もろもろ(時にヲタ)

地元の掲示板ジモティー【東京】初めての取引相手は業者さん?

初めてのジモティーアイキャッチ画像

無料の広告掲示板ジモティー

地元の掲示板「ジモティー」の存在は、なんとな―く知っていました。

家で不要になったものを「あげます・譲ります」と掲示板に書き込み、受け取り相手が決まったら、直接会って商品を手渡す…その仕組みは、なんとな―く知っていました。

が、しかし!

ジモティーをやらない理由

わたしが、これまでジモティーを利用しなかった理由は、単純!

放送作家りん
放送作家りん
知らない人に会いたくない。

加えて、出品した商品を譲ることになった相手が、もし娘が通う小学校のお母さんだったりしたら?

放送作家りん
放送作家りん
き、気まずい。

なんとなくの顔見知りだったら、譲る方も受け取る方も、お互い気まずいに違いない。

不要になった収納棚

話は変わりまして、先日あれやこれや掃除、片付けした結果、不要になった収納棚を、粗大ごみに出そうと思っている…という話を、こちらの記事に書きましたが。

ついでにこちらも
揃えないむやみに捨てない収納アイディア
揃えない!無理して捨てない!使い回しの収納片付けアイディア 整理収納片付け、大好き ちまちまとした片付けや、収納について考えることが好きだということは、このブログにも何度となく書いていま...

粗大ごみの申し込みをした後、このブログ記事を書いた後に、ふと気付いた。

放送作家りん
放送作家りん
待てよ?メルカリで売れるんじゃ?

出た!妖怪小銭大好きおばちゃん。

計測してみたところ、らくらくメルカリ便で送れる、ギリギリのサイズということで…。

放送作家りん
放送作家りん
出品してみたら、1つは即売れました。

粗大ごみだったら、400円のマイナスのところが、数百円のプラスに。

放送作家りん
放送作家りん
我が家で不要になった品が、誰かにとっては必要なもの。

そんなリサイクル精神が、まったくないわけではないが、本音は…。

放送作家りん
放送作家りん
いらないものが小銭になった!

これだから、しみったれた主婦は…。

NG 送料+手数料>商品の価格

1つは無事に、よそのお宅へ。が、しかし!もう1つは一向に売れない。

メルカリでは、送料と手数料の合計金額が、商品の価格を超えてはいけないので、売り上げ度外視、値下げできる限界まで値下げしたが、売れない。

放送作家りん
放送作家りん
粗大ごみに出すしか?

と、ここで思いだしたのが、地元の掲示板ジモティーである。

ジモティーを始めた理由

この記事の頭で、なんやかんやと、ジモティーをやらない理由をつづったにも関わらず、あっさり登録。その理由は、単純!

放送作家りん
放送作家りん
粗大ごみの400円が惜しい。

気まずさ<小銭

もし、ジモティーに0円で譲りますと出品して、引き取ってくださる方がいたら?

放送作家りん
放送作家りん
不要なものを無料で捨てられる。譲ることができる。

出た!妖怪小銭大好きおばちゃん。

いざ!ジモティーに出品

思い立ったが吉日。

さっそくジモティーに登録し、見よう見まねで出品してみた、日曜日の朝。

3時間で受け渡し予定者決定

大変大きなブツなので、家の近所(と言っても人通りの多い場所)まで、取りに来てくれる方限定とさせていただいたのですが…。

放送作家りん
放送作家りん
3時間後、受け渡し予定者決定!

しかも!今日の夜、18時~20時の間なら取りに行けますって、出品したこちらがあわてるレベルの、スムーズ過ぎる展開。

いざ!受け渡しの時

そして迎えた待ち合わせの時間。知らない人と待ち合わせて、ブツを受け渡すだなんて!

放送作家りん
放送作家りん
売人気分?違うか。

とはいえ、とてもキンチョーした。怖い人が来たら、どうしよう。商品が想像と違うと怒られたら、どうしよう。

大きな大きな棚を抱えて待つ、身長150センチ以下のおばちゃん。ちなみに、雨も降っている。

取引相手が、車で登場

しばらく待っていると、小型の車が待ち合わせ場所の前で止まり、中から好青年が降りてきてて「あ、どうも~!」とな。

放送作家りん
放送作家りん
あ、あの雨に濡れないように、い、一応ビニールをかけたんですけど…。

警察がいたら、職質されそうな、しどろもどろおばちゃんに対し、好青年は「ありがとうございます!」と棚を車に積み込み、あっという間に去っていった。

初めての取引の感想!あっさり

ふと車のナンバープレートを見ると、なんと千葉(某所)ナンバー。千葉から、わざわざ棚を取りに?

放送作家りん
放送作家りん
ジモティーだけど、ジモティーじゃない?

さよならだけど、さよならじゃない。山田かつてない経験に、動揺がおさまらぬまま帰宅。

放送作家りん
放送作家りん
もしや、業者さんなのか?

リサイクルショップの方疑惑

もしや、千葉あたりでリサイクルショップを営む方?なのかもしれない。

あまりにもスムーズ過ぎる展開は、業者さんだと思えば納得できるような。

放送作家りん
放送作家りん
なんだか不思議な体験でした。

困った時はジモティー?

取引相手が、娘が通う小学校のお母さんだったりしたら気まずいので、頻繁に利用する予定はないが、ただ捨てるのだったら、ジモティーを利用するというのも、ひとつの手なのかもしれない。

何より………。

放送作家りん
放送作家りん
粗大ごみ代、浮いた!

以上!
初めてのジモティー実体験日記でした。


▼ついでに、著者をフォローしてみる