こどもの こと

【子どもの髪型】女の子は、ぱっつんおかっぱが最強説!我が子の記録

本日のブログざっくりまとめ

▼髪の毛を伸ばしたい、我が子。
おかっぱ頭が似合うと信じる、母さん。

▼我が子の意志を尊重してあげたい。
とか書きつつ、ああ、親のエゴ。

▼偉そうに書くと、髪の毛を切りたくない!
伸ばしたい!と言う、子どもを説得する方法

ざっくり書くと、母さんが、
いかに娘を説得したか?という話です。

髪の薄さも、赤ちゃんらしさ

我が娘6歳、小学一年生。

生まれた、その瞬間から、髪の毛が、ふっさふさしていたため………

生まれた当日の赤ちゃんの髪型

看護師さんからは「お父さんの髪型、そっくりだね!」と言われたのだが、これ………

「お父さんの髪型、ぼっさぼさだね…」とも捉えられるので、若干ディスられた感もある。

………って、おい。

女の子の髪型は、おかっぱ

生まれて半年ほど経つ頃には、もっさもさに伸びていたので、前髪をカット。

女の子は、おかっぱがかわいい!と、夫婦の意見が珍しく、ぴたっと一致しまして、1歳を過ぎたあたりから、娘の、おかっぱ生活が始まったのだった。

ぱっつん前髪

迷いなく、前髪は、ぱっつんがかわいい!
と信じて疑わなかったので………

【おかっぱ娘。モザイクコレクション】

▼1歳
おかっぱ1歳

▼2歳
おかっぱ2歳

▼3歳
おかっぱ3歳

▼4歳
おかっぱ4歳

▼5歳
おかっぱ5歳

めくるめく、
おかっぱライフ。

モザイクかけておいて、アレですが、1歳の頃から、顔が変わっていない…。

CMに出られるんじゃない?

ちなみに、ぱっつんおかっぱ娘を連れていると、たびたび「CMに出られるんじゃない?」とか、「CMに出ていそうだね!」とか言われるが…

そんなに簡単にCMに出られるわけもなく…母さん、出られるもんなら出てもらって、家計の足しに

………って、おい。

髪の毛を伸ばしたい

ところがどっこい、5歳の夏。娘っこ「髪の毛を伸ばしたい」って、

………なんだって?

「おかっぱかわいいのに…」と、やんわり説得するも、なかなかどうして、意志が固い。

ひとまず「七五三までね!」と、髪の毛を伸ばすことになりまして…。

前髪を切るのは難しい

娘っこ「前髪は切ってもいいよ」と、ぱっつん前髪は引き続き。

まえがみカットサポーター チョイチョイ
by カエレバ

ちなみに、母さんが切るため、時に、大きな失敗をしたりするのだが………

前髪の切り方

テレビ「すイエんサー」でやっていた、“3つのブロックに分けて切る”というやり方を試すようになってからは、だいぶ成功率が上がったような……ただ面倒。

ちなみに、娘っこは前髪を切ると、なぜだか、「きもちい~い!さっぱりする~!」と、湯上がりのOLみたいなことを言う。なぜだ。

すっかりロングヘアに…

最後に髪の毛をカットした日から、1年半。すっかり伸びた髪の毛を、毎朝結うのが、母さんの仕事になりまして………

正直、めんどくさい。そろそろ切りたくならないのかなぁ。………と、淡い期待をする日々。

七五三の着付け&ヘアメイク

そして、11月。
無事に七五三を終えました。

何をもって、無事なのかわかりませんが、着物を着せて、神社に行って、写真を撮った!

女の子の七五三着物

だいぶ、ひと仕事終えた感。
そして………

髪の毛を切ろう!説得するには?

当初の約束だった七五三を終えたとはいえ、娘は、まだ髪の毛を伸ばしたい様子。

が、しかし!
母さんは、説得を試みた。

無理やり押し付けるのではなく、あくまで、娘の意志を尊重した形で、髪の毛を切る方向に、もっていくには?

母さんなりの説得の仕方

ぴか―ん。

我が子の“寒がり”を利用することにした。

「あのさ、冬は寒いよね…。長い髪の毛だと、学校に行くときに、結ばないといけないから、耳が丸出しになっちゃって寒いよね。

だけどさ、おかっぱだったら、耳が隠れて、あったかいんじゃない?

母さん、崖の上に追い詰められた、容疑者を説得するかのごとく。あくまで、おまえのためを思って的な、余計なお世話だ?的な、テンションで…。

船越英一郎さんのごとく…。

この手の説得は、母さんより父さんの方が、だいぶ得意なのだが、母さんなりに、がんばった。

たしかに!

母さんの説得に対する娘の解答は「確かに!」あっさり、あっさりと説得成功

ちなみに「確かに!」は娘の口ぐせで、その内、カニになるんじゃないか?ってくらい、毎日毎日「たしかに!たしかに!」言っている。

いざ、美容院へ!断髪式

娘の気が変わらぬうちに…と、速攻予約。かな―り伸びた髪の毛を………

ヘアアレンジ6歳

ばつっと切ってもらったわけですが、いつでもどこでも、新聞を読む6歳。

池上彰さんに夢中になっている間に………髪の毛は、どんどん短くなりまして。

IMG_5195

やった―、
おかっぱちゃんリターン!

かわええ、がわええ、
やっぱりおかっぱだな。

おかっぱ6歳

というわけで………

冬は耳が寒いよ大作戦!成功

髪の毛を伸ばしたい、切りたくないという、お子さんをお持ちの親御さん!

これ、我が娘は
あっさりだまされて←おい!

くれましたが、何歳まで通用するんでしょうか

使えそうな、おかっぱ誘導法

・シャンプーが楽になるよ
・三戸なつめちゃんかわいいと言い続ける
・ちびまる子ちゃんかわいいと言い続ける
・火垂るの墓を見せる
・クレラップのCMに応募しない?との誘い

火垂るの墓 完全保存版 [DVD]
by カエレバ

シャンプーの練習をしよう!

短い髪でシャンプーの練習してから伸ばそう!………あ、これも使えたかも。

まだまだ、シャンプーが下手っぴで、親の仕上げが必要な、お子さんに、ぜひ!

子どもの意志を尊重しつつ…

我が子の意志を尊重することは、だいじ。尊重したうえで、さりげなく誘導する親のエゴ。

ランドセルの色は、オットがいつの間にやら、誘導した結果のキャメル。

あれ?

ちょっと前に、子どもの自主性を育てるために、できるだけ、手出し口出ししないとか、書いていたやつが、いたような…。

いや、そのうち、いくら説得しようが、止めようが、ミニスカート履いて、髪の毛を染めて、街に繰り出したりするんだろうから、いまのうちくらい………。

ああ、親のエゴ。

▼ついでに、著者をフォローしてみる