東京近郊・子連れ遊び場巡り

家族で横浜トリックアートクルーズ!所要時間は?料金は?

横浜トリックアートクルーズへ行ってきたアイキャッチ画像
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

家族3人・横浜へ小旅行

先日、わたしの仕事の用事(と言ってもライブを見るだけの、楽しいしかないやつ!)で、横浜へ行くことになり…。

放送作家りん
放送作家りん
せっかくだから、みんなで横浜へ行く?

何がせっかくなのかわかりませんが、我が娘8歳、小学3年生。

放送作家の娘
放送作家の娘
行きたい!

ということで、いざ週末の横浜へ!

横浜・子どもの遊び場が豊富

それにしても、横浜という場所には、子ども~未就学児から楽しめる施設が、いっぱいありますね。

パッと思いつくだけでも…。

・アンパンマンこどもミュージアム
・カップヌードルミュージアム

・横浜コスモワールド
・オービィ横浜

・親子の室内あそび場「キドキド」とボーネルンドショップが融合した、あそびのせかい マークイズみなとみらい店

・中華街には、ベビースターランド

そして!
2019年注目の新スポットといえば…。

横浜駅直通「アソビル」

横浜駅直通の複合型体験エンターテインメントビル「アソビル」が、2019年3月15日にオープン!

放送作家りん
放送作家りん
大人も子どもも、うんこだいすき!

大人気の「うんこミュージアム」はもちろん!大人も子どもも楽しめる、ワークショップも多数ということで…。

放送作家りん
放送作家りん
混雑が落ち着いた頃に行きたい。

というわけで…。

今こそ狙い目!みなとみらい

目指すは、みなとみらい線、みなとみらいエリア!と、週末にも関わらず、全体的にそこそこの人の量で、ちょうどええ。

放送作家りん
放送作家りん
もしや、アソビルの影響?

大道芸のスタンバイ中の方を眺めつつ…。

横浜みなとみらいエリアの大道芸人体中にペンキを塗りたくっているところ

クイーンズスクエア横浜のデッキで、まずは腹ごしらえ。からの…。

コスモワールドで、ひと遊び

ほぼほぼ並ばずに、アトラクション

我が子と一緒に、わーわー叫んだり、水陸両用バスを眺めたり…。

放送作家の娘
放送作家の娘
水陸両用バスって乗るのより、見ているほうが楽しいよね。

と、ここで母さん時間切れ。ライブ会場へ向かったわけですが、父娘の2人はというと?

横浜トリックアートクルーズ

トリックアートが楽しめるという、横浜トリックアートクルーズへ。

横浜トリックアートクルーズ館内マップExit Through the Gift Shop

館内は、大きく5つのゾーンに分かれていて、写真を撮ったり、トリックアートを楽しめる施設なんだそうです。

入館料は大人700円小人500円

・大人(高校生以上)700円
・小人(4歳~中学生)500円
・3歳以下無料

つまりは、父娘親子で1200円を払って、いざトリックアートの旅へ。

写真を撮りつつ…所要時間は?

ライブ会場の母さんの元へ、届くは、楽しそうしかない写真の数々…。

横浜トリックアートクルーズで撮影した写真1顔の演技をしている
横浜トリックアートクルーズで撮影した写真2顔の演技をしている
横浜トリックアートクルーズで撮影した写真3実母に送ったら「不気味」と嫌がられた写真

いや、母さんだって…負けじと、笑ったり、泣きそうになったり、いろんな感情を味わっていたわけですが…。

放送作家りん
放送作家りん
楽しそうだな、おい。

あとで聞いたところ、所要時間は?

・写真を撮りつつ、ふつうに巡れば、30~40分ほど

・こだわって、ていねいに写真を撮っても、1時間程度

なるほど!みなとみらいエリアには、遊び場がたくさんあるので、合間にふらっと寄るのにも、ちょうど良さそうですね。

三菱みなとみらい技術館

母さんがライブを見ている間に、次いで父娘は、すぐご近所の「三菱みなとみらい技術館」へ。

放送作家りん
放送作家りん
楽しそうだな、おい。

こちらの入館料は、大人500円、小学生200円、親子700円で、いろんなゲームやワークショップなどの体験もできるそうです。

1900円で3時間以上満喫

母さんと別れてから、再び合流するまでの、およそ4時間を満喫した娘8歳、母さんに会うなり…。

放送作家りん
放送作家りん
とりあえず、早口!

楽しかった数時間の説明を、ちょう早口でしてくれたのですが…。

放送作家りん
放送作家りん
楽しかったということは伝わった!

さて、満喫した後は、せっかくだからと?

元町中華街で夜ごはん

なかなか来られない場所なので、とりあえず中華街でごはんを!という観光客の発想。

お目当ての「謝甜記 貮号店」は、夜ごはんにしては少し早めの18時だというのに、大行列。

ついでにこちらも
横浜中華街【謝甜記(シャテンキ)貮号店】お粥ランチデート本日のブログざっくりまとめ ▼平日の真昼間から、中華街デートだなんて。………ヒマかよ。贅沢かよ。最高かよ。 ▼謝甜記 貮号店の名...

泣く泣くあきらめた結果!


注)正しくは梅蘭!

オナカの皮が悲鳴を上げるくらい食べて食べて、おうちへ帰りましたとさ。

放送作家りん
放送作家りん
横浜、さいこう。

渋谷から、急行で40分弱で行けるにも関わらず、小旅行気分も味わえるだなんて…。

放送作家の娘
放送作家の娘
120センチ超えたら、また行きたい!

120センチ以上のアトラクションに乗れないことを嘆き続けた我が娘が、120センチを超えた際には、また…。

放送作家りん
放送作家りん
予想!1年半後…。

その頃には、アソビルも落ち着いているだろうか?以上!ありがとう、横浜でした。

▼ついでに、著者をフォローしてみる