こどもの こと

小学校の給食試食会に行ってきた…献立は1番人気のカレー!

本日のブログ・ざっくりまとめ

▼小学校の給食試食会があるとの知らせ。申し込んで、抽選で当たったら、給食が食べられるって?そんなの、もちろん申し込むに決まっている。

▼みごと、抽選に当たったのか?単に、申し込み人数が少なかったのか?294円払って、給食を食べてきた。献立は、一番人気だというカレー他。

▼なに、この本格的な味。と思ったら、ルーを作るのだけで40分!?給食って、すげい。もう感謝しかない。

給食試食会へ

朝ごはん、ほぼ抜きの状態で、給食試写会へ挑む、食い意地の張った、おばちゃん。

給食試写会って、なんだ。
試食会だ。試写して、どうする!?

ランチルームにて

ランチルームと呼ばれる部屋で行われた、今回の給食試食会。

足を一歩踏み入れて、気が付いた。あ。知らない、お母さんだらけだ…。ちょこんと座り、始まりの時を静かに待った。

ママ友コミュニティ

目の前に座った、お母さん2人が、キャンプの話を始めた。牛乳パックで、パンを焼くらしい。

インドアな母さんは、ついていけない!どころか、あいづちを打つタイミングも分からない。

静かに待つ間に、メルカリの出品が完了した。

開会宣言

誰かわからない、おえらい人の話、副校長先生のお話、給食業者の方のお話、話続きで、なかなか給食にありつけない。

………お腹が減った!MAX!!
TORA TORA TORA!!

メニューは…!?

・ポークカレーライス
・こんにゃくサラダ
・牛乳
・りんごゼリー   
ひゃっほ―い。

………でもな。
わたしは、子どもの頃、給食のカレーが、あまり、好きではなかったのだ

とはいえ、腹ぺこりんMAXの今なら、なんでもいけるぞ、どんとこい。

TORA TORA TORA!!

平成29年・東京の給食

ずで―ん。

小学校の給食のカレー
特に驚きも突っ込みどころも何もない、至って、想像通りの給食が目の前に…。

が、しかし!食べてみて驚いた。
………このカレー、おいしい。

あの #ハードコアカレーシンガー の、手作りカレーほどではないが、なにこれ、おいしいではないか!!

ついでにこちらも
ゴスペラーズ・黒沢薫さんのお宅にて、お手製のカレーを頂いた本日のブログざっくりまとめ ▼ツィッターを介して再会! あの!ゴスペラーズ黒沢薫さんのお宅にて、 なんと!お手製のカレーパーティー...

甘さの中に複雑なスパイス

わたしが、子どもの頃に食べていた、ただ甘いだけの給食のカレーではない。なんだか、とても複雑な味がする。

と、いただいた資料の作り方を見て驚いた。

ルーだけで40分

ルーも、すべて手作り。小麦粉、米ぬか、バターを、弱火で40分炒め、カレー粉を加えているとな。

………なんですか、その手間。

カレーの材料は………

油/にんにく/しょうが/セロリ/玉ねぎ/豚肉/にんじん/鶏がら/ローリエ/じゃがいも/レンズ豆/トマトピューレ/りんご/白ワイン/フルーツチャツネ/塩/こしょう/中濃ソース/しょうゆ/バター/小麦粉/カレー粉

………うん、そりゃあ複雑な味がするわ。と、納得!ってか。

………なんですか、その手間。

学校給食って、すごすぎる

約450人分の給食を、7人で作っているんですって。

化学調味料や添加物は、一切使わないんですって。

野菜や果物は、一つずつ手洗い、しかも、それぞれ3回洗うんですって。

調理員、および栄養士の方は、ふだんから食生活に配慮しており、生牡蠣、生肉、生卵は、一切食べないんですって。

ありがとう!給食

食中毒など集団感染を防ぐためには、致し方ないとはいえ、TKGも馬刺しも食べられないだなんて。

おいら、給食を作る人にはなれないす。そして、ただただ、給食に感謝しかない。

おかわりも自由

貴重なお話をお聞きしつつ、腹ぺこりんMAXの母さんは、カレーをもぐもぐと。

「おかわりもあります」と言われたところで、お母さん方皆、遠慮して行きやしない。

そんな中、わたしは、必殺「ルーだけおかわりください」…出た!

アウトドアな、お母さん方と、コミュニケーション取れないくせして、カレーは、おかわりするんだな。こええ。

TORA TORA TORA!!

給食試食会、ばんざい!

ひっさしぶりに、牛乳200mlも飲んだ。おなか、いっぱい。

次は、カレーじゃないものが食べたい。って、本気でオナカを満たそうとするな。

給食費は月に約4千円

夏休みが始まり、と同時に、毎日学童、お弁当生活が始まった。

娘6歳「ママ、夏休みってさ。給食のお金がかからないからお得だよね!」

いやいや、母さんは、4千円払っても、毎日、給食がありがたいんだよ?

週に1度はスペシャル弁当がいい」だと!?スペシャル弁当って、なんだ!?

………嗚呼、給食に感謝しかない。

▼ついでに、著者をフォローしてみる