家の こと

乾きづらいトレーナーの脇の下、コウモリ干しで簡単解決!

洗濯物が乾きづらい

洗濯日和だからといって、

その日に、確実に洗濯できるわけもなく。

毎日が洗濯日和、というわけもなく…。

洗濯物が乾きづらい…。

特に厚めの物…。

 

パーカー・トレーナー

乾いたかと思いきや、

脇の下だったり、
フードの付け根の部分
だけが、

生乾きということも…。

乾いた乾いた詐欺にだまされ、

畳む段階で、生乾きだと気付くと、

やり場のない気持ちになるものだ。

子供服は大人のハンガーで…

子どものトレーナーは、

大人のハンガーを使えば、

脇の下の部分は乾く…。


IMG_7682

が、しかし、この干し方だと袖の部分に、

微妙な跡が残ってしまう可能性も…。

そして、フードの付け根の部分は?

はてさて、どうしたものか…。

簡単!対処法コウモリ干し

トレーナーやパーカーは、

裏返して、コウモリ干し。


IMG_7683

逆さに干すことで、

脇の下の部分にも、

フードの付け根の部分にも風が当たる。

裏返して干せば、

洗濯ばさみの跡が気になることもない。

ん?コウモリ干し!?

コウモリ干しって、

当たり前のように書いてみたものの、

そんな言葉は、あるのだろうか?

「コウモリ干し」「洗濯物」で

検索してみたら、

洗濯物に、小さなコウモリが付いていた話が、

トップに出てきた…。

想像してみよう…。

うん、もれなく、おそろしい。

が、しかし、コウモリ干しに代わる、

いい表現が見当たらないので、

とりあえず今日のところは、

コウモリ干しで、推しておく。

はっきり言って、

ネーミングは、まったく重要ではない。
これは、洗濯物の干し方の話である。

▼ついでに、こちらの記事も…?

重曹+クエン酸でも落ちない、
お風呂のカビに強力カビハイター