家の こと

【7歳の誕生日プレゼント】無限に遊べる!ドラえもんドンジャラ

本日のブログざっくりまとめ

▼娘7歳が誕生日プレゼントにと、
自ら選んだのは、ドンジャラ改め、ジャラポン。

▼50種類のゲームが楽しめる
「みんなであそぼうよロイヤル50」で、
夜な夜な、アナログゲーム三昧。

▼父さん母さん、一切手抜きせず、
対等に遊べるようになり、ただただ楽しい。

スマホでゲーム、禁止?

我が娘7歳、小学一年生。

デジタルネイティブ世代ゆえ、
「スマホのゲームは禁止ね!」
な―んて、野暮なことは言ったりしない。

小さなスマートフォンから学ぶことも、
きっとたくさんあるであろう。

が、しかし!教育方針は、家庭それぞれ…。

 

夜な夜なアナログゲーム大会

我が家では、入浴後に、夜ごはんを食べ、
軽~く、お酒をいただきつつの、ゲーム大会。

それが、定番の夜の過ごし方でありまして…。

家族3人、真剣にゲームと向き合った結果、
負けた娘が泣く
という、めんどくさい事態も、
だいぶ少なくなってきた………ああ、成長。

 

7歳の誕生日プレゼント

先日、誕生日を迎えた娘っこ。

当初は、ウーニーズという、風船を使って、
マスコットやらを作るおもちゃが欲しいと…。

ウーニーズ スタンダードセット
by カエレバ

が、しかし!誕生日前日に、学童保育にて、
ドンジャラをやったら楽しかった!

やっぱり、ドラえもんのドンジャラが欲しいって?

 

みんなであそぼうよロイヤル50

母さん、もちろん大賛成!
夜のお楽しみ、ゲームの種類が増えるぞな!と。

ドラえもんドンジャラパッケージ

みんなであそぼうよロイヤル50」という、
ドラえもんのドンジャラ改め、ジャラポン購入!

 

ドンジャラではなく、ジャラポン

ちなみに!
「ドンジャラ」とは、現バンダイの登録商標

「ポンジャン」は、現タカラトミーの登録商標

ドラえもんの“ドンジャラ”は、こちら。

ドンジャラ ドラえもん 1000000 (ミリオン)
by カエレバ

が、しかし!我が家が購入した、
エポック社のモノは「ジャラポン」なんだそうな。

 

楽しいゲームが50種類

ドンジャラ改め、ジャラポンだけではなく、
なんと50種類ものゲームが楽しめるって…。

平日の夜、1日1ゲームで、2カ月以上楽しめる。

………ん?果てしない?
松山千春さんが、歌いだすくらい果てしない。

 

オセロ改め、リバーシ

「オセロ」は、
株式会社[メガハウス」の登録商標

ということで、こちらで遊べるのは「リバーシ」

オセロ的なゲームや、トランプ的なゲーム。
とにかく、ゲームの種類が、ハンパない。

別に、ジャラポン一式がなくても遊べる、
大貧民的なゲームも
含まれていたりするのだが、
それも含めての、50種類。

多いに越したことはない?果て~し~ない~♪

 

意外とちゃっちい

買ってみて驚いたのは、
意外と、ちゃちかったことである。

昔のおもちゃのドンジャラって、
もっと、しっかりとした作りだったような…。

ドラえもんドンジャラちゃっちい

誤って、ボード盤を踏んでしまったなら、
バキっと割れてしまいそうな勢いではあるが。

とはいえ、コレ!買ってよかった…。

 

購入から2週間が経過…

現在、やったゲームは、半分にも満たぬ14種類。

特に、おもしろかった「カーリングゲーム」や、
「サイコロ迷路」「となりはOK」
などは、
何度となくやっているが、まだまだ遊べる。

ドラえもんドンジャラ遊べるゲーム

やったゲームは、娘がマジックでチェック!
これ、もしや、無限に遊べるのではなかろうか。

 

ひとり遊びにも…

母さん、家事に追われている時は、
娘っこ、ひとりで何役もやって、遊んでいる。

ひとり遊びは、想像力を鍛えるに違いない
決して、悪いことではないと思うのです。

※いち個人の意見であります。

 

高価なおもちゃも長続
きせず?

子どもにとって、テンションMAXは、
おもちゃを買った当日
なのであろう。

長く遊べるものを…とは、親の意見であり、
高かろうが、100円ショップのおもちゃだろうが、
子どもにとっては、大差がない気がする…。

 

買ってよかった!ドラえもん

が、しかし!
購入しました、ドラえもんのジャラポン。

だいぶ長いこと、遊べそうな予感…。
父さんも母さんも娘っこも、まだ飽きていない。

そもそも、肝心のやつ、
「ジャラポン」を、まだ一度もやっていない。

 

片付けもゲーム感覚で…

父さんが「せいの!」と声をかけると、
娘っこは「ドラえもん!」
「しずかちゃん!」などと言いながら、
次々とパイを箱に、しまっていく…。

「片付けるの、得意なんだよねぇ…」と、
父さんの手のひらで、コロコロ転がされている。

 

家族でゲーム三昧

ああ、楽しい。

はたして、何歳くらいまで、父さん母さんと、
ゲームして、遊んでくれるのだろう。

遊んでもらっているのは、父さん母さんだ。

 

貴重な家族時間

母さん、夜の生放送は、ほどほどに…。

家族との時間を大切にせねばと思いつつ、
働かなければ、ゲームどころではなくなる。

困らない程度に、働かねばならぬと………
最後の最後に、おい。なんの話だ?

ドラえもん みんなであそぼうよ ロイヤル50
by カエレバ

娘っこは、結婚したら大きな家を借りて、
パパもママも一緒に暮らそうと言ってくれる。

いつまで、そんなことを言ってくれるのやら…。
貴重な今を、ただただ、楽しむのみである。

▼ついでに、著者をフォローしてみる

※著者に一言、言いたい!ほか、
お問い合わせも、Twitterまで………。