食もろもろ

週末の手抜きランチにレトルトソースでパスタパーティーが楽しい

本日のブログざっくりまとめ

▼数種類のレトルトソースを一気に温め、
週末の昼ごはんは、パスタバイキング状態。

▼これ、簡単、手抜き、楽ちん楽しい。

▼ゆえに、オススメではあるが、
唯一の問題は食べ過ぎてしまうことである。

(自分のさじ加減で、どうとでもできる問題)

週末の昼ごはん麺類になりがち

みなみなさま、週末の昼ごはんは、

いったい何を食べているのでしょうか?

我が家は、気を抜くと麺類になりがちなのですが、

これは、あるあるですか?なしなしですか?

うどん?蕎麦?

ラーメン?焼きそば?

娘6歳に、何がいいかを尋ねたところで、

うどんとしか答えが返ってこないので…。

ついでにこちらも
夫が妻に言ってはいけない言葉「なんでもいいよ」どの家庭でも、1度や2度、 いや、日々くり返されているだろう会話。 それが……… 何食べたい? この「何食べたい?」には...

娘には聞かず、母さん、手を替え品を替え。

休日はパスタパーティーで楽する

で、我が家が、たまにやるのが、

“レトルトソースでパスタパーティー”という

タイトルそのまんまのやつなのですが。

コレ、簡単な上に、若干のパーティー感も出て、

なんとな―く楽しいので、オススメです。

用意するものは………

お好みのスパゲッティの麺に、

お好みのレトルトパスタソースを数種類

今回は、こちらのラインナップ!


パスタレトルトソース一覧

西友のプライベートブランド

「みなさまのお墨付き」で、若干のケチった感。

パスタを茹でる

たっぷりのお湯に、お好みの量のパスタを…。

我が家は、年々太っていくオットがいるので、

3人分で、350グラムの乾麺を…。


自宅でパスタを茹でる

茹であがったら、即、ザルで水を切り、

バターか、オリーブオイルを和える

麺がくっつかないようにするために、これ重要。


茹でたてのパスタにバター

マヨネーズじゃなくて、バターだからな!

否、バター風の商品、その名も………

チューブでバター 1/3 160g 【冷蔵】明治(1パック)


by カエレバ

乳等を主要原料とする食品」だからな!


バターのような乳製品

ここでも、若干のケチった感。

レトルトパスタソースを温める

同時進行で、ソースの湯せんもお忘れなく。

大きなお鍋で、一気に4種類を温めまして、

それぞれ、お皿に盛りつけたところで…。


レトルトパスタソース種類豊富

あとは、お好みで、いただくのみ!

気分は、パスタバイキング

見た目を意識して、パセリを振ってみたパスタ。


パスタの麺完成

自分で自分のお皿に、好きなだけ麺をよそって、
好きなだけ、ソースをかけて食べる

娘6歳、まずは、ミートソースから!


子ども用ミートソースパスタ

自宅にいながら、いろんな味のパスタが楽しめる。

さいこう。バイキングだ!食べ放題、選び放題だ!

しかも、最近のレトルトソースってやつは、

かな―り、バリエーションが豊富!!

パスタビュッフェ状態

自宅にいながら、気分はパスタビュッフェ。

と、ここで!オット氏のリクエストにより、

まさかの麺を100グラム追加。

追加分は面倒なので、レンジでチン。

レンジでパスタファミリー用


by カエレバ

と3人で450グラムって、成長期でもあるまいに。

結果、食べ過ぎる…

そうなのだ!これが、唯一の問題なのだ。

レトルトソースでパスタパーティー、

簡単!たのしい!おいしい!結果、食べ過ぎる。

お店では、考えられぬような量の麺を、

食べてしまった結果………うれし苦しむのだ。

パスタは、オナカに貯まるのだ

家で、週末の昼に山盛りパスタを食べたら最後、

出不精の母さんは、もう家から出たくなくなり、

ああ、目指すは、おデブ一直線!

………たまには許せよ、炭水化物祭り!

子どもも喜ぶ!パスタランチ

娘6歳、4種のパスタソースに浮かれるも、

結局、ミートソースしか食べず…。

結果、おいしいのは、父さんと母さんが独占!

ちなみに、今回の自分的1位は、コレ。

S&B 予約でいっぱいの店の海老のアメリケーヌソース 140g×5個


by カエレバ

………エビ、うまい。

エビも美味しく生まれ変わって本望であろう。

エビにも、いろんな人生がある!

と分かったところで、本日は以上。

人生じゃないか、エビ生か…。エビスの生みたい。

休日ランチパスタパーリー、ぜひ!お試しあれ。

▼青の洞窟シリーズは、間違いないとのウワサ。

青の洞窟 SHIBUYA BOXセット パスタソース7種(ボロネーゼ、カルボナーラ、蟹のトマトクリーム、アラビアータ、ポモドーロ、ボンゴレビアンコ、ポルチーニクリーム)


by カエレバ

▼ついでに、著者をフォローしてみる