もろもろ(時にヲタ)

映画「この世界の片隅に」公開1周年!テアトル新宿に行ってきた

本日のブログざっくりまとめ

▼2017年11月12日「この世界の片隅に」
1歳の誕生日おめでとうございます。

▼記念すべき日に開催された特別上映で、
「この世界の片隅に」の素晴らしさを再認識!

▼みんなが笑って暮らせりゃええのにねぇ。

※わたしの数少ない友達で、この映画をまだ観ていない人!
なんならチケット代(DVDレンタル代)を出すから、全員観てください。

 

2016年11月12日公開!

映画「この世界の片隅に」の、
公開から1年が経ちました…。

ただ1年の月日が過ぎたのではなく、
1年間、上映され続けていた………
これって、ものすごいことですよね。

 

試写会で見た、あの日から…

わたしが、試写会で初めて、
この映画を見たのが、1年と1カ月ちょっと前。

それから、娘っこ当時5歳も連れ、家族と1回。
今回が、映画館での鑑賞3回目の、ひよっこです。

 

異例のロングラン

中には、「101回見た男性」や、
70回見た女性」も…。

“この世界”が、いかにすごい映画かが分かる。

が、ゆえの、ひよっこ感ではありますが、
同じ映画を映画館で3回見るのは、
わたし、初めてですから!!………ざんねん。

 

公開1周年記念トークイベント

というわけで!
公開1周年、366日目に開催された、
トークイベントに、お邪魔してきました。

ゴスペラーズの黒沢薫さんに、お誘いいただき、
マネージャーさんになったかの、気分で…。

 

いざ!テアトル新宿へ…

黒沢さん「9時50分から映画の上映だから、
少し早めに、9時半くらいに集合しましょう」と。

テアトル新宿外観

となれば、マネージャーは、さらに少し早めに、
9時15分に、テアトル新宿に着いたところで…

この世界の片隅に一周年イベント案内

………9:30回上映後!?
思いっきり9時半って書いてありますけど?

黒沢さんが、無事、9時半に間に合ったことを、
ここに、ご報告いたします。

 

すずさんが、お出迎え

この世界の片隅にすずさんパネル

“この世界”を初めて見た時、
「よかった、大丈夫だ」と確信したものの…

まさか、ここまでの大ヒット!
さらに、数々の賞を受賞することになるとはねぇ。

この世界の片隅に一周年

………しみじみニヤニヤしとるんじゃ。

 

ファンの愛に支えられて…

SNS時代…“この世界”を見た人が、
拡散したいと願い、行動した結果の………。

BlogPaint

日曜日の朝9時過ぎに、この活気。
ファンの愛を感じずにはいられない、そんな朝。

この世界の片隅にファンコメントボード

遅刻しないでよかったと心の底から、そんな朝。

 

3回目の鑑賞

1回目は、ドキドキふわふわしつつ…
2回目は、子連れだったゆえ、娘に解説しつつ…

3回目にして、初めて!
“ちゃんと見られた”気がします。

そして、どんな展開か分かっているのに新鮮で、
笑えて、やっぱり感情が、ぐるぐるになって…。

改めて、ものすごい映画だなぁと、ただただ。

 

自然と巻き起こる拍手

上映後、自然と巻き起こる拍手。

周作さんは、イケメン過ぎるし…
すずさんは、愛おしすぎるし…

この世界の片隅に 劇場アニメ原画集
「この世界の片隅に」製作委員会
双葉社
2017-11-08


トナリに誰が座っているのかなんて、
すっかり忘れて、鼻水たらしていました。

“ふつつかな”作家で、すみません。
………うちゃ ぼ―っとしとるけえ。

 

上映後 トークイベント開始

進行は、広報の山本さん
まずは、片渕須直監督のんさんが登壇。

さらに、尾身美詞さん岩井七世さんに、
真木太郎プロデューサーも…。

この世界の片隅にトークイベント

“客席に座って”のんちゃんを観るのは、
初めてだったのですが「顔小さいなぁ…」と、
普通過ぎることを思いながら眺めていました。

この世界の片隅にトークイベントのん

顔は小さいし、リズムをとるように話すし、
この子は、本当にかわいいなぁ…」と、
普通過ぎることを思いながら眺めていました。

 

たんぽぽの綿毛のように…

片渕監督の言葉
「(映画が)たんぽぽの綿毛のように、
広がってるんだなぁ
」には、思わず鼻水。

ずびずびしつつも………なんだって?

 

ロングバージョン制作

真木「監督、あの話しちゃう?」
片渕「あの話って、どの話だよ?」

からの、ロング版の制作発表とな。

ステージ上にいた、お二人は、
いたずらばかりする少年のようで………。

もう、この際、原作のすべてを、
映像化してくれないだろうか………。

 

みんなが笑って
暮らせりゃええのにねえ…

ほんと、これに尽きる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

この世界の片隅に(特装限定版)【Blu-ray】 [ のん ]
価格:8387円(税込、送料無料) (2017/11/13時点)

 

「この世界の片隅に」を観ていない人は、
ほんと、全員見ればいいと思うし、
「この世界の片隅に」を観て何も思わない人とは、
友達になれない!とさえ、思っている。

 

しみじみカレー

映画館を後にし、目指すはカレー。
カレーの人に連れられて、新宿中村屋本店へ。

我が人生初の中村屋のカレーを、
カレーの人と共に食すことになるとは、
人生なにが起こるか分からないものである。

新宿中村屋本店インドカリー

あ、カレーじゃなかった。カリーですね。

新宿中村屋伝統のインドカリー」を、
「中村屋の歴史」にまつわる解説付きで…。

新宿中村屋本店インドカリー2

あとは、ひたすら、しみじみと…。

嗚呼!いい休日だなぁ、な―んて思いながら、
家族の元へ向かったわけですが………

 

娘とオットが公園にいるってよ?

大きな公園で遊んでいるってよ?と、
母さん、公園へ向かいまして、
公園内を、ぐるぐるぐるぐる巡りまして、
オットに電話しても、つながりゃしない。

からの、娘とオット、既に公園にいなかった…。
ぷちイラッとしつつ、家まで歩いて帰りました。

食べたカレーの分、運動できたから良しとしよう!

って、おい、おまえ。
みんなが笑って暮らせりゃええのにねえ精神を、
すっかり忘れているではないか。

………バレとりましたか
………へ?そうじゃったん?
………注意力散漫じゃ!

「この世界の片隅に」スタンプの、
使い勝手の良さ
、はんぱない!そんな締め。

▼ついでに、著者をフォローしてみる