こどもの こと

小林克也さんのニューアルバムに、我が子がコーラス参加!

本日のブログざっくりまとめ

▼#親バカ 母さん、歓喜!

▼小林克也&ザ・ナンバーワンバンドのアルバム
『鯛~最後の晩餐~』に我が娘がコーラス参加!

▼夢みたいな話だな、うん、夢なのかな。
参加した曲のタイトルも「夢」だしな。

………夢なら、どうか醒めないで。

ミスター音楽!小林克也

スネークマンショー」に「ベストヒットUSA
今でも語り継がれる、伝説的な番組の顔。

そして、77歳(喜寿!)になられる現在でも、
レギュラー番組は、数知れず

毎週金曜日の9時間生放送を20年以上続けている。

 

小林克也&
ザ・ナンバーワンバンド

そんなヲタしすぎる、小林克也さんが、
小林克也&ザ・ナンバーワンバンド名義で、
ニューアルバムをリリースされました。

小林克也&ザ・ナンバーワンバンドジャケット写真

8888888888888888888888888888888めで鯛

 

TAI 鯛~最後の晩餐~

アルバムのタイトル『鯛~最後の晩餐~』を
最初に見た時に思い出したのは、
徳川家康が、鯛の天ぷらを食べ過ぎた

というエピソードだったのですが、
そんなことは、さておき………。

 

我が娘、コーラス参加!

なんと、縁あって、お声がけいただき、
我が娘7歳、小学一年生

こちらのアルバムの1曲に、
コーラスとして参加させていただいたのです。

#親バカ 歓喜。うお―――CDデビュー!?←違

 

M12「夢」

娘っこが参加したのは、12曲目の「夢」。

アバンギャルドな音楽活動とウワサされる、
ナンバーワンバンドならではの、THEな楽曲!

クレジットにも「近所の子供とママたち」

小林克也&ザ・ナンバーワンバンドアルバムクレジット

と書かれていますが、こちらのママ、
つまりわたしは、一切参加しておりません。

レコーディングでは、我が子を見守るのみ。

あの!小林克也さんを前に、身を乗り出して、
「ゆめ~ゆめ~」と叫び続ける、娘っこ。

小林克也&ザ・ナンバーワンバンドレコーディングに参加

………おい、本気かよ。何そのハートの強さ。
娘の人見知りしないっぷりに、周りの大人唖然。

なんと、小林克也さん!!
最後には、子どもたちを楽しませるために、
ラジオごっこまで
してくださった。

子どもたち、小林克也さんの偉大さを、
一切理解しておらず、自由すぎるスタイルで。

 

アルバム完成!我が子の声は?

とはいえ、コーラスですからね。

薄~く薄~く、親だから気付く程度の、
ボリュームで聴こえるのだろうと思ったら…。

イントロ始まって数秒、いきなり娘の声で、
「こんにちは―!」
って、おい本気かよ。

 

全部わたしの声に聴こえる

そりゃあ、ご本人様には、そう聴こえるでしょう。

#親バカ 母さんも、父さんも………
我が子の声のみ、クリアに聴こえる

嗚呼、#親バカ。

※親ってのは、たぶん皆、
我が子の声のみクリアに聴こえるという特殊能力を持っている。


やばい、家宝だ!どえらい記念になった。

小林克也さん、そして関係者の皆様。
本当に本当に、ありがとうございました。

歌っていない、叫んでいるだけ!

大切なことなので、追記しておこう。
我が娘は、決して歌っていない。歌えていない。

ただ自由に、叫んでいるだけ…。

母さんに似て音痴よりの娘っこの声が、まさか!
“ちゃんとしたCDの音源”で、聴けるだなんて。

 

小林克也さんのパワー

70代後半になっても、挑戦し続ける
小林克也さんのパワーには、頭が下がるのみ。

しかも、団塊世代より、さらに少し上の、
小林克也さんが綴る歌詞は、どれも刺激的で、
女性をたたえてくれるような内容も多く…。

やっぱり、そこいらのおじいちゃんとは、
一味も二味も違うんだよなぁ…な―んて。

 

挑戦しない若者への喝

重い腰を上げない若者へ、女性へ、子どもへ

むちゃくちゃでもいいんだぜ!
どうだ!楽しいだろ?
って教えてくれるような。

我が子
のコーラスは、さておき、
ものすごくパワーをもらえる一枚なのでした。

 

小林克也さんの懐の深さ

最終的に、娘っこは、小林克也さんの、
ひざの上に、ちょこんと
………おいおい。

そこいらのおじいちゃんでは、ないのだぞ。
………母さん、焦るから、辞めなさい。

小林克也さんのステキすぎる声で、
娘の名前を呼んでいただき、
#親バカ 母さん、大感激であります。

 

親戚中に配らねば!?

小林克也さんのCDに、孫がコーラス参加だなんて
じいちゃん、ばあちゃんも喜ぶであろう。

お世話になった分、CDを買って恩返しせねばと。

鯛~最後の晩餐~(CD)(通常盤)
by カエレバ

いやいやいや、
#親バカ は抜きにしても、すんげぇアルバムです。

音楽好きの方は、ぜひぜひぜひ!!と。

おまえ、どの立場からモノを言うんだ的に、
超絶オススメさせていただきます。

#何回も聴いてしまう #親バカ

▼ついでに、著者をフォローしてみる

※著者に一言、言いたい!ほか、
お問い合わせも、Twitterまで………。