体もろもろ

アラフォー世代は水着を着ていいのだろうか?迷いに迷って…。

本日のブログざっくりまとめ

▼40手前にして、新しい水着を買おうと
検索するも、正解がわからない。

▼重要なのは、体型カバー!露出は控えめに。
………人様の迷惑にならぬよう。

▼迷いに迷って、水着を買ったおばちゃんの
およそ1カ月に及ぶ、実体験日記であります。


夏休みは家族で海水浴へ

現場仕事がなければ、1日中家にいる、
そんなインドアおばちゃんwith家族ですが、
毎年、夏は海へ行くのです。

1年分のけがれを落とすかのごとく、
海につかる1日が、今年も近付いてきた。

人まかせのバーベキュー付き。ひゃっほい。

おばちゃんの水着どうする?

去年までは、20代前半に買った水着で、
なんとなく、ごまかしてきた。

いや、たぶんごまかせていなかった。限界だ。

危険!おばちゃんのビキニ

もちろん、ビキニなんか着られるわけもない

上半身のお肉ちゃんが、重力に負けて、
ああ、ざんねん!下腹にたまっている。

………重力にも老化にも、負けっぱなしの、
ああ、ざんねん!万年妊娠5カ月状態である。

ネットで水着を検索

インター―ネットの広い海を、
ぐるぐると、水着を検索し続ける日々。

迷いに迷って、気付けば3週間も経過していた。
そもそも、おばちゃんは水着を着てもいいのか?

重要!体型カバー

ビキニはおろか、体のラインが、
はっきりと出るようなものも、無理だ。辛い。

誰もおばちゃんの下腹なんか見たくないのだ。

タンキニは、ありなのか?

検索しすぎた結果、iPhoneのSafariを開けば、
水着の広告しか出てきやしない。



タンクトップ+ショートパンツ的な、
タンキニに、絞って検索してみる。

何が正解なのか、わからない。
いや、おばちゃんの水着に正解はないのだろうか?

年齢・体型不問の体型カバー水着

おばちゃんがたどり着いた先に、エンジェルルナ。
「年齢・体型不問の体型カバー水着」だって?

………本気だな?本気で、不問なんだな?

でもさ、冷静に考えてみたら、
ブランド名は、エンジェルでルナですよ?

Angel luna / エンジェルルナ

エンジェルでルナだなんて、体型不問
但し、若者に限る!
なのではなかろうか?

「なりたい私を叶える」だって?

本当に叶えてくださるのなら、
どうか10代の頃の体型に………遠い目。

タンキニ、4点セット?

パトラッシュ、もう疲れたよ。
検索する毎日に、終止符を打ちたい。

おばちゃんは、覚悟を決めてカートに…。

入れようとしたら、売り切れだった。

………ゴール直前、まさかのスタートに戻る。

Lepidos / レピドス

もう水着は、あきらめるべきか?
だって、おばちゃんだもの………。

そんなある日、街で看板を見かけた。

水着ブランドレピドス実店舗の看板

水着を売っておった。はて、レピドスとは?

ユナイテッドアローズオリジナル

ユナイテッドアローズの、
オリジナル スイムウェアレーベル
だそうで…。

さすがのアローズ、素材がとてもよい。

が、お高い。試着することもなく店を去り…。

レピドスで検索!

再び始まった、検索の日々。ゾゾタウンで検索!

レピドスの水着をZOZOTOWNで検索

ついでに、メルカリでも検索。

レピドスの水着をメルカリで検索

メルカリでは、今まで売るしかしてこなかった。

が、初めての購入は、まさかの水着か?

ZOZOTOWNで、ポチッと購入

ありがとう、ゾゾ。セール価格で7020円也。

安くないが、総資産40億ドルともいわれる、
前澤友作社長にとっては、小銭であろう。

庶民のひがみ。わたしもW杯に連れてって!

………はい、脱線しましたが、ついに買いました。

これが、おばちゃんの水着だ!

ZOZOTOWNさまから、届きました。

ZOZOTOWNから水着が届いた

おばちゃんが、どんな水着を買ったのか、
怖いもの見たさで見たいですか?

怖すぎるので、見たくないですか?

ZOZOTOWNのワンコインランチブックと水着

………ワンコインランチブックもついてきました。

タイダイコンビネゾン

体型カバーできそう
なにかを羽織ればいいのかもしれない。

で!コレ、買ってみました。

アラフォーおばちゃんが迷って買ったレピドスの水着

………あれ?待て。年齢不相応なんじゃ?
もう、いいや。わからない。ムリ。疲れた。

オススメ!オールインワンタイプ

嫌がらせのように、着用画像を
載せてやろうかと思いましたが、自粛。

まぁ、なんとかなりそうな気はしている。

アラフォーおばちゃん、
水着を着てもいいのだろうか?

その答えは………必要なのは強いハート?否!
誰もおばちゃんなんか見てやしないから大丈夫

▼ついでに、著者をフォローしてみる