仕事の こと

映画「この世界の片隅に」試写会へ‐感想文

※ネタバレなし

こうの史代先生の原作がスゴイ!

映画を観る前に、原作を読むべきか?
映画を観た後に、原作を読むべきか?

迷いに迷い、前者を選ぶ。

ものすごく丁寧に描かれていて、上中下の、たった3巻なのに、20巻くらいあるんじゃないか!と思ってしまうほどの、濃密さ。

ものすごい作品に出会ってしまった!と、アニメ映画化が不安になってしまったほど…。

昭和19年~21年の出来事を描いた作品を、平成19年~21年にかけて連載。年と月が一致するように…という“魅せ方”も、ステキすぎる。

映画を観る前に、3回読み直す。読み直すたびに、小さな発見もあったり、また違う感情が生まれてきたり…。

ドキドキしながら試写会へ

若干の不安を胸に…。途中、道に迷いつつ…。(いらない情報)

主人公すずさんを演じる、のんちゃんの第一声を聴いた時、ほっと、胸をなで下ろした。

すずさんと、のんちゃん

のんびりしていて、おっちょこちょいで、優しさに溢れていて、とてつもなく、お茶目…。

片渕須直監督が、すずさん役に、のんちゃんを推した理由がわかる気がする。

なんとも言えず、抜けた感じ。

すずさんと、のんちゃんのお茶目さが重なり、心を鷲掴みにされた。

のんびりとスピーディーに

映画は、とてものんびりと、だけど、とてもスピーディーに進んでいく。全体の雰囲気は、ゆったりしているのに、スピードを、時の流れを感じる。

原作3冊分が、125分に、ギュッと、詰め込まれている。

作画も、音も、原作同様、すごく丁寧に作られていて、まばたきをするのが、惜しいほど。

感情が忙しい…

戦時中の、辛くて、たまらないシーンも描かれている。

試写会の会場からは、すすり泣く声が聞こえた。わたしは、泣かなかった。

すずさんが、強いから、強くて、優しいから、わたしが、泣いている場合ではない、と思ったのかもしれない。

なまぬるくない時代

出てくる人が、皆、やさしい。

細谷佳正さん演じる、北条周作も、小野大輔さん演じる、水原哲も、出てくる人が、皆、やさしい。

だけど、戦っている。

本気で生きているから、出てくる言葉は、すべて本物で、つまらないウソをつくヒマはない。

息苦しくなった…。

平成28年、我々は、真摯に生きているのだろうか。

後世に残したい作品

IMG_7404
もう1度観たら、どんな風に感じるだろう。さらに、もう1度観たら、どんな風に感じるだろう。

あと10年後に観たら、どんな風に感じるだろう。今すぐにでも、あと3回は観たい。

自分の子どもにも、いつか観てもらいたい。この映画を、ちゃんと感じられる、大人になってもらいたい。

この世界の片隅に

個人的には、リンさんとのシーンをもうちょっと見たかったなぁ…。それは、わたしの名前が「りん」だから!では、もちろんなく………

「誰でも何かが足らんぐらいで
この世界に居場所は
そうそう無うなりゃせんよ」

そんな風に言い切る、リンさんが、とてつもなく魅力的だから…。

「この世界の片隅に」
わたしも、生きている…。
いちおう、居場所が、あるみたいだ。

劇場用長編アニメ
「この世界の片隅に」公式サイト

IMG_7403
【監督】片渕須直
【原作】こうの史代
【音楽】コトリンゴ

【声の出演】
のん/細谷佳正/稲葉菜月/尾身美詞小野大輔/潘めぐみ/岩井七世/澁谷天外 ほか。

【上演時間】約125分
2016年11月12日 全国公開

※2017年11月13日追記

ついでにこちらも
映画「この世界の片隅に」公開1周年!テアトル新宿に行ってきた本日のブログざっくりまとめ ▼2017年11月12日「この世界の片隅に」1歳の誕生日おめでとうございます。 ▼記念すべき日に開催...