体もろもろ

その手荒れの原因は乾燥?保湿よりも必要なのは油分かもよ?

子どもの手荒れ

毎日、寒い。
そして、娘の手荒れがひどい

母さんの手荒れは、
今に始まったことではない
ので、
スルーするとして、
娘6歳、乾燥からなのか、
ひどいときは、指先の皮がむけたり、
手の甲に、血がにじむほど…。

小児科で保湿剤

溶連菌感染症の診察のついでに、
小児科の先生に診てもらうと、
保湿剤を処方してくださった。
ヒルドイド ソフト軟膏」というやつ。
IMG_9216

が、一向に快方に向かわず…。

 

皮膚科へ

わたしが“せんせい”と勝手に呼んでいる、
10歳年下の女子、オススメの皮膚科へ。

過去には、わたしが、
首のイボを切ってもらったり…

【軟性線維腫】皮膚科で手術!ハサミで首のイボを切ってもらった : 放送作家りん の ブログ

顔のイボを焼いてもらったこともある…

皮膚科にて、顔のイボを電気メスで焼いてもらった【軟性線維腫】 : 放送作家りん の ブログ
信頼のおける皮膚科なのである。

 

油分が足りないねぇ…

先生の第一声に、母きょとん。
なんでも、手は「皮脂膜」という
油分に保護されている
らしい。

その油分を失うと、その下の角質が、
乾燥によって固く
なり、ガサガサになるとな。

なんだかわかったような、わからないような。
とりあえず、油が必要らしい…。

 

お母さんも同じ症状だよ?

わたしの手を、ちら見した先生がぽつり…。
母子ともに、足りないのは油だったのか!
腰回りには、だいぶ脂を蓄えているのにな。

 

保湿剤では意味がない

油分が足りない状態で、
保湿剤を塗っても意味がない
らしい。

とにかく、油分を補うこと。
というわけで!処方されたのが………

 

メサデルム軟膏

IMG_9227

こちらの軟膏を、
ほ―んのちょびっと手に取り、
うす―く、うす―く伸ばすようにと。
ひどいときは、1日に何度も塗りなさいと。
IMG_9228

 

母の手にも効果あり…

娘に、日に何度も何度も塗ってやり、
そのついでに、自分の手についたやつを、
なんとな―く伸ばして塗っていたら、
なんだか、母の手の調子もいい

 

スーパーの袋、開けられるかも?

このままいけば、母さん、
スーパーのビニール袋を、
再び開けられる日がくるかも
しれない。

あの、湿った、誰が触ったかわからない、
雑菌が、うようよいそうな、
おしぼりというか、雑巾みたいなやつの
力を借りなくても済む日がくるかも
しれない。

 

手荒れ=保湿と思いがち

が、しかし!
ひどいときは、湿りよりも油分が必要なのか。

鼻の頭は、常にテカっているし、
オナカまわりは、脂がのっているし、
から揚げとマヨネーズが、大好きなのに、
手には、油分が足りないだなんて…。

オナカの脂肪が必要以上にあっても、
おっぱいには付けられない
のと一緒か。
………いたしかたない。

 

専門医は素晴らしい…

なにはともあれ、これに尽きる。
子どもの病気は、小児科へ。
お肌のトラブルは、皮膚科へ。

が、しかし!脳神経外科で、
ちくのう症だと分かる場合もあるらしいよ?

▼ついでに、こちらの記事も…?
【原因不明の頭痛・歯茎痛・顔面痛】ちくのう症(副鼻腔炎)かも? : 放送作家りん の ブログ
▼ついでに、著者をフォローしてみる


▼ホホバオイルもよさそう…