こどもの こと

買ってよかった、子どもの本【プレゼントにもオススメ】

娘、5歳6カ月
ひらがなカタカナの読み書きはもちろん。
簡単な漢字なら読めるようになりました。

すべて、しまじろうのおかげです。

起きた瞬間から、眠る直前まで、
基本、ず―っと、しゃべっていますが、
本を読んでいるときだけは、静か。(助かる)

お絵描きと読書がダイスキで、
将来は、絵本作家になりたいそうです。

ついこの間まで、プリキュアだったのに…。

「Go!プリンセスプリキュア」の、
七瀬ゆいちゃんの影響かなぁ…。

絵本作家って儲かるのかなぁ…。
放送作家より儲かるのかなぁ…。

放送作家って言っても、ピンからキリまで、いるからなぁ。
「ピンからキリまで」の、ピンが上で、キリが下ってのを覚えるのに
「磯野貴理子さんより、泉ピン子さんの方が、ギャラが上!」
って覚えればいい!って言ってたの誰だっけ?

親の邪推(余談)は、これくらいにして…。

親の、まっすぐな目から見ても、
買ってよかったと思っている、
(娘も気に入っている)
子どもの本のオススメをご紹介します。

まず、1冊目は………じゃじゃん。

頭のいい子を育てる
しぜんとかがくのはっけん!366

「ママ―!!
1万年くらい前に、
いまの富士山になったんだって―!」

「ママ―!!
爪の白いところは、
生まれたての、爪の赤ちゃんなんだって―!」

大人でも知らないようなことが盛りだくさん。
1日1作、たっぷり366作。

5歳の誕生日に買ってから、
半年たったいまも、毎日のように読んで、
様々なことを学んでいる様子…。

ただ、この本を買ったことにより、
娘のトイレ読書タイムが長引き、
なかなかトイレから出てこない…。
呼ばないと出てこない…。

………そんな5歳って、どうなんだ。
絶対にダメな気がする、誰かに怒られそう。
親の責任ですよね…。重々承知しております。

5歳以下の、お子さんにオススメなのは…

講談社の
年齢で選ぶ知育絵本シリーズ
○歳のえほん百科

1歳~4歳まで揃っており、
年齢に合わせた内容…。
イラスト、写真たっぷりで読みやすい。

余談ですが、先日「4歳の絵本百科」を、
青と黄色の古本屋さんに持っていったら、
びっくりするくらいの小銭にしかならず。

とっても勉強になる本なので、
売るくらいなら、誰かに譲るべきだった。

母さんってば、すぐになんでも、
小銭にしようとする、悪い癖がある…。

【買い取り価格公開】
洋食器・使いかけの香水・マニキュア・iPhone

では、気を取り直して次………じゃじゃん。

エンバリーおじさんの
絵かきえほん
どうぶつかけちゃうよ

この本に描かれている通りにマネをすれば、
いろんな絵が描けちゃうよ!ってシリーズ。

他にも「のりものかけちゃうよ」
「なんでもかけちゃうよ」
「かおかけちゃうよ」などが、あり!

エンバリーおじさん、こと、
エド・エンバリーさんの絵がかわいくて、
わたしも、子どもの頃から、
この本で絵を学びたかった!と思っている。

あ………もう、遅い。
いや、遅いなんてことは、人生にないんだ!?
なんてのは、キレイごとなのか!?
え、どうなんだ?

答えは出そうにないので、
次………じゃじゃん。

NHKノージーのひらめき工房
ノージーのひまつぶしブック

究極、最高の、ひまつぶし。

3歳の頃に購入。
5歳になったいまでも、
ちょいちょい出してきては遊んでいる。

落書きしたり、ゲームをしたり、
紙を切って貼ったり、お話を作ったり、
3歳の頃は、できなかったことが、
5歳になってできるようになったり。

いまだ未完成。
ノージーの世界観がスキ。

なので、これも買いました。

そして!もう1つ………じゃじゃん。

おしりたんていシリーズ

「おしりたんてい」って、顔がおしりで、
くちぐせは「フーム、においますね」で、
「しつれいこかせていただきます」って、
口から息を出すと、とてつもなく臭いんだけど
どんな事件も、ププっと解決するんだお。

って、これだけ聞くと、
よろしくない本なのかと
思われるかもしれませんが、
保育園の先生に薦められて買いました。

中には、間違いさがしがあったり、
なぞなぞや、クイズがあったりと、
何度でも楽しめる、工夫がいっぱい。

子どもなんだから、
おしりとか、おならとかが好きで何が悪い!

大人が見ても、よくできているなぁ…と、
感心する部分が、多々あり。

おしりたんていは、
大好きな、あたたかい飲み物だって、
口(おしりの穴)から飲むんだお。

しかも、このシリーズを書いている、
トロル先生が、
作担当の田中陽子先生と、
絵担当の深澤将秀先生という、
男女ペアだというのが、たまらない。

お二人で、
「次の、おしりたんてい、どうする!?」
な―んて話し合われているのだろうか。

さいこうに、たまらない。

そのほか………

子どもとの長距離移動の強い味方

「かおノート」シリーズ

 

マレーク・ベロニカの絵本

「ブルンミとアンニパンニ」シリーズ
「ボリボン」「ラチとライオン」
「もしゃもしゃちゃん」ほか…

ハンガリーの絵本作家、
マレーク・ベロニカさんの絵本も集めている。

20160715001

これは、完全に親の趣味。

以上、親目線で
買ってよかったと思っている、
(娘も気に入っている)本を紹介しましたが…

娘は、
「キャラぱふぇ」とか「おえかきひめ」とか、
「たのしい幼稚園」とか、
キャラDDみたいな雑誌も、だ―いすき。

はてさて、そんな5歳が、これから、
どんな風に成長していくのだろうか。

親の影響なんて、
きっと、米粒にも満たない程度…。

▼ついでに、こちらの記事も…?
子どもの歯が抜けた 食べちゃった!?