こどもの こと

冷凍作り置きおかずで時短!毎日のお弁当作りを10分で…。

生まれた時は47.5センチだった我が娘が、
105.2センチに成長し、
この春から、小学生になりました。

同時に………

 

学童生活スタート

新1年生は、給食が始まるまで、
毎日、お弁当
だそうです。

って、さらっと書いてみたものの、
いつから、給食が始まるんだ!?

給食開始4月13日

あ、思ったより早かった。
とはいえ、母さん、遠い目………。

毎日、お弁当だなんて慣れる気がしないし、
なんなら、素でお弁当作りを忘れそう。

 

朝の行動予定表作り

BlogPaint

保育園と比べ、約1時間早い登校。

必然的に母さんも、
約1時間、早く起きることに………。

 

時短お弁当作り

とにかく、朝は時間との戦いだ!
いかにスムーズに、お弁当を作れるか…。
毎日となれば、キャラ弁を作る余裕などない。

 

冷凍作り置きおかず

夜ごはんの際に、
今までより、やや多めの量を作り
冷凍しておけばいいんじゃない大作戦!
IMG_0407

離乳食を冷凍するのに使っていた容器が、
サイズも、ちょうどよい。

 

 

チュチュベビー離乳食保存用
小分けパック

作ったおかずを、保存容器の中へ。

鶏むね肉と、もやしの炒めもの
味付け:バター・みりん・醤油・わさび
IMG_0404

エノキの豚バラ巻き
味付け:みりん・醤油・生姜
IMG_0392

蓋をしたら、
クリアテープ+油性ペンで、ラベルを。
IMG_0408

日付に加え、お肉のおかずには、
「肉」と書いておくと、朝のひと手間省ける。
IMG_0393

漢字で「肉」と書くと、テンションが上がる、
ギリギリ、キン肉マン世代の主婦。



あとは、まとめて冷凍保存。
IMG_0394

1日1~2個作って、1日1~2個使う方式。

 

余ったごはんでおにぎり作り

夜のうちに、炊いたごはんを、
おにぎりに
しておけば、
朝の自分が、よくやった!と褒めてくれる。
IMG_0451

ラップに包んで、そのまま冷蔵庫へ。
多めにできたら、冷凍庫へ。
IMG_0452

 

約10分で、お弁当完成!

【1日目】
作ったのは、玉子焼きのみ
あとは、もろもろレンジなどで温めて、
お弁当箱に、詰めるのみ。
お弁当

【2日目】
朝は、ウィンナーを茹でて、
ハムとキュウリを巻いたのみ

あとは、もろもろレンジなどで温めて、
お弁当箱に、詰めるのみ。
お弁当2

【3日目】
もろもろレンなどジで温めて、
お弁当箱に、詰めるのみ。
IMG_0453

 

お弁当用ピック

助かる。
ピックを刺しておけば、
なんとなく、それっぽくなる。
IMG_0467

100均「ダイソー」で売っていた、
キティちゃんのピック、大活躍。

 

母さんからの手紙付き

BlogPaint

なんとなく、始めてみたものの、
娘からの反応は薄い。

 

お役立ち食材

お弁当を作る上で、
気になるのは、やはり色合い。

気を抜くと、茶色畑に
なりかねない恐怖。

※ミニトマト
※冷凍ブロッコリー
※冷凍枝豆
※冷凍コーン
※玉子料理全般

お手軽に、赤、黄色、緑の信号カラーを
プラスしてくれる食材たちを、常備すべし。

 

仕切り用レタス

と、ここまで書いたところで気が付いた。
わたしのお弁当に足りないのはレタスだ。

仕切り用のレタスがあれば、完璧だ。
いや、おまえ。間違っても完璧ではないからな。

 

6歳(女)完食

お弁当生活が始まり、一週間ほど経った。
最初は、少し量が多いかな?と思っていたが、
娘っこ6歳、毎日完食。
空になったお弁当箱は、やはりうれしい

ところで、お気付きだろうか…。
お弁当に入った、この黄色い物体。
IMG_0455
これは、何を隠そう、
いや、何も隠していない、レモンである。

レモン大好きな6歳は、
レモンをそのままかじるのが大好きなのだ。

ああ、想像しただけで、
エラのあたりが、キューンとなる。

 

ラップにかけるペン

IMG_0458

これ、お弁当作りのために、
買おうかどうか、迷っているや―つ。

とはいえ、絵心のない母さんに、
使いこなせるのだろうか………。



欲しい、迷う、欲しい。
ついでに絵心も、Amazonで買えたらいいのに。

好みは、人それぞれ、
センスは、持って生まれたもの。

お弁当作りも、結局センス…。
誰か、わたしにセンスを売ってください。

▼ついでに、こちらの記事も…?

▼ついでに、著者をフォローしてみる