こどもの こと

子どもへのクリスマスプレゼント、手抜きラッピングに要注意!

クリスマスに向けて、
娘の士気が上がっている。

 

 

娘、クリスマスに欲しいおもちゃを、
手作りカタログに!

 

これは、子どもの記憶力、すごい。

たかが、ラッピング
されど、ラッピング
簡単でいいや!手を抜くと、
痛い目を見るぞ!
という話である。
105973

我が娘、5歳…

3歳のクリスマスは、サンタさんから、
「妖怪ウオッチ」のタイプ零式をもらった。

4歳のクリスマスには、サンタさんから、
「ヒミツのここたま」の
大きょうそうすごろく
をもらった。

問題は、そのラッピングである…。

 

100均の袋で簡単ラッピング

3歳のクリスマスの時、
Amazonで買った妖怪ウオッチを、
どうにかラッピングせねば…と、
100均で買った袋。
ラッピング袋

4歳のクリスマスの時も、
あ、去年使った袋がある!と、再利用。
したところ………

 

去年と袋が一緒だね…

4歳児、気付いた!

しかも、プレゼントを開ける前、
かなり早めのタイミングで…。

 

不思議がる娘、焦る母…。
「本当だね、一緒だね…」なんて言いながら、
やっばい、バレた!?と思いつつ、
なんとか、その場を切り抜けた?のであった。

 

ラッピングに気を付けろ!

デパートのロゴが入った包み紙は、まずい。
Amazonの箱のまま、渡すわけにはいかない。

去年と同じ袋も、使えない。

クリスマスプレゼントのラッピングに、
こんな落とし穴があったとは!!

お父さんサンタ、お母さんサンタのみなさま、
どうかお気を付けください。

娘には、サンタさんからのプレゼントを、
いつまでも楽しみに待っていてもらいたい。

 

サンタさんへ手紙

とはいえ、我が子が何が欲しいのか?
ふだん欲しいとか、ほぼ言わないので、
わからない………ので、
サンタさんへ手紙を書く方式を去年から導入。

娘は、はりきって、
欲しいものを30個も書いた。
結果、より分からなくなった…。

 

隠す場所も重要

去年までは、押し入れの奥に隠していたが、
絵本「おしいれのぼうけん」の影響で、
最近は、押し入れを、
自分の部屋のように
して遊んでいる。

子どもの手が届かないところに隠さねば…。

クリスマスを前にした、親子の戦い。

クリスマス当日、
娘の笑顔を見ることはできるだろうか。

と、これを書いていたら、娘が起きてきた。

やばいやばい、あいつ、字が読める!
母さんあわてて、こそこそするのであった。

▼ついでに、こちらの記事も…?
我が子に野球のルールを教えるため、
簡単ルールブックを作ったよ