こどもの こと

横浜「こどもの国」お金をかけずに、丸1日楽しむための攻略法

夢の国より、こどもの国?

渋谷から、約45分。

パスポートなしで行ける、子どもにとって“世界最高の国”があることを、ご存知だろうか?

コスパを考えたなら、某夢の国越え!?

行列に並ぶために夢の国に行くのなら、こどもの国で、めいいっぱい体を動かす方が健康的!な気がする…。

入場料は…

0~2歳児は、無料!
幼児は、100円
小・中学生は、200円
高校生以上は、600円で、1日遊び放題。

家族4人、娘5歳、
全員合わせて1300円で、1日遊び放題。

こどもの国には夢がある

IMG_6304

だって、こどもの国に行くのに乗るのは、その名も、こどもの国線!!

IMG_6486

略して、KD

IMG_6305

東急田園都市線、長津田駅から、たった2駅。

駅名「こどもの国」

ああ、夢がある!!
が、しかし!夢はあるが、本数はない。

1時間に3本程度しか走っていないので、こどもの国線の時間も、調べてから行くべし。

IMG_6306

着いた、着いたよ!こどもの国!!

自然いっぱい、こどもの国

IMG_6308

駅から徒歩3分、歩道橋を渡って、正面入り口に到着!スロープがあるので、ベビーカーでも安心。

IMG_6310

夏はプール

夏は、プールが大人気!

IMG_6307

プール券付きのセット入場券、
0~2歳児は、無料!

幼児、小・中学生は、350円
(入場券+150円~250円)

高校生以上は、1100円
(入場券+500円)で、プール付き。

家族3人、娘5歳、
全員合わせて2550円で、プール付き。

IMG_6311

いざ、入国!!

IMG_6312

………だだっ広い。

IMG_6315

………だだっ広い。

世界各国の国旗が!!

しかし、ここは、どこにも属さない?こどもの国!!

IMG_6316

………だだっ広い。
中、テントを張っている方も。

IMG_6318

夏はプール、攻略法!!

夏はプール。
冬はスケートも楽しめる。

が、やはり混んでいる。

さっきまでの、だだっ広い空間とは、打って変わって………

IMG_6487

………だだっ人。

▼プールのために、開園前から並ぶ人もいる。

▼レジャーシート必須!屋根付きの休憩スペースの下に、レジャーシートをひいて、家族スペース確保。

IMG_6488

休憩スペース………だだっ人。

▼並ばずとも(昼過ぎ入場でも)荷物を置く場所は、確保できる。

▼大人も楽しめるチューブスライダー、週末の40分待ちは、ざららしい…。
「ここから約80分」の表示があったので、最長で80分待ちもあり得る…のか。

▼年齢制限なし、子どもも楽しめるすべり台、週末は30分待ち

IMG_6481

大人も十分楽しめる!

IMG_6466

▼様々な深さのプールが!!

▼プールのピークは14時まで!14時以降、徐々に人が減ってくる。

▼ウワサによると、プールが閉まる16時頃の更衣室は、大変なことになるらしい…。

▼プールは再入場不可!
ここ、ポイント!テストに出る。

再入場不可ということはもちろん、ちょっと外に出て、またプールに戻って!ができない。

つまり、プールが混雑する時間は、ほかのスペースは、がら空きプー。

プールは2時間程度楽しめればOK!と考えるなら、その前に、アスレチックなどを楽しみ、お昼過ぎにプールへ!というのもあり。

▼プール内で、お昼ごはんをとるなら、お弁当持参で!

プール横の売店。

IMG_6491

食べ物のメニューは………
・肉まん
・あんまん
・フランクフルト
・焼きそば
・焼きおにぎり
・フライドポテト

IMG_6330

・カップラーメン(カップスター)

………以上!

IMG_6331

ちなみに、写真は14時過ぎに撮影。この時間なら、売店は空いている。とはいえ、このラインナップを考えると、お弁当持参が無難か…。

プール以外で、お昼ごはん

プールは、再入場できない。

つまり、プールで遊んで、ちょっと出て、お昼を食べて!が、できない。

しかし、プール以外には、サービスエリアにありそうなレストランや、園内の牧場の近くなのに、うどん、そば推しのお店など、いくつかの飲食店が、点在している。

午前中、アスレチックで遊んで、どこかで、お昼ごはんを食べてから、プール!という流れも、ありかもしれない。

もちろん!
芝生スペースやベンチも、いっぱい。

プールで、人だらけの中、お弁当を食べるよりは、芝生にレジャーシートをひいて、のんびりお弁当!という方がいいのかも…。

お金をかけずに遊ぶ

夏はプール。
冬はスケートが人気の、こどもの国。

が、しかし追加料金を払わずとも、入場料だけで十分、丸1日楽しめる

まずは、110メートルのローラーすべり台。

IMG_6490

お尻をつけず、しゃがんで、足だけ付けて滑ると、(足を閉じたヤンキー座り風)けっこうなスピードが出るぞ!ひゃっほ―い。

IMG_6333

ゴールは、こどもの国。

IMG_6335

追加料金を払わずとも、
じゃぶじゃぶ池で遊べる

IMG_6485
小さなお子さまなら、じゃぶじゃぶ池で十分、じゃぶじゃぶプール気分。

IMG_6484

こ―んな形のアスレチックや、

IMG_6483
こ―んなタイプのすべり台も…。

IMG_6343
日本宝くじ協会さま、ありがとう。

IMG_6342
ここは、どこ?ここは、こどもの国!
こどもの国の中には、滝も流れている。

IMG_6345
トンネルだって、ある。

IMG_6348
トンネル内、かなりの暗さ!
子どもたち、もれなく叫ぶやつ。

IMG_6349
5歳児、大興奮だったアスレチック。
プールの次に、楽しかったそうな。

IMG_6492
どでかい土管で、ドラえもんごっこや、マリオごっこも、し放題。

IMG_6351
こどもの国を歩けば、遊具に当たる。

IMG_6352
IMG_6489

馬のおしりも眺められる。

IMG_6355
牛も大量に眺められる。

IMG_6376
「モーモードーム」と呼ばれる、トランポリン的な…。子どもたち、とりあえず飛び跳ねている。

IMG_6482

余裕があるなら、追加料金!

夏はプール。
冬はスケートが人気の、こどもの国。

追加料金を払わずとも、丸1日楽しめるが、追加料金を払うと、遊びの幅はさらに広がる

遊園地的な、小さめの乗り物だとか。池で、スワンボートだとか。バーベキュー場があったりだとか。ミニSLに乗れたりだとか。

中には、小さな動物園も!!

IMG_6357

大人250円、こども200円。

うさぎや、くじゃく、ロバや、ヤギ。モルモットを抱っこしたり、エサをあげたり、あとは、ものすごい数のインコが、目の前を、バサバサ飛んで行ったり。

IMG_6365

こどもの国は、最高の国

IMG_6337

とにかく、だだっ広くて、体力を持て余している子どもでさえ、サイゴには、力尽きるほど、無限に楽しめる、こどもの国。

我が娘5歳、「こどもの国ってさ―、世界で、いっちばん最高の国だよねぇ」だって。母さんもそう思うよ。

そんな我が娘、
いまだ、夢の国には行ったことがない。

あっちの国は、お金がかかるからさ。
しばらくは、こっちの国で、楽しもうよ。
(#母の願い)

ついでにこちらも
東京おもちゃショー2019へ向け…バンダイ&タカラトミーの待ち時間は?本日のブログざっくりまとめ ▼大人も子どもも楽しめる、東京おもちゃショー ▼二大ブース、バンダイ&タカラトミーは、 行列長しと...