こどもの こと

親と子の関係性!?母さんは、我が子のマネージャーかもしれない

本日のブログざっくりまとめ

▼知人の一言から、子育てについて考える。

▼考え過ぎた結果の、母さんは、我が子のマネージャーかもしれない。

▼ちなみに、本職は放送作家であります。

お母さんって、スゴイ!?

先日、一児の父である知人(男性)から、「お母さんって、本当にすごいよね」と。

世の母さんは、たしかにスゴイ。がんばっている。が、しかし!この時感じた、なんとなくの違和感。

子育ては他人事!?

なんだか、子育て中の内からの意見というより、外から、客観的に見ている、他人事のような

なにげない一言から、そんな印象を受けまして…。この時に↓感じた、違和感と似ているのかも?

ついでにこちらも
子どもが1番かわいいのは何歳の頃…その決めつけ?やめませんか本日のブログざっくりまとめ ▼娘7歳の誕生日に、 いろいろいろいろ、考え過ぎた結果。 ▼おい、おまえ!何が言いたいんだ。 は...

子育てに、本気で向き合っていないからこそ、出てきた言葉のように、感じたのです。

正直クソババアの夫婦ブログ

そんなことを考えていた時に、たまたま目にした、ちゅんすけさんと、ちゃちゃこさん夫婦のブログの、こちらの記事。

ざっくり内容を説明しますと………。

赤ちゃん社長ブラック企業

▼ちゅんすけさんは、第一子の娘さんが生まれた当時、会社員で、“バイト”程度しか子育てに関わっていなかった

▼会社を辞め、第二子の息子さん(赤ちゃん社長)のもと、“正社員”に

育児と真剣に向き合った結果………。

▼赤ちゃん社長の言うことは絶対!とんだブラック企業じゃないか!?

が、しかし!報酬のスマイルがたまらない

すべてのお父さんよ、読んでくれ

………ざっくり過ぎて、申し訳ない。こちら、大変興味深い、おもろい記事でした。

育児って、外から見ていたら、わからないことが、たくさんあるよなぁ…と。

我が家の場合

そして、この記事を読んだ後に、入浴しながら、ぬぼーっと考えたことを、今から書きます。

娘7歳、小学二年生、赤ちゃんではなくなった今、我が家の場合は、どうだろうか?と。

父さん母さん、共同経営責任者?

だなんて書くと、「逃げ恥」感ありますが、そこは、さておき。我が夫婦は、共同経営者。

では、いったい!何の会社でしょうか。

娘をマネージメントする会社?

我が社には、娘7歳という“タレント(仮)”が、所属しています。

父さん母さんは、社長兼マネージャーとして、“タレント”のことを1番に考えつつ、最低限のマナーや、礼儀を教えつつ。

“タレント”の良さを最大限に活かすための、道筋を立てるのが、主な仕事です。

タレントは商品ではない

あくまで、“タレント”のマイナスにならぬよう、道を照らす仕事。

“タレント”の言いなりにはなりませんが、社長だからといって、無理強いも絶対にNG。

“タレント”の意志を尊重しつつ、“タレント”の未来のために働きます。

独立するまで、解雇できない

“タレント”が、独立したい!という日まで、こちらから、解雇はできません、しません。

“タレント”が、大人になり、事務所から独立したいといった日には………。

いつか独立する日がきたら…

独立後は、試練が待ち受けているかもよ?覚悟はできているのかい?

そうしたいなら、やってみなさい!と背中を押す。全力で応援する、そんな社長にオレはなりたい。

放送作家?マネージャー?

現役放送作家の母さん、いったい何を書いているんだい?

こちら、入浴中の母の脳内に浮かんだことを、まとめてみましたが………大丈夫?

本日も、順調に #親バカ なり

我が子のこととなると、なかなか、冷静な判断が、できなくなるものだ。


Twitter、 #放送作家の娘 にて、我が子の日常をまとめておりますので、もしよかったら、ご覧ください。

本日も、順調に #親バカ なり。



▼ついでに、著者をフォローしてみる