仕事の こと

放送作家の職業病?展開を予想しながら話を聞くということ

本日のブログざっくりまとめ

▼人の話を聞く時、
この話は、こういう展開になるかな?と、
オチを数パターン想像してしまうクセ。

▼これは、職業柄?なのか…
人間を40年近くやってきたからなのか…。

▼放送作家の仕事が、ダイスキです。

放送作家の仕事とは…

放送作家という仕事に就きまして、
気付けば、20年近くがたちました…。

放送作家の仕事については、
これまでも何度かブログに書いてきましたが…

ラジオの現場における放送作家の役割の一つに
スタジオ(ブース)に一緒に入って、
しゃべり手さんの話を目の前で聞く!という、
ファンの方からしたら、
うらやましい!しかない、仕事があります。
ラジオフリー素材イラスト

ラジオのブースにて…

基本は、ニコニコしながら話を聞く。

人によっては、作家笑いと呼ばれる、
“声を出して、笑うこと”で、
雰囲気を作る方も
いますが、
わたしは、自分の笑い声が大嫌いなので、
声に出して笑うことは、ほとんどなく、
わたしが声に出して笑っていた場合は、
本気でおもしろくて、
耐えられなかったパターンです。

………って、おい、おまえ、なんの話だ!?

 

目の前に座る意味

ラジオのパーソナリティーは、
マイクの向こう側のリスナーのあなた!

リスナーのみんなではなく、あなた!に、
声を届けるべく、おしゃべりをします。

が、しかし!
たった一人では、マイクの向こう側の
“あなた”を想像しづらい………。

作家が座ることで、目の前の“あなた”に
声を届けるイメージがしやすく
なる、
それが、目の前に座る大きな意味…。

………って、おい、おまえ、偉そうだな。

 

カンペを出すのも仕事

しゃべり手さんの話が、分かりづらかったら、
「ん?どういうこと?」とか、
話の、その後が気になったら、
「で、その後どうした?」とか、

短めにまとめて、紙に書き、見せることで、
リスナーさまが分かりやすいように
話を引き出すのも、
これまた、作家の仕事です。

………って、おい、おまえ、偉そうだな。

 

作家ペン

その際は、たいてい、作家ペンと呼ばれる、
こちらのペンを使用するわけですが………


こちらのペン、
他にも、異名があるらしいですね。
それだけ、書きやすい!
ロングセラー商品だということでしょう。

………って、おい、おまえ、どこ目線だ。

 

スピードとタイミングが命

カンペは、スピードとタイミングが重要です。

書いている途中に、
その話が終わってしまったら意味がない。

カンペを出したことによって、
流れが止まってしまい、
話が中途半端になってしまったら意味がない。

あと、せっかく書いた字が読めなかったら、
これまた、意味がない。

………って、おい、おまえの字、だいぶ

 

展開を予想しながら
話を聞くということ

はい、ここでやっと、タイトルネタ!

何が書きたいかと言いますと、
スピード命のカンペを、
絶妙のタイミングで出すためにも、
多くの作家は、その後の展開を、
予想しながら話を聞いている
のではないか?

………って、おい、おまえ、いまだに、
カンペのタイミングを、ちょいちょい

 

3~4パターンのオチ

無意識なのか、意識してなのか、
ああ、この流れだと、こうなるんだろうな?
な―んて、
3~4パターン想像しながら、話を聞く!

たま―に、予想外の展開になった時は、
おい、こいつ、すげぇな!と思うわけで。

………って、おい、おまえ、偉そうだな。

 

オチを想像するクセ?

仕事以外の場でも、
クセ?になってしまっているようで…
娘っこ6歳の話を聞く時も、また然り。

たいてい予想通りに話は進んでいき、
特に、オチもないのですが、
たま―に、想像の斜め上をいったりして、
子どもの頭ン中、ほんとどうなってんだろ。

………って、おい、おまえ、
子どもの話に、オチを求めるな。

 

先の読み合い!?

たま―に、すげぇ勘のいい
しゃべり手さんがいて、
わたしが、紙に2~3文字書いたところで、
何を伝えたいか理解して、
その話を、しだしたりするんですよ。

な~にぃ、やっちまったな。
………って、おい、おまえ、
いま、クールポコは、いらない。

 

ネガティブだね…

というわけで!
普段から、先を予想してしまうわたしは、
たとえば、プロデューサーさんから、
「ちょっと話があるんだけど…」と
声をかけられたりしたもんなら………

1:番組が始まる
2:番組は続く
3:番組が終わる
4:番組は続くけど、わたしはクビ
 など…

最悪のパターンまで想像してしまうわけで、
先日、とある方から、
「ネガティブだね…」と言われましたが…

最悪なパターンを想像しておけば、
ある程度、何が起こったとしても、
腰を抜かすことはない
だろうというという、
自分なりに、予防線を張っているわけです。

………って、おい、おまえ、めんどくさいな。

 

泣く?泣いてもいいんだよ?

若い女の子の番組を、やりたいやりたい!
と言い続けていたら、
気付けば、若い女の子との仕事ばかり。
かわいい女の子と仕事ができる幸せったら。

ちなみに「泣いてもいいんだよ?」とか、
「泣く?」とかいうカンペを出して、
泣かせにかかるのも、ダイスキです。

………って、おい、おまえ、
仕事場で、本気で楽しんでいるだろ!?

 

狭いラジオのブースにて…

サイゴのサイゴに、
スーパーどうでもいいことを書きますが、
数年前、だいぶ狭いスタジオで、
ラジオの収録をしていたとき、
スーパー無意識で、しゃべり手さん用の水を
ごくごく飲んでしまったことがあります。

しゃべり手さんが、若い女の子でよかった。
………って、まったくよくない。

目の前にあるものすべてを、
自分のものだと思ってしまう、
そのジャイアン根性、
おい、おまえ、叩きなおして来い!

ラジオの現場がダイスキなので、
できるだけ長いこと、
この仕事を続けていきたいなぁと思うのです。

この流れで、キレイにまとめようだとか、
そんな予想外は、ムリヤリにもほどがあるので、
本日は、この辺りで失礼します。

ありがとうございました。

▼ついでに、著者をフォローしてみる