お出かけもろもろ

都心から約2時間の超穴場スポット!真鶴・吉浜で海水浴のススメ

本日のブログ・ざっくりまとめ

▼東海道本線・真鶴駅から
バスで行ける、吉浜の海。
適度な人の量で、本当にオススメ。

▼って、ふだん
海に行く習慣のないやつが、偉そうに。

▼無事、夏の思い出ができました。

ぼくらが旅に出ない理由

母さんは、スーパーインドアで、
用事がなければ、1日中、家にいるし、

父さんは、スーパー準備が遅く
出かけると決めてから、実際に家を出るまで、
とてつもなく時間がかかるので、

結果、なかなか遠出できない我が家ですが、
1年で唯一?とてもアクティブな1日がある。

 

そうだ!海へ行こう

↑な―んて書くと、
とても自発的な行動に聞こえるが、
実際は、誘ってくれるお友達ありきである。

「何月何日、海へ行くよ」の誘いをうけて、
初めて我が家は、海へ行くことができるのだ。

我が家の出不精っぷりが伝わる、娘の発言。

 

毎年恒例!海&BBQ

娘が2歳の頃からなので、今年で4度目!
今年も、無事に海に行けました。

直前になって、面倒になったり、
集合時間より1時間遅刻したりしましたけども、
無事、海に、たどり着くことができました。

………十分、快挙!

 

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴

東海道本線の真鶴駅までは、
渋谷からなら、東急東横線・横浜経由。
新宿からなら、小田急線・藤沢経由。

東海道本線真鶴駅

熱海の、ちょっと手前にあるのが真鶴。

2時間弱で、ひゃっほ―い。夏だ、海だ!
って、すでに、1時間遅刻しているけどな。

 

湯河原海水浴場・吉浜

真鶴駅から、バスに乗って、
バス停、その名も「海の家」で降りると、
目の前に広がる、海水浴場。

バス停海の家

ちなみに、真鶴駅から、
タクシーだとワンメーター

こちら、吉浜の海の何がいいって!?

 

穴場スポット?

週末だろうが、とにかく空いているのだ。

タクシーの運転手さんいわく、
昔は、シートを敷く、すき間もないほど!
だったそうだが、平成29年、夏の日曜日!

吉浜の海2

さいこう。

インドア家族には、
これくらいが、ほんとちょうどいい。

吉浜の海

シート敷き放題。テント張り放題。
パラソル立て放題。

まったくもって、混んでいないけど、
適度に人がいて、ほんとちょうどいい。

 

海の家・ほまれ

毎年、お世話になっております。
海の家の「ほまれ」さん。

友達仕切りのもと、毎年、
バーベキューの用意をしてもらっています。

海の家ほまれ

バス停「海の家」から、
階段を降りて、すぐ!
なのも、ありがたや。

ええ、我が家は、ただ便乗するだけです。

海の家ほまれ料金

看板娘も、おるぞ!
とてつもなく、よい雰囲気なのだ。

海の家ほまれ店内

ああ、肉やら、サザエやら、
ハマグリやら
を、焼いてもらいつつ、
(決して、自分では焼かず…)

太陽の下、飲むビール、さいこう。
って、インドア野郎の、どの口が言う!?

 

ひたすら海につかる

海って、つかるものなのか!?
いや、言葉通りに
、つかっていた気がする。

吉浜の海3

父母娘3人して、滞在時間6時間ほどの半分は、
海につかっていた。

日常との差!まさに非日常………極端!

海の家ほまれ外観

なんなら母さん、調子にのって、
ボディボード
とか、やってみた。

おばちゃんが、波に乗って近付いてくる姿、
砂浜から見たら、だいぶ滑稽だろうよ。

日常との差!まさに非日常………極端!

湘南とかだったら、さすがに気が引けるが、
吉浜だし、いいかな…的な。

まちがっている認識。

 

大量の砂をお土産に…

2時間弱かけての帰り道。母娘、爆睡。
ふだんほとんど寝落ちしない、娘6歳、
お船をこいで、ねんねしておりました。

吉浜の海夜

そりゃあ、普段の活動量との違いな!
とにもかくにも、今年も海に行けた。

夏休みの宿題の絵日記のネタができた
と、母ひと安心。

 

無事、筋肉痛に…

ふだん、家事以外は、
パソコンと、スマホと、箸くらいにしか、
筋肉を使わない、おばちゃんが、
ボディボードになんて手を出したら、
もれなく筋肉痛が、ついてくるよ!

誰もが予想できる展開で、幕をとじた。

 

海水浴の時のメイクって?

サイゴのサイゴに、
スーパーどうでもいいことを書くが、
母さん、言われて気が付いた。

「りんちゃん、きょうメイクしてるね!」

ふだん、雑なメイクしかしないのに、
海に行くときに限って、
なぜかきっちりメイクするって!

………バカなのかな。

もちろん!すっぴん状態で帰りましたとさ。

▼ついでに、著者をフォローしてみる