もろもろ(時にヲタ)

自分年表を作ってみたら、脳みそが大変なことになった…

一緒に仕事をしている女の子に、
自分年表をまとめてみたら?と提案した。

言うは易く、行うは難し。
人に言ったからには、自分も実行せねば…と、
成人するまでの20年間を振り返ってみた。

 

1979年12月17日

埼玉県に生まれる

 

1980年(0歳)

名前の候補は、他に「ゆき」があった。

 

1981年(1歳)1982年(2歳)

※不明
今度、両親に聞いてみようか。
いや、覚えていないとか言われそうだ。

成長記録(育児日記)をオススメする理由 : 放送作家りん の ブログ

1983年(3歳)

海なし県生まれ、初めての海水浴。
IMG_9731

………サンタフェ

 

1984年(4歳)

お絵描き好きだったが、
大きな紙をもらっても、
いっつも片隅に小さな絵を描いていた。

 

1985年(5歳)

幼稚園入園
トランポリンの上でよろけて、
まさしくんの上に倒れ込む
という、
少女マンガのようなハプニング。

この頃の将来の夢:本屋さん

 

1986年(6歳)

小学校入学
靴のサイズが16だったため、
上級生から「ジューロック」と呼ばれる。

 

1987年(7歳)

近藤真彦さんが「愚か者」を歌う姿を、
ビデオに録画する。
(はじめてのビデオ録画)

 

1988年(8歳)

習字、歌、英語、バレエ、スイミング
バトントワリング、エアロビクス、
ピアノ
を習っていた。
どれ一つとして、今の役に立っていない。

 

1989年(9歳)

スキー場に向かう車中、ラジオで、
新しい元号が
平成になったというニュースを聞く

 

1990年(10歳)

初めて買ったCD「おどるポンポコリン」

お父さんの焼きそばに輪ゴムを混ぜる
という、いたずらをするも、
父が食べる直前に、良心の呵責を感じ、
食べちゃダメ!」と叫ぶ。

 

1991年(11歳)

小5後半にして、初めて跳び箱が飛べた。
「りんが跳んだ」と学級新聞の見出しになる。

この頃の将来の夢:弁護士

 

1992年(12歳)

中学校入学。
テニス部に入部。
駅のホームに一列に並ばされて、
先輩から怒られるという時代を感じる思い出。

 

1993年(13歳)

Jリーグ開幕。
三浦知良選手と仲良くなるために、
武田修宏選手と結婚したい
と考えていた。

この頃の将来の夢:スポーツ新聞の記者

 

1994年(14歳)

同級生と「サバの味噌煮」という
お笑いコンビを組んで、
ロンドンブーツ1号2号や、
フォークダンスde成子坂のネタを
コピーしていた。

この頃の将来の夢:音楽雑誌のライター

 

1995年(15歳)

高校入学
数Bが分からなすぎて、
机の間に、布団を敷いて寝た思い出。

この頃の将来の夢:放送作家

 

1996年(16歳)

真冬なのに、なぜかかたくなに
コートを着ることを拒否して、
案の定、風邪をひき、友達とケンカ。

 

1997年(17歳)

恋は下心、愛は真心」とか、
「LOVEは、LがListen=相手の声を聞く
OはOverlook=相手のことを大目に見る
VはVoice=声をかけること
EはEffort=努力すること」とか、
そんな中二病的なことばかり考えていた。

IMG_9732

この写真、よ―く見ると、手の甲に、
マジックで「楽しい」と書いた跡がある。

………怖い。
稲川淳二さんの怪談レベルで怖い。

あと、白目が白すぎて怖い。
ピンポン玉か、なんか埋め込んだみたいだ。
………怖い。

1998年(18歳)

上京。
上北沢と下北沢の距離を知る。

 

1999年(19歳)

過労?のため、
新宿のドラッグストアで倒れる。
この時、死んでいたら、最後の言葉は、
コンタックは、どこですか?」だった。

 

2000年(20歳)

代々木駅周辺にある、
公衆電話の数を数えるという、
果てしない仕事の思い出。

今となっては、
公衆電話を見つける方が大変だから、
この仕事の過酷さが、まるで伝わらない。

 

お礼と謝罪

さてと、振り返ってみたところで、
どうしようか。

ああ、そうだ。
ここまで、読んでくださった貴方に、
お礼を言わなければならない。

わたしごときの、何も役に立たない、
つまらない半生の振り返りに、
お付き合い頂き、ありがとうございました。

無駄な時間を、過ごしてしまいましたね。
後悔先に立たずとは、このことですね。

明日の貴方に、幸あれ。
心より、お祈り申し上げます。

▼ついでに、こちらの記事も…?
これが私の37歳の誕生日の過ごし方 : 放送作家りん の ブログ
▼ついでに、著者をフォローしてみる