食もろもろ

【現代版】本当においしい、おせち料理を考えてみた

おせちは、おいしくない

決して、すべて、まずいわけではないが、いまいち心が躍らない料理が多い、
というのが事実!………の気がする。

おいしいおせちが食べたい

おせちには、いろいろな意味がある!ということは知っている。

ただ作るのに手間がかかるものが多い上に、さほど、おいしくないときたら、作るモチベーションは、上がらないし、かと言って、買うと、べらぼうに高い。

子どもが喜ぶ、おせち

おせちに込められた意味を理解した上で、子どもも、大人も食べやすい、本気で食べたくなるようなメニューに、置き換えるということは、できないものか。

味の素さまのサイトで、定番おせち料理の、いわれについて調べてみた。

おせち料理

田作り

豊年豊作祈願
(昔は子いわしを刻み、灰に混ぜて田んぼの肥料にしていたことから)

なんとなく甘ったるくて、苦手という人も多いのではなかろうか。

現代版:ごまめとアーモンド炒め

ごまめ(小さなカタクチイワシ)なかったら、煮干しと、スライスアーモンドをフライパンで炒った後、少量の、しょうが醤油で味付け。

アーモンド入りだから、子どもも食べやすい。

数の子

子孫繁栄(子の数が多い)

数の子自体が苦手という人も多いのではなかろうか。ちなみに、わたしは、嫌い…ではない。

現代版:明太子

子の数の多さなら、明太子だって、負けていない!はず。

見た目も、赤くて華やか。

明太子と数の子が並んでいたら、10人中8人が明太子を選ぶ、気がする。

黒豆

無病息災
(「まめ」が丈夫・健康を意味していた)

これまた、甘ったるい。

豆を使えば、黒豆じゃなくても、いいのではなかろうか。

現代版:チリコンカン

豆を、ひき肉、野菜、トマト、チリパウダーなどで煮込んだ料理。

チリパウダーを、ケチャップで代用すれば、子どもも食べやすい。

たたきごぼう

ごぼうが地に根をはることから、
家や家業が安定しますように

関西では、祝い肴と呼ばれ、なじみ深いおせち料理のようだが、わたしは、食べたことがない…と思う。

ごぼうを使えさえすれば、なんでもいいのではなかろうか。

現代版:ごぼうチップス

素揚げして塩を振っただけの、ごぼうチップス。

ただ、揚げたてが食べられないのなら、きんぴらや、ごぼうサラダの方が、いいのかもしれない。

たたきごぼうよりは、食が進む…気がする。

栗きんとん

黄金色に輝く財宝に例えて、
豊かな1年でありますように。

栗きんとんが好きという人がいることは知っている。ただ、めんどくさい。ちょいと手を抜いてもいいのではなかろうか。

現代版:スイートポテト

どうせ、さつまいもを裏ごしするなら、スイートポテトのほうが簡単。

甘すぎないスイートポテトを、卵黄多めに作って、黄金色に輝かせればいい。

ただ、黄金色には輝いていない、中津川の栗きんとんは、スーパーおいしいと思っている…。

れんこん

穴があいているので、
見通しがききますように

れんこんの、はさみ揚げではダメなのか。
見通しがきかないとダメなのか。

見通しがききますようにって、そんな願いごと、ほぼ聞いたことがないのではなかろうか。

現代版:ちくわ

穴があいているから、ちくわでもよし?

はっ、チーズとか、きゅうりは、詰められないのか。

れんこんの方が、ちくわより穴が多いから、より見通しがきくと言われたとして、いまいち納得がいかない。

里いも

小いもがたくさんできるので、
子宝に恵まれますように

娘5歳、里芋の煮物の、ねちょっとした感じが苦手なようだ。

そんな我が子でも食べられる里芋料理の方が、いいのではなかろうか。

現代版:里芋の素揚げ

素揚げして、青海苔と塩を振る。
簡単!

フライドポテト感覚で、子どももばくばく食べられる。

えび

長寿祈願
(腰が曲がるまで長生きできますように)

腰が曲がるまでは、長生きしなくてもいいかなぁ…という思いも若干。

おせちの海老は、殻をむくのが、とにかくめんどくさい。

むいた状態で売っているエビを使うのでも、いいのではなかろうか。

エビマヨ

海老×マヨ、最高の組み合わせ。
冷めてもおいしい。

マヨネーズ好きとしては、マヨネーズを、おせち料理界に、仲間入りさせたい。

なます

大根のように根をはって、家の土台がしっかりし、栄えますように大根の白と、にんじんの赤で、紅白のおめでたさを現す

ごぼうといい、大根といい、おせちには、根をはる野菜、根菜が重要なようだ。

にんじんを赤と呼ぶのは、信を青と呼ぶようなものなので、より赤いカニカマの方が、いいのではなかろうか。

現代版:
大根とカニカマのタイドレサラダ

大根の白、カニカマの赤、赤が足りなかったらトマト。黒を混ぜていいなら、ゴマも振りたい。

そして、色合いが赤っぽい、リケンのタイ風ドレッシングで味付け。with少量のマヨネーズ。

なますには負けない自信がある。

おせちの基本~応用

娘5歳に、1度おせちの基本は、これだよ―こんな意味があるんだよ―というのを教えねばならぬ、と思っている。

基本を覚えた上での応用。

2000年から、もうすぐ17年。

平成も、なんと29年になることだし、コード付き電話どころか、ポケベルもPHSも、存在しないんだから、おせちも現代版にアレンジしても、いいのではなかろうか。

ついでにこちらも
“明治ケンコーハム合鴨ロース”スーパーで買える激ウマ鴨レシピたのっち先輩が、 次は鴨ブームが来ちゃう!とか言うので… 田野幸伸@tanocchi 牛・豚・羊の次は「鴨」ブーム来ちゃう...