家の こと

夫が妻に言ってはいけない言葉「なんでもいいよ」

どの家庭でも、1度や2度、
いや、日々くり返されているだろう会話。
それが………

 

何食べたい?

この「何食べたい?」には、
とんでもない罠が潜んでいることを、
お気付きだろうか。
119267

何でもいいよはNG

こっちだって、なんでもいいよ。
なんでもいいから聞いているのである。

日々、献立を考えることが、
こんなに面倒だとは、
結婚する前は、知らなかった…。

なんとな―く、あるもの、
目に付いたものを食べていた、
独身の頃が懐かしい。

 

何食べたい?何が正解?

「なんでもいいよ」が禁句だとして、
では、なんと答えるのが正解なのだろうか。

かといって、
「酢豚」とか「春巻」とか言われたら、
いやいや、そんな工程の多いもの、
簡単に言わないでよ?と、なってしまう。

 

焼きそば

ある友人の旦那様は、
「何食べたい?」と聞くと、
必ず「焼きそば」と答えるらしい…。

焼きそばだけでいいなら、
それはそれで、楽ではあるが、
毎回「焼きそば」と答えられたら、
え?本当に焼きそばが食べたいの?
もしかして、気を遣っている?
とまで、わたしだったら疑ってしまう。

そうなのだ。
わたしは、めんどくさいやつなのだ。

 

デパ地下の焼き鳥でいいよ

また別の友人が、
旦那様に「何食べたい?」と送った
メールの返信が、コレ。

「デパ地下の焼き鳥“で”いいよ
“で”いいよって、なんなんだ。
デパ地下の焼き鳥は、安くない…。

そして、焼き鳥だけ、
というわけにもいかないだろうし、
“で”いいよ、の域を超えている…。

 

鍋はどう?オレ野菜切るから…

妄想してみた…。
悪くない。

が、しかし!
わたしのようなめんどくさいやつは、
オットが、野菜を切っている姿が、
少しでも目に入ってしまったら、
あ、その切り方じゃない…とか、
ネギの根っこ、そんなに切っちゃう?とか、
細かい部分が、気になってしまいそう。

あ―、めんどくさい。

 

しょうが焼き

妄想してみた…。
悪くない。

しょうが焼きは簡単だし。
かと言って、これがベストなのだろうか?

 

今オナカが空いてないから
考えられない

我がオットの、
歴代ワーストアンサーが、コレである。

こっちは、オナカが空いていようが、
空いていまいが、
常に、献立のことを考えている。

「今オナカが空いてないから考えられない」
これ、1番言っちゃいけないや―つ。
世の夫ども、肝に銘じていただきたい。

理解できない「夫の行動」宇宙人かよ!
いっそ楽しむしかない。

 

○○の好きでいいよ

好きでいいよって言われても、
毎日毎日考えていたら、ネタは尽きる。

とか、好き勝手に書いているうちに、
なんとなく答えが見えてきたような…。

 

考えているフリが重要!?

「何食べたい?」と聞く時、
妻はたいてい、献立に困っている

そこで、夫に求めているのは、
明確な答えではなく、
一緒に考えているよ、オレっち真剣だよ、
という姿勢
なのではなかろうか。

男性のほうだって、
正直なんでもいいという時はあるだろう。
女性のほうだって、
正直なんでもいいという時はあるだろう。

 

なんでもいいけど、
鍋とかシチューとか、
あったかいものがいいかも…

妄想してみた…。
悪くない。

「なんとなく中華が食べたいんだけど、
作るの大変だよね?スーパーで買う?」

「野菜と肉が食べたいんだけど、
野菜と肉が入っていて簡単なやつ何かな?」

妄想してみた…。
悪くない。

正直なんでもいいと思っていても、
真剣に考えてくれている感じがする。
妻が欲しいのは、それだ!それの気がする。

何食べたい?の答えに必要なのは、
一緒に真剣に考えている感と、
簡単なものでいいよ感、の気がする。

 

お蕎麦かパスタ、どっちがいい?

週末の昼ごはん、我がオットに、
「お蕎麦かパスタ、どっちがいい?」
と聞くと必ず「お蕎麦かパスタ」と答える。

我が子5歳に、
「お蕎麦かパスタ、どっちがいい?」
と聞くと必ず「うどん」と答える。

………慣れてきた。
慣れてくるもんだ。

 

週末の夜ごはんは朝のうちに…

オットや娘に、
「何食べたい?」と聞いたところで、
ろくな答えが返ってこないことは、
わかっている。もう慣れっ子だ。

ただ週末、出かけて、帰ってきて、
イチから夜ごはんを作るのは、
体力的にも、気持ち的にも、めんどくさい。

週末出かける時は、朝のうちに、
8割方、夜ごはんの準備をしておく。
8割はムリだとしても、
サラダと、お味噌汁だけでも作っておく。

 

残りは体力次第で!?

あとは、帰りの自分の、体力気力次第。
何か惣菜を買ってもよし。
体力が余っていたら、
肉なり魚なりで、1~2品作ればよし。

できるなら、お金をあまり使わずに、
野菜もたっぷり、バランスよく
食べたい。
自分一人で、暮らしていた時には、
考えもしなかったことを書いている。
慣れてくるもんだ。

 

なんでもいいよは食事に限らず…

「今度の休み、何をする?」
「子どもの習い事、何がいいかな?」
「この服とこの服、どっちがいいかな?」
「お義母さんへのプレゼント何がいい?」

世の夫どもよ、
「なんでもいいよ」
「どっちでもいいよ」の罠は、
あらゆる場面に潜んでいる…。

正直「なんでもいいよ」
と思っていたとしても、どうにか隠して、
一緒に考えている“フリ”を、
してくれないだろうか。

それだけで、妻(嫁・母さん・女性全般)は、
だいぶ満足する…。気がする。

わたしだけに限らず、女はめんどくさい。
そしてきっと、男もめんどくさい。

▼ついでに、こちらの記事も…?
ハンガーに洋服をかける時の向きが原因で
夫婦ゲンカ-多数派は左!