もろもろ(時にヲタ)

2017年振り返り!今年の漢字は“新”

本日のブログざっくりまとめ

▼誰も興味がないだろうが、
わたしの今年1年を振り返ってみました。

▼たまには、足を止めて、
振り返ってみるのも、大切に違いない。

▼とりあえず、未来は明るいと信じたい。
除夜の鐘

2017年も終わりますね…

そうですね。

先日、ああ、今年も終わるなぁ…
今年中に、やらなければならないことが、
まだたくさんあるなぁ…と思いつつ、
去年の年末の自分のブログを読んでいたら…

去年の年末のブログを読んでいる場合ではない
ということは、さておき、
こんなことが書かれていて驚いた。

 

2017年は“新”

本気かよ!自分…………。

ここ数日、2017年を振り返っていたのですが、
結果、わたしの今年1年を表す漢字は、
“新”だ!
という結論に、
誰も興味ないだろうが達したのだ。

………知らんがな。

 

新たな出会い

今年は、とにかく!新たな出会い。
しかも、今後につながりそうな、
新たな出会いが多かった。

新たな出会いにより、新たな欲がもくもくと
そんな1年だった気がする。

 

イナダミホ

シンガーソングライターの
“イナダミホ”
と出会い、ライブを観に行き…

ついでに、デートもした。

似ているところと、まったく違うところがある、
“イナダミホ”は、わたしにとって、
非常に、興味深い生き物であり、たぶん…。

今後、彼女とは“なにか”をすることになる。
いまはただ、そんな予感のみ。

 

松村早希子

画家・イラストレーター(アイドル好き)の
“松村早希子”
さきちゃんと出会ったのは、
米原康正さんの個展であった。

米原康正という男は、その場にいる知り合いを、
片っ端から紹介するのだが、
その中の一人が、さきちゃんだった。

その場で別れ、名刺交換して終わりかと思いきや、
個展後に訪れたカフェで、隣の席に
座っていたのが、なんと、さきちゃん。

お互いマイペースゆえ?だいぶスローではあるが、
さきちゃんとも“なにか”をする予定が進行中

※ちなみに、吉本ばななさんの、
「さきちゃんたちの夜」の
“さきちゃん”という名前は、
彼女がモデル?
になっているそう…。

さきちゃんたちの夜 (新潮文庫)
by カエレバ

とはいえ、作中の“さきちゃん”と彼女は、
まったくの別物?
で、あくまで名前を付ける際に、
友達の友達であった彼女の名前が使われたそうな。

………なんとも、うらやましいといいますか!
ただただ、すげぇ話である。

だって、あの吉本ばななさんですよ?
あとがきにも、さきちゃん(画家)のことが!!

 

ねんざBせんせい

共通の知り合いがいたものの、
Twitterを介して知り合い、
まさか、こんなにお世話になるとは…。

わたしにとってのブログの先生であり、
同い年の異性ではあるが、ゲス的な要素はなく、
もはや何でも教えてくれる、仏のような存在

周りにいる人が皆、口を揃えて「優しい」と。

そんなねんざさんと“なにか”をする予定はないし
“なにか”が起こってしまったら、大変だ。

 

常に新しいこと

ほかにも、たくさんの出会いがありました。
たくさんの新たな挑戦もできました。

生きている限り、
常に新しいことに挑戦していきたいし、
新しいことを、挑戦もせず否定するような、
そんな年の重ね方はしたくないよな…と。

 

2018年は“変”

言い切ってしまう怖さはあるが、
来年は、わたしにとって、
たぶん、変化の年になる気がしている

変わらぬこともありつつ、変わることもある。

そんな1年になるような…って、
あくまで予感だし、知らんがなの連発だし。

………大みそかなので、許してほしい。と
書いたところで、大みそかとはいえ許しがたい。

 

好きなことだけ、していたい

年を重ね、どんどん、わがままになってきた。

「パトラッシュ………
もう好きなことしか、したくないよ。」

ほどよく好きな仕事をして、
あとはひたすら、家族とのんびり。

………という生活には、ほど遠い。
母さん、まだまだ稼がねばならぬのだ。

 

見た目の老化・感性の老化

見た目の老化は、致し方ない。
だって、年を重ねているもの。主婦だもの。

が、しかし!
感性の老化は避けたいものだ!と、だから、
わたしは、恐れず手を出していきたいのだ。

何が出るかなボックスに、
アイマスクをした状態で手を入れて、
それで決まる未来が、あっていい。

って、年の瀬テンションで、
いよいよ、わけが分からない。が!
とりあえず、いま分かることはひとつ。

これ、後で読んだら、絶対に恥ずかしいやつ。

※最後まで読んでくださった方々、
今年一年?ありがとうございました。

来年も、ゆる―く、ぬる―く、
更新していく所存でありますゆえ、
どうか、たまには、お付き合いください。

 

▼ついでに、著者をフォローしてみる