こどもの こと

我が子に野球のルールを教えるため、簡単ルールブックを作ったよ

ルールが分からなくてもいい?

スポーツのルールが分からなくても、
かわいいのは、若いうちだけだぞ―。

あ、でも、よっぽどの美人や、
よっぽどのかわいこちゃんは、別
か…。

が、しかし!

我が娘が、よっぽどの美人や、よっぽどのかわいこちゃんになる可能性は、わたしの娘ゆえ、極めて低いので、やはりスポーツのルールが、いちおう分かる女子になってもらいたい。

というわけで、
母さんは夜なべをして………

子ども向け!

野球のルールブックを作ったよ。
IMG_7963

1ページ目

IMG_7965

まずは、スコアボードの見方を説明。

ホーム・ビジター

▼ホームチーム…
広島でやっている時は、広島がホーム

▼ビジターチーム…
ホームではないチーム

表・裏

▼表…ビジターが攻撃

▼裏…ホームが攻撃

攻撃・守備

▼攻撃…バットを持って打つ方
※点が入るチャンス!

▼守備…守る方
ピッチャー(投げる人)がボールを投げる

※9回が終わった時に同じ点だと延長

2ページ目

IMG_7967

「え?なんで1点入ったの?」
「なんで2点も入ったの?」

子どもには分かりずらい、点の取り方、仕組みを説明。

得点の取り方

▼バッターが1塁、2塁、3塁の順に走って周り、ホームに帰ってきたら1点。

▼ホームランの場合は、塁にいる人が、全員ホームに帰れる。

※塁に人が1人いたら、
バッター+塁にいる人の分で、2点。

3ページ目

IMG_7966

続いて、
BSOのカウントボードについて説明。

B:ボール

ボールが4つになると「フォアボール」
バッター(打つ人)が1塁へ行ける。

※攻撃しているチーム、ラッキー!

S:ストライク

ストライクが3つになると「3審」で、バッター交代。アウトが1つ増える。

※攻撃しているチーム、残念!

O:アウト

アウトが3つになると、
「スリーアウトチェンジ」

攻撃しているチームと、
守っているチームが交代。

※表だったら、その回の裏へ
裏だったら、次の回の表へ

※攻撃しているチーム、残念!

4ページ目

IMG_7964

最後は、守備のポジションと、
守備番号
について説明。

それよりも先に、ファールも、2カウントまでは、ストライクになる。とか教えたほうがいいのだろうか?と思いつつ………

将来的には、「643のダブルプレー」と「463のダブルプレー」の違いが分かる女子になってもらいたいという母の願望。

ポジションと守備番号

1番:ピッチャー
2番:キャッチャー
3番:ファースト
4番:セカンド
5番:サード
6番:ショート
7番:レフト
8番:センター
9番:ライト

※打つ順番と、守備の番号は別!

野球のルールは難しい…

サッカーや、バスケットも、いろいろ細かなルールはあるけれども、ゴールにボールが入れば点が入る!というのは、子どもでも感覚的にわかる。

が、しかし!
野球のルールは、そう単純ではない。

「スクイズ」とか、「満塁策」とか、攻め方、守り方などの作戦も、上げるとキリがない。

「DH」とか、「クリーンナップ」とか、「643のダブルプレー」以前に、覚えるべき用語も、たくさんある。

が、とりあえず…

基本のルールは覚えてもらいたい

そう思い、母さんが夜なべをして、第6戦前に完成した、ルールブック。

今年の日本シリーズは、残念ながら第6戦で終わってしまった…。

来シーズンまで、
これ、失くさず取っておけるかな…。

日本シリーズを見ながら、

「ストライクって、なに?」
「スライダーって、なに?」
「コープさっぽろって、なに?」

質問攻めだった娘…。

「コープさっぽろ」は、野球の試合とは関係なく、広告だよ!たくさんお金を払うと、球場に広告を出すことができて、試合を見た人に宣伝できるんだよ。

オットは、すべてきっちりと、
娘に説明をするのだ。

ついでにこちらも
作業療法士に聞いた、逆上がりなどの教え方!練習の方法、コツは?運動神経が悪い子ども向け と書くと、 なんだか、やるせない気持ちにもなるが、 この記事は、運動神経が悪い子向け!である。 ...