体もろもろ

慢性蓄膿症!病院の薬が効かない?鼻をかんではいけないなんて!

慢性蓄膿症!鼻をかんではいけないなんてアイキャッチ画像

頭痛の原因は副鼻腔炎だった

30代にして初めて知った事実。

定期的に、わたしを悩ませていた、頭痛や顔面の痛みの原因が、まさか副鼻腔炎(蓄のう症)だったとは!

ついでにこちらも
【原因不明の頭痛・歯茎痛・顔面痛】ちくのう症(副鼻腔炎)かも?序章:原因不明の頭痛 我が人生、 だいぶ長いこと頭痛に悩まされてきた…。 とにかく頭が痛い。 頭だけではなく歯茎も痛い。 ...

その後も、年に3~4回のペースで、わたしを悩ませる、こん蓄のう野郎!

ちくのう・ネバー・ダイ!

蓄膿症!病院で処方される薬は

いつもの耳鼻咽喉科へ行くと、ちゃちゃっと鼻に管を通され、ノドを確認され、鼻の吸入をして帰ってください!の一連の流れ。

処方される薬………
まずは、抗生物質

・レボフロキサシン錠(クラビット錠)
・アジスロマイシン錠

など、毎度いろいろ試しているが、どれもこれも、いまいち効いている感じがしない

そして、痰を出しやすくする「カルボシステイン錠」と、痰の滑りを良くするという「アンブロキソール塩酸塩錠」

毎度、効果があるんだかないんだかと思いつつ、時が過ぎれば、なんとなく回復したような?

一連の流れに慣れっこになってしまい、特に疑問も抱かず、過ごしていたわけですが…。

セカンドオピニオン

薬を飲み始めて1週間、一向に良くならないので、いつもの耳鼻咽喉科へ再び!

行こうとするも、臨時休業。

仕方なく、別の耳鼻科へ行ってみたところ、目からうろこ状態。なるほど!セカンドオピニオンとは、こういうことかと知りました。

なんで、こんなになるまで放っておいたの?」と、とりあえず怒られるところから、診察は始まります。

うみ状のものの正体は?

いや、放っておいたわけではないんです!とは心の声。

初めて訪れた、耳鼻咽喉科の女医の先生の、米倉涼子さんを彷彿させる一匹狼感と、“できる”女感に圧倒され、へらへらするおばちゃん。

うみ状のものが、至るところに、たまりまくっているとな!

放送作家りん
放送作家りん
ああ、おそろしや。

ちなみに、うみ状のものの正体とは、要は鼻水と同じ成分のもの

が、しかし!菌などの状態によって、ネバネバ度が増したり、色が付いたりするそうな。

副鼻腔炎も上咽頭炎も一緒?

要は、そのうみ状のものが、どこに、よりたまっているか?という話らしい。

ノドの上あたりにたまっていれば、上咽頭炎!鼻の奥、副鼻腔にたまっていれば、副鼻腔炎。

鼻から、ひょっこりはんすれば鼻水。
口から、ひょっこりはんすれば痰。

病名を特定することには、なんの意味もねぇ!と、かっこよすぎる先生が。

とりあえず、抗生物質で原因となる菌をやっつけつつ、そのうみ状のものを流していくしかないとな。

鼻うがいは効果的?

軽度の副鼻腔炎であれば、鼻うがいで、うみ状のものを洗い流すのも効果的なんだそうだが、どうやら、おばちゃんの鼻あたりは、鼻うがいごときでは、やっつけられない量の、うみ状のものがたまっているらしい。

放送作家りん
放送作家りん
ああ、おそろしや。

そして、先生から手渡されたのは………。

プラスチックシリンジ

注射器状の、その名も「シリンジ」

蓄膿症の必需品シリンジち、ち、注射?

これに専用の薬、ベストロン耳鼻科用を、1ミリリットルほどと…。

蓄膿症のうみを流すための薬魔法の小瓶

お湯、もしくは水を入れ、混ぜたものを、両鼻に直接ぷしゃあ!っと。さらに………。

※薬を使うのは、1日1回

鼻をかんではいけない

鼻の中に鼻水がたまっているというよりは、鼻の奥~顔面の裏?に、うみ状のものがたまっている状態ゆえ、無理に鼻をかんではいけないと言われ………。

放送作家りん
放送作家りん
本気ですか?

蓄のう症の時は、できるだけ鼻をかまないようにだなんて、これまで誰も教えてくれなかったのですが?

鼻をかんではいけない理由

鼻をかむことによって、圧がかかり、蓄のう症の原因となっている菌などが、横やら周りに飛び散るんだそうな。

さらに、うみ状のものを、鼻の奥から無理やり出そうとすることにより、耳にも圧がかかり、中耳炎を併発してしまう恐れもあるそうな。

放送作家りん
放送作家りん
これまで誰も教えてくれませんでした。

と、かっこよすぎる女先生は、言った。

「みんな、言ってもかんじゃうし!忙しい先生は、わざわざ言わないんじゃない?」

放送作家りん
放送作家りん
教えてくれて、ありがとうございます!

ええ、お医者様を前にしたら、おばちゃんなんてのは、無力すぎるのです。

鼻をかまずに、たれ流す日々

それから、鼻はできるだけかまず、家にいる時、うみ状のものがたまってきたな!と感じたら、先のシリンジで水を吸いとり、鼻の奥に向かって思いっきり、ぷしゃあ!と。

キレイな話ではないので、詳細は略しますが、流し絞り出すように、ティッシュでふき取るという、人様には見せられない一連の行動を続けた結果。

※薬を使うのは、1日1回

鼻の奥がすっきり!

1週間もたたずに、だいぶ快方へ向かいまして。注射器状のものに頼らずとも、鼻の奥はすっきり。

ああ、息苦しくないって、こんなに素晴らしいことだなんて。さらば!うみ状のもの。

シリンジは洗って乾かす

またいつ、うみ状のものが、わたしの顔面を侵しにやってくるか、わからないゆえ…シリンジさまを手放すわけにはいかない。

ちなみに、シリンジを使った後は、中性洗剤で菌をよく洗い流す!必ず乾燥させることが重要なんだそうな。

とはいえ、ちくのうMAXの時は、乾かす間もないほど、シリンジ大活躍だったわけなのですが…。

脳内BGM:エイリアンズ/キリンジ

まるで僕らはエイリアンズと、うみ状のものが大合唱しているような気分だ。

アラフォー健康問題

40を前に、体中が乾燥しているし、顔面にはうみ状のものがたまりがちだし、エアホッケーをやり過ぎで右腕が痛いし。

ついでにこちらも
ドラホッケーダブルスアイキャッチ画像
ドラえもんドラホッケーダブルスで大人も子供もエアホッケー三昧 今回、エポック社さまより、ドラホッケーダブルスを、ご提供いただきました。モニターとして、遊んでみた感想をレビューしますが、金銭は...

自分の体を自分でケアしていかなければならないのだと、しみじみと。

放送作家の娘
放送作家の娘
ママ!のんべりとした顔をしているね。

我が娘7歳、小学2年生!湯船につかって、極楽状態の母さんの顔を「のんべり」と表現し、毎度爆笑しておる。

娘が成人するまで、あと10年以上もあると考えたら、ああ、健康でいなければ!働かねば!ということで、健康第一!以上です。

▼ついでに、著者をフォローしてみる