こどもの こと

小学3年生の子どもの起きる時間寝る時間1日のスケジュールは?

小学生の寝る時間と起きる時間
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

小学3年生の女の子事情

我が娘8歳、小学3年生。もう小3だなんて…。すっかり人間の形になり、時に大人びた発言をしたりもしますが、しかし!

放送作家りん
放送作家りん
まだまだ子ども…。

寝顔とか、赤ちゃんの頃と変わらなくて、ぶちゅうってしたくなりますね。え、なりませんか?

放送作家りん
放送作家りん
かわええ。

もちろん!時に、だいぶイラっとしたりもします。我が子の顔を見れば、すべてが許せるほど、母さんはできた人間ではありません。

ついでにこちらも
家族に対して、イライラしてしまう原因は、きっと甘えだ…。家族に対して、イライラしてしまうことが多々ある。不機嫌な態度をとってしまうことがある。 過去には、こんな記事を書いたこともあったの...

そんな話は、さておき…。

小学生の起きる時間は?

もうすぐ9歳、現在ちびまる子ちゃんと同級生の娘は、毎日どんな生活を送っているか?を、今日は書きたいと思います。

知らんがな!という方は、いますぐスッとページを閉じることをオススメします。

まずは、朝です。スマホのアラームが、6時2分に鳴ります。夏休み前は、NHK、Eテレの番組「0655」をリアルタイムで見たいと、6時52分に起きていたのですが…。

放送作家の娘
放送作家の娘
6時に起きると気持ちいいんだよねぇ。

夏休みのラジオ体操で、6時起きの1週間を送って以降、“6時起きの気持ちよさ”に、目覚めたんだそうです。

放送作家りん
放送作家りん
母さんも、必然的に…。

時に、だいぶ眠いですが、娘より数分早く起きて、朝ごはんのしたくをするところから1日が始まります。

小学生の登校時間は?

録画した「0655」や「2355」や、ちびまる子ちゃんを見ながらの朝ごはん。食べた後は、歯みがきに、洗顔、そして、着替え。

放送作家の娘
放送作家の娘
新聞を取ってくるね!

準備が整ったら、新聞を読むのが、日課です。

放送作家りん
放送作家りん
おっさんか!

新聞を読んだ後は、図書室で借りた本を読んだり、お絵描きや、あやとりをしたり、時に母さんのスマホで「どうぶつの森」や「マリオカート」をしたり…。

だいぶのんびりとした後に、7時55分ごろ家を出ます。3年生になり、1人で学校へ行くようになりました。

ついでにこちらも
小学生、登下校の送り迎えはいつまで?いつまででもええじゃないか。小学生になったら、集団登校が当たり前なのかと思っていました。 学校側から、ご近所は、誰と誰だから、待ち合わせて行くように!なんて、...

下校時間は?

3年生までは学童保育があるので、授業を終えた後は、そのまま学童へ。母さんの仕事のスケジュールにもよりますが、だいたい17時ごろに帰ってきます

手を洗って、ハンカチやティッシュを出して、翌日の準備をして、しばしのんびり。18時前には、お風呂に入り、だいたい18時半ごろには、いただきます

録画した「水曜日のダウンタウン」や「モヤモヤさまぁ~ず」「スクール革命」などを見ながら、家族3人、横並びで夜ごはんを食べます。

寝る時間は?

ごはんを食べた後は、その日によって様々ですが、図書室で借りてきた本を読んだり、お絵描きをしたり…。

放送作家りん
放送作家りん
父さん母さんは、宿題の丸付けとプリントチェック!

時に、ボードゲームや、スマホで桃鉄をしたり…。20時半くらいまで、のんびり過ごします。

放送作家りん
放送作家りん
父さん母さんは、お酒をいただきつつ…。

20時半になったら、暗記できるほどくり返される、音読の宿題。そして、いつの間にやら定着していた、夜のおやつタイムです。

ちょっとしたお菓子や、アイス、果物を3人で分けて、ちょっとずついただくという謎の日課が、いつの間にか当たり前に…。

放送作家りん
放送作家りん
眠る前に、甘いもの…。

食べたら歯を磨く。歯を磨いたら、あとは眠るだけ。21時半には、ふとんに横になります

眠る前の恒例行事

枕が大好きだという、我が娘。いつからか、枕の神様にお願いをするという、これまた謎の日課が生まれました。

放送作家の娘
放送作家の娘
枕の神様、お願いします。
枕の神様、ありがとうございます。

枕の神様にお願いすると、よく眠れるんだそうです。

放送作家りん
放送作家りん
まだまだ子ども…。

謎の儀式を終えたところで、おやすみなさい。娘よりも先に眠るのは、母さんです。

放送作家りん
放送作家りん
誰よりも先に、おやすみなさい。

というわけで、娘が実際、何分後に眠りにつくかは、枕の神様と父さんしか知りません。

平日は、こんな感じで過ごしています。特にオチもありません。

放送作家りん
放送作家りん
最後まで読んで、損した!という方、ごめんなさい。

以上!本日は、ここまでです。

▼ついでに、著者をフォローしてみる