食もろもろ

日清どん兵衛 スパイスカレーうどん 〆は白飯で決まりだ、コレ

日清どん兵衛スパイスカレー味食べずにはいられないアイキャッチ画像

2019年1月21日 新発売!

毎度おなじみ、みなさまのお墨付き「西友」にて、気になるものを発見してしまいました。そして………。

放送作家りん
放送作家りん
思わず、買ってしまいました。

ハードコアカレーシンガーやら、カレーベイビーやらの影響で、すっかりカレー沼にハマってしまったおばちゃん、ついつい…。

日清どん兵衛×スパイスカレー

時々無性に食べたくなるでおなじみの、どん兵衛の、しかも!スパイスカレー味だなんて。

日清どん兵衛スパイスカレー味パッケージひ、惹かれる…。

大阪発祥!今、話題のカレー

カツオとチキンのWだしカレーうどん

クセになるあとがけ本格スパイス付き

なんて書かれた日には、もう………。

放送作家りん
放送作家りん
逃れられないよ…。

スパイスはクセになる!

買ってしまったが、サイゴ!体がスパイスを欲している。と、翌日のランチタイムに迷わず…。

日清どん兵衛スパイスカレー味粉末スープかやくスパイスブログに書くことを意識した写真

そして、開けた瞬間!わたしは自分の未来が、わかってしまったのだ。予知能力者になったわけでは、もちろんない。

放送作家りん
放送作家りん
これ、絶対にサイゴに白いごはん入れちゃうやつ!

自分次第で、どうとでもなる未来だが、わたしは確信していた…。

ついでにこちらも
無印良品のカップ麺グリーンカレー味-〆は白飯で決まりだ、コレ…。現在、爆売れ中! 無印良品から今年の夏に発売となったグリーンカレー味、バターチキン味のカップラーメンが、爆売れとのウワサ。 ちょ...

と、なぜか、かっこつけて書いてみた。

気になるあとがけスパイス付き

まずは、先入れの粉末スープを…。

日清どん兵衛スパイスカレー味粉末スープを入れたところ黄レンジャー!

漂いますのは………。

放送作家りん
放送作家りん
嗚呼、カレー臭!

次いで、かやくを…。

日清どん兵衛スパイスカレー味かやくには卵も黄色は卵

スパイスは、食べる直前に!ということで、お湯を入れまして………。

お湯を入れ、待つこと5分

ほら、おいしくないわけがない。

日清どん兵衛スパイスカレー味お湯を入れて5分で完成匂いが、すでに…。

仕上げに、あとのせスパイスを…。

日清どん兵衛スパイスカレー味あとのせスパイス入れてみた漂うスパイシー

調子にのって、箸上げ画像なんてものを撮ろうとしていたら、ピンポーン!いつもの宅急便のお兄さんがやってきた。


が、あきらめることなく、箸上げ画像を撮ったところで………。

日清どん兵衛スパイスカレー味麺がつるしこ右手に箸、左手にスマホ

大阪発祥!スパイスカレー味

放送作家りん
放送作家りん
いただきます!

とりあえず、一口目!

放送作家りん
放送作家りん
どん兵衛の麺は、裏切らない。

次いで、二口目!

放送作家りん
放送作家りん
あとからやってくる、スパイシー!

これは、た、た、たまらない。

放送作家りん
放送作家りん
大人の味!

お湯を入れるだけで、簡単にスパイスチャージできちゃうなんて!と、ここで!追い青ネギ。

日清どん兵衛スパイスカレー味青ネギトッピングまさに”万能”ネギ
放送作家りん
放送作家りん
味変のタイミングが早過ぎる!

気になるカロリーは?

1食あたり、369キロカロリー

日清どん兵衛スパイスカレー味カロリーチェックはするが、気にはしない

だけども、しかし!

放送作家りん
放送作家りん
スパイスが入っているから、カロリーゼロ!

まちがいない。あとから続々やってくるスパイシーが、体を燃焼させてくれる…はず。

レンジでチン!お米追加!

麺を食べ終えたところで………。

放送作家りん
放送作家りん
これ、絶対にサイゴに白いごはん入れちゃうやつ!

考える間もなく、白飯を投入していた。

日清どん兵衛スパイスカレー味残ったスープに白いご飯冷凍ごはんチンしてスタンバイ済

だ、だって………まちがいない。
ついでに、粉チーズも。

日清どん兵衛スパイスカレー味白いご飯と粉チーズ粉チーズも万能

だ、だって………まちがいない。結果!

放送作家りん
放送作家りん
完食してもーた。

たたみかけるスパイシーに、鼻をすすりながらも、途中一切の迷いなく完食。そりゃあ、行列のできるカレー店の味とはいきませんが、しかし!

放送作家りん
放送作家りん
お手軽、スパイスチャージ!

炭水化物+炭水化物=アホをしなければ、369キロカロリー!に加え、新陳代謝も上がる気が!

放送作家りん
放送作家りん
カレーは、裏切らない。

以上、サイゴに白いご飯を投入するかどうかは、あなた次第!でした。

▼ついでに、著者をフォローしてみる