こどもの こと

成長記録(育児日記)をオススメする理由

ムリをせずに書き続ける

娘が、生まれたその日から、成長記録を書き始めた。最初は、ほぼ日手帳1ページ分書いていた。

IMG_7167 IMG_7168

続けられる書き方

1日1ページが、プレッシャーになってきたので…

IMG_7163
1年クルテク手帳をはさんで、ただのノートに変えた。

IMG_7162
書きたいことが、たくさんある日は、たくさん書くし、なければ書かない。ムリすると続かないことはわかっている。

IMG_7169

成長記録(育児日記)を書く理由

なぜ、成長記録を書き続けているか?それは、わたしの母の一言から…。

「わたしの子どもの頃ってどうだった?」
母「そんなの、もう忘れたよ!」

わたしは、この時だいぶ大人だったけれども、「忘れたのかよ!」と、若干イラっとした。

※ウソでも覚えている風に振る舞えよ!とも思った。

自分のために記録する

が、しかし!

いくら忘れたくないことでも、忘れてしまうのが、年をとるということ、なのかもしれない。

わたしも、いつか幼き娘との日々を、忘れてしまうかもしれない…。

娘がグレた時のために、毎日、記しておこう。「くそババア」とか言われた日には、この日記を読み返そう。

という流れで、わたしは、成長記録を書き続けている。

※現在のグレるってなんだろう…グレるりんしか浮かばない

娘のために記録する

将来、娘がわたしに、「わたしの子どもの頃ってどうだった?」と聞いてきたら、

てきとうに覚えている風に振る舞いつつ、「このノートに全部書いてあるよ!」と、成長記録を、手渡そうと思っている。

娘がグレた時、この成長記録が役に立つ!かもしれない…。

と、ここまで書いたところで、

おい、待て!

自分に対して、おい、待て!
なぜ娘がグレる前提で話が進んでいるんだ?

我が娘よ、できることなら、グレずに、「くそババア」とか言わずに成長してほしい。

「くそババア」とか言われることを想像するだけで、母さん、なんなら泣けてくるよ…。

ついでにこちらも
子どもの小学校入学を機に“10年メモ”始めますだ成長記録(育児日記) 我が子が生まれてから6年間、ほぼ毎日、続けていることは、成長記録(育児日記)を書くこと。 https://...