お出かけもろもろ

これが私の37歳の誕生日の過ごし方

誰も興味がないであろうが、わたしが、37歳の誕生日を、いかに、過ごしたかを、ここに書く。

「これが私の生きる道」的なこだわりは、残念ながらない…。

だけれども、もう少しばかり、下にスクロールしていただけないであろうか。

朝6時半に起きる

いつも通りと言いたいところだが、いつもより少し早め

37歳にして、なに誕生日に、ちょっとワクワクして早起きしているんだか。

………呆れる。

午前中は洗濯に掃除に

とはいえ、平常心を装って、いつも通りに過ごしてみる。

働く母の週末の午前中は、たいてい、貯まった家事で終わる。気がする。

正午、マクドナルドへ

「マクドナルド」の店名が、「ハッピーセット」だと思い込んでいる娘(5歳)のリクエストで、マックへ。

マックとか書いてみた。
少し、いやだいぶ、気恥ずかしい。

週末の正午のマクドナルドの混雑具合スーパーフライデー並ではないか!!

ついでにこちらも
ソフトバンク民よ!タッパーを持って、サーティワンへ行こう!スーパーフライデー ソフトバンクスマホユーザーなら誰でも「毎週金曜日にプレゼントがもらえる」という、とんでもない企画! それが、...

妖怪ウォッチのハッピーセット

映画公開タイミングでの、妖怪ウォッチのハッピーセット。


IMG_8651

何がもらえるかは神だのみ。娘がゲットしたのは………


IMG_8652

シークレット

が、しかし!

子ども(5歳)には、”シークレット=ラッキー“という感覚は、ないらしい…。

知らないやつ出た!的な反応。

母さん誕生日のランチに、マクド(関西風)でグラコロデミチーズバーガーを食べたよ。3分の1以上、娘に奪われたよ。

公開初日、映画を観に…

母さんの誕生日は、映画「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」の、公開日でした…。

ついでにこちらも
映画「魔法使いプリキュア!」「妖怪ウォッチ」前売り券購入、特典比較!2016年10月29日公開の、 「映画 魔法使いプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!」 そして、2016年12月17...

だいぶ前から前売り券を買っていたからね。そりゃあ、公開初日に行くでしょ!?

ついでにこちらも
映画「妖怪ウォッチ」2016感想文 アニメ×実写-我が子の反応は?映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラと ダブル世界の大冒険だニャン! 観に行ってきました。 公開初日の12月17日に...

で、カラオケへ

誕生日当日に何をしたいか、だいぶ長いこと考えて、ふだん絶対にしないことをしたい!と、考えあぐねた結果が、カラオケ。

母さん、だいぶ音痴なので、カラオケに行くのは、4年?5年?ぶり。そしたら、ここにも妖怪がいた!


BlogPaint

妖怪ウォッチ大採点

に、テンション、だだ上がりの娘。が、しかし!歌唱力は、残念、母さん似。

が、が、しかし!娘の初カラオケの感想はというと…「こんなに楽しいと思わなかった

って、おい!

昼間の「妖怪ウォッチ」では、出てこなかった感想が、ぽつりと。

印税に貢献?

音痴の母さんは、お世話になっているアーティストの方々の印税に貢献しようと試みるも、難しくて、まったく歌えないという、想像通りの展開。

もう一生、家族の前以外では歌わない。

ついでにこちらも
音痴は本当に治るのか?【実録】音痴矯正レッスンを受けた結果…音痴 わたしは、音痴だ。 しかも、おもしろくない音痴だ。 せめて、 おもしろい音痴だったら、よかったのに…。 オットが...

ディナーは、くら寿司へ

ここで、オットの大学の同級生、共通の友達(男)合流。

誕生日のディナーといえば、わりと特別なモノ………らしいが!ふだん絶対にしないことをしたい!と、考えあぐねた結果が、くら寿司。

IMG_8631

誕生日の夜ごはん。

30代後半の男女と、5歳の幼児が、初めての「くら寿司」で、大あわて。

どうやって注文していいかもわからず、スピードと、セルフ感に戸惑い、なんだか、お米をたくさん食べた。終始わちゃわちゃしており、ほぼ会話せず

小沢健二「ドゥワッチャライク」

わたしは、お寿司を食べる度に、その昔、オリーブで連載されていた小沢健二さんのエッセイ「DOOWUTCHYALiKE」を思い出す…。

それは、お寿司で食べるお米の量をチャーハンに換算してみると大変なことになるぞ!?といった内容だったと記憶している。

初めての「くら寿司」で、わたしは、「もうこれ以上、お米を食べられない!」とぜいたくなことを思ったんだ…。

そして、毎日は続いてく…

家に帰って、友達と家族と、飲み直し?その後のことは省略しよう。

想像がつくであろう、とりあえず、寝た。翌朝、いつも通り目覚めて思ったのだ。

なんて、北関東出身らしい誕生日だったか!と。スタイリッシュさの欠片もない…。

「都内在住・放送作家」こんなもんである。いや、違うか。スタイリッシュでステキなバースデーを過ごしている方も、きっとたくさんいる。

師走は忙しい?

そんな郊外の中学生ヲタ?のような、誕生日を過ごし、改めて気付いたことが、ひとつある…。

わたしのようなヒマ人でも忙しい時期に生まれやがって!!と書いたところで、眠い、ただねむい。

恐るべし、真夜中のテンション


ここまでが、昨日の真夜中、だだ疲れの中、書いた文章である。真夜中のテンション、恐ろしい。

が、このまま載せてみる。どうせ誰も最後まで読んでないだろうし…。以上!妖怪ウォッチまみれの誕生日の話。

あと10年くらい放送作家を続けられますように。

ついでにこちらも
放送作家って、どんな仕事?放送作家として、出世することもなく、 ギリギリでいつも生きていたいから、 というわけでもないのに、 ギリギリでなんとなく仕事を続け...

▼ついでに、著者をフォローしてみる

▼ついでに、欲しいもの