家の こと

オットの実家でも遠慮なく食べ飲みすぎる、図太い嫁であれ!

本日のブログざっくりまとめ

▼そうはいっても、そうはいかない場合も、
多々あるのであろう、ということは分かりつつ…。

▼オットの実家で何もしない、ずぼらな嫁です。

▼なんとな―く、許されていることが、
いかに、当たり前ではないか。ありがたや。

新婚さん、いらっしゃい!

考えるキッカケとなったのは、
最近、結婚した友達から届いた、こちらのLINE。

嫁姑問題のLINE

図太くいった方が、後々らくだよ―」って、
なんて無責任な返信を………が、しかし!

これは、結婚歴たぶん8年の、わたしの本音である。

オットの実家へ帰省

オットの実家は、だいぶ遠方につき、
帰省するのは、1年に1度ほど…。

と、ここで!はっきりと書いてしまおう。
わたしは、オットの実家では、何もしない

何もしない、手伝わない嫁

幸いなことに、義父さん、義母さん、
まだまだ、元気元気である。

元気なうちは、甘えておこう。
元気なうちは、おまかせしよう。

だって、家には家ごとのルールがある

ついでにこちらも
他人と他人が結婚して“新”我が家のルールが出来ていく…。本日のブログざっくりまとめ ▼オットが育った、家のルール。 わたしが育った、家のルール。 他人同士だから、 まったく一緒だなんて...

夫婦は他人。義父さん、義母さんも他人。
下手に手を出して、逆に、わずらわせても!?

優しい義両親

幸いなことに、義父さん、義母さんは、
とっても、優しい人たちである。

「パジャマ貸してくださ―い!」
「これ、一緒に洗ってもいいですか?」
「荷物、後で送ってもらってもいいですか?」

うん。わたしはとても、運がいいのかもしれない。

嫁と姑の関係

そうはいかんがな!という場合が、
きっとたくさん、あるのであろう。

嫌みを言われる、近所すぎる、同居…遠い目。

誰かと長い時間を過ごすというのは、
それなりに、覚悟が必要だったりもして…。

健康なうちはいいけれど…

義父さん、義母さん共に、まだまだ、
元気だから、いいものの………。

もし、介護が必要になった時は!?

うむ。こんな呑気なブログが書けるのも、
今だけかも
しれない。

今はまだ、想像できないようなことが、
これから、待ち受けているのかもしれない。

“気を遣う”の無限スパイラル

いや、もう少しばかり、気を遣うべきなのか。

でもさ、お互い気を遣いあっても、
“気を遣う”の無限スパイラル状態で、
疲れるじゃないですか。鈍感力!

図太い嫁であれ

今ここにある奇跡、恵まれた環境に甘えて、
いけるところまで、図太い嫁を貫きたい

って、どんな決意だよ?
去年も帰省した2泊3日で、2キロ太りまして…。

何もしなくても食べ物が出てくるだなんて、
本当に、今ここにある奇跡なんだな…と。

初めて、オットの実家へ

と、ここでふと思い出した。

わたしは、結婚が決まり、
初めてオットの実家へ行く前日に泣いたのだ。

その泣いた理由が、とてつもなく、くだらない。

涙の理由

「もし、夜ごはんの量が足りなくて、
夜中に、オナカが減っちゃったらどうしよう!

そう言いながら、わたしは声を出して泣いた。
おいおいおい、不安定かよ。

主役は孫

義父さん、義母さんにとって、
主役は、我が娘7歳、つまり孫である。

嫁が、鼻ほじって、ごろごろしていようが、
孫が、かわいければ、オールOK!?

………わたしは、甘えている。
そのうち、ばちが当たるかもしれない。

今ここにある奇跡が、
できるだけ、長く続きますように。

さすがに、鼻はほじらない

なんとなく「鼻ほじって」と書いてしまったが、
さすがに、鼻はほじらない。

って、この釈明もいらない。

義父さん、義母さんが、おいしい朝ごはんを
用意してくれる中、パジャマ姿すっぴんで、
のそのそリビングに行き、茶をすする。

義父さん、義母さん、こんな嫁でごめんなさい。

嫁と姑DX 2018年4月号[雑誌]
by カエレバ

▼ついでに、著者をフォローしてみる

※著者に一言、言いたい!ほか、
お問い合わせも、Twitterまで………。