のおばあちゃんがくれたお菓子は、自分では買っていないから200円に含まれないのか?

Amazonで大量購入して小分け

例えば、なんでも買えるインターネットの世界!Amazonや楽天で駄菓子を大量購入した場合。

うまい棒が、600本で税抜き価格4800円。つまり1本8円。税込み価格で計算した場合、1本8.64円。

予算200円÷8.64円=23.14本、四捨五入して23本のうまい棒を持っていくことは許されるのか?

遠足のおやつあり?なし?

そんなことを母娘でぶつぶつ話しつつ、いざ!近所の駄菓子屋へ。

行く道中にばったりあった、保育園時代のお友達。そのお友達が通う小学校では、遠足のおやつの制度自体が、そもそもないんだそうな。

放送作家りん
放送作家りん
え、ない学校もあるの?
放送作家の娘
放送作家の娘
あって、よかった~。

遠足のおやつ事情も、学校それぞれということなのか。

飴とガムは禁止!

娘の通う小学校では、遠足のおやつは、飴とガムは禁止とされている。が、しかし!

放送作家の娘
放送作家の娘
酔い止めの飴がなめられるから、ラッキーなんだよねぇ。

酔い止めの飴は、おやつではないからOK。そりゃあ、そうだろうが、しかし!

放送作家りん
放送作家りん
ありとなしの基準、わりとあいまい。

駄菓子屋2軒~30分超えの長考

結局、徒歩圏内の駄菓子屋さんを2軒巡り、娘ぶつぶつ言いながらの、合計40分ほど長考した結果。

購入した200円分のおやつがこちらです。

遠足のおやつ予算は200円以内長考した結果

ちなみに、この中で1番の高価な品は、たけのこの里のいちご味でした。

平成~令和・遠足のおやつ問題

小杉をうらやましがり、それなら、どこまでが遠足のおやつ内で許されるのか?

いや、ひとつ許したら、なんでもありになってしまうぞ?などと、母娘でぶつぶつと話し合った結果。

娘8歳が出した結論とは…。

放送作家の娘
放送作家の娘
遠足のおやつは、勉強のためにあるんじゃない?

限られた予算内で、いかに自分の好きなおやつを買うか、それは算数の勉強でもあり、将来のための人生の勉強にもなっているのではないか?と。

放送作家りん
放送作家りん
はなまる!

予算内で何を買うか、何を優先させるか、自分で考えることに意義がある!という結論にたどりついたようです。

父さんは、あったらある分使う。母さんは、とにかく使わない、買わない。

200円きっちり使い切った娘は、将来どんなお金の使い方をするようになるのか?

放送作家の娘
放送作家の娘
お金持ちになったら、大きな家を買って、パパとママと、結婚する人と、その人のお父さんとお母さんと一緒に住む!
放送作家りん
放送作家りん
(心の声)そ、それはちょっと面倒な気もする。

以上!親バカ母さん、今日もゆくでした。

※2019年5月14日追記!

アレルギー・交換禁止!

こちらの記事について、Twitterにて興味深いリプをいただいたので、いくつかご紹介。


ちびまる子ちゃんの世界では、交換するのも楽しみのひとつとされていましたが、うむ。なるほど。

きっちり税込み!我が子の通う小学校では、税抜きでいいらしいのですが、あくまで娘情報…。

以上!どうなる?令和の遠足事情でした。

ついでにこちらも
キャラ弁作りの味方!のりあーと×ラップに書けるペンを試してみた学童生活スタート! 娘6歳、春から小学生になりました。 働く母の強い味方!それが学童のはずなのに、 「給食が始まるまで、毎日お...

▼ついでに、著者をフォローしてみる