体もろもろ

【原因不明の頭痛・歯茎痛・顔面痛】ちくのう症(副鼻腔炎)かも?

序章:原因不明の頭痛

我が人生、だいぶ長いこと頭痛に悩まされてきた…。

とにかく頭が痛い。
頭だけではなく歯茎も痛い。
目の周りも痛い。
顔も痛い。痛い痛い痛い。

頭痛薬を飲むと、一時的に痛みはおさまる。だけども、また痛くなる。

痛いのキライ!痛いのイヤダ!!

なんとなく、ごまかしごまかしやってきたが、意を決して、病院へ行くことを決めた。

のだが!

まあ、めんどくさくて、決めてから、一週間後くらいに、まずは、神経内科を受診した。

1.神経内科

が、しかし!原因不明。

何も得ることなく、眼科に行くよう勧められた。

2.眼科

眼科へ行き、今度は検査の結果、若干の斜視であることが、わかった。

30代にして初めて知った。大人になっても、自分のことがわかっていないもんだ。

が、しかし!
そこまでの頭痛の原因ではないだろうと。

そこで、わたしは、もしかしたら、肩こりが原因かもしれない!と思い始めた。

いつもお世話になりまくっている、わたしが一方的に「せんせい」と呼んでいる友人に相談して、オススメの整骨院を紹介してもらった。

3.整骨院

そこで、自分が、ストレートネックだということが、わかった。

30代にして初めて知った。大人になっても、自分のことがわかっていないもんだ。

そこの整骨院がすばらしく極楽のようだった。いや、正確には、わたしが、勝手に想像するところの極楽のようだった。(どうでもいい)

しかし、極楽気分は長続きせず、数日経つとまたしても、頭痛が襲ってきた。

しつこい、頭痛。
しつこいやつは嫌われるぞ。

昔は純愛って言われていたかもしれないけど、今だと、すぐにストーカー扱いだからな。

とにかく、これがサイゴだ!

そう覚悟を決めて、家から、わりと離れたところにある、脳神経外科へ行った。

4.脳神経外科

神経内科から始まり、4カ所目。なんとか、ここで、頭痛の原因を突き止めたい。

診察室にいたのは、なんとなく、いけ好かないタイプの、おそらく年下の、中肉中背(※AMラジオ体型)の男性医師だったが、こいつに、すべての望みを託した。

そして、言われるがままに、MRI検査をしまして、診察室に戻ったところいけ好かないタイプの男性医師は、
わたしに向かって、こう言ったのだ。

「………ちくのう症ですね」と。

頭痛の原因、ちくのう症

ち、ち、ちくのう!?

1万円ちょっと払って、視界を、さえぎられた状態で、なんか近未来的な土管みたいのに入って、

ああ、いま地震が起こったら、どうしよう…な―んて思いながら、検査を受けた結果、わかったことが………

ち、ち、ちくのう!?

30代にして初めて知った。わたしちくのう、ちくのうわたし。大人になっても、自分のことがわかっていないもんだ。

わたしの頭痛の原因は、ちくのう野郎だったのだ。見せられたMRI画像、顔面、うみだらけ………恐ろしや。

っていうか、1万円ちょっと払って、セレブ感漂う、小ぎれいな待合室で、おまえなんかが来る場所じゃない!と言われるんじゃないかと、ひやひやしつつ年下(予想)の、いけ好かない男の言われるがままになった結果が、ちくのう!って………。

この!こんちくのう!!

………すみません、指が走り過ぎました。

とにもかくにも、原因がわかりまして、つまりは、耳鼻科へ行けば良かったんだと。ここまで、長い道のりでした…。

わたしちくのう、ちくのうわたし

常夏の ちくのうベイベー
Tomorrow never ちくknows
ちくのう never knows
ちくno no cry more 泣かない

※「AMラジオ体型」
AMラジオのスタッフに、なぜか多めの、中肉中背。ちなみに、パソコンはwindows率高め。

⇔対義語「FMラジオ体型」
シュッとしている。ちなみに、メガネや、帽子など、おしゃれ小物を身に付け、パソコンは、ほぼほぼAppleを使用。

※そして、ちくのうは、慢性化の道をたどることに。

ついでにこちらも
慢性蓄膿症!鼻をかんではいけないなんてアイキャッチ画像
慢性蓄膿症!病院の薬が効かない?鼻をかんではいけないなんて! 頭痛の原因は副鼻腔炎だった 30代にして初めて知った事実。 定期的に、わたしを悩ませていた、頭痛や顔面の痛みの原因が、ま...