仕事の こと

秘密を守る人!守らない人!エンタメ業界の秘密の話!

本日のブログざっくりまとめ

▼秘密を守る人、守らない人、
守らないといけない仕事

………秘密は守るためにある!?

▼ちなみに、娘6歳には…
「母さんが放送作家だということは秘密!
パソコン仕事」と答えるよう言っている。

▼SNSとかで、
なんでもかんでもバレちゃって、
秘密って、いったいなんなんだろうか。

守秘義務

どんな仕事であれ、多少なりとも、守秘義務というが、あるのではなかろうか。わたしの仕事、放送作家も然り…である。

ついでにこちらも
話し上手になるには?現役放送作家が我が子への訓練を始めてみた本日のブログざっくりまとめ ▼女、子供の話は、 オチもなく、だらだら続きがち? って、もちろん例外があることも承知。 ▼娘6...

いま現在も、わたしの胸の内には、人には言ってはいけない秘密が、いくつかある。

秘密は胸の内に…

自分のことだったら、隠すことなんてないやい!と、恥ずかしげもなく、全公開しているが…

ついでにこちらも
我が家の月々の光熱費・公共料金1年分!全公開最近、ふと気付くと、 お金のことばかり考えている、おばちゃん。 やだやだ、 これだから、しみったれた主婦は…。 ついでに...

人が関わることなので、そうはいかない。

わたし、絶対に秘密は守るんで!

比較的ぺらっぺらと、よく動く口を持ち、恥じらいを、イッサイガッサイ、どぶに捨てたおばちゃんではあるが…

ついでにこちらも
ママ友関係がうまくいくコツとは?おばちゃんに、なるべし!本日のブログざっくりまとめ ▼子ども同士が仲良くなると、 お母さん同士も、わずかばかりの、 やりとりが必要になったりするわけで…。...

わたし、秘密は絶対に守ります!

って、自分でブログに書くやつ、信用できな…(以下略)。

情報解禁前

放送作家という職業柄、担当する番組の出演者の情報を、いち早く知ることも、多々ある。

情報を知らないことには、台本も書けないので、当然のことながら、情報解禁前ゆえに、人に言うのは、もちろん厳禁。匂わすのも禁止。

リリースやらイベントやらの情報

そういった秘密情報の中にも、ランクがある。業界内では、言ってもいいやつですよ?なのか、口が裂けても言うべからず?なのか。

そういえば、ネットニュースでよく見る、(テレビ業界関係者)とかって誰なんですかね?

誰か知らないですけど、関係者なら余計なこと言うなよ!って、超小声で。

ここだけの話なんだけど…

ここだけって、いったいどこだけ?

「ここだけの話なんだけど…」で始まる話は、わりと、バレてもいい前提で進むような気も。

情報セキュリティ対策

わたしが、いままでで抱えた一番の秘密は、おそらく、とある有名人の結婚の話である。

一緒に仕事をしていたので、先に報告してくださったが、発表まで、絶対に言ってはいけないと言われ、家族にも、一切言わずにいたのに………。

情報漏えい

SNSなど、一切つぶやいたり、投稿したりなどしないオットにも、悪気なく、電車の中とかで、言ってしまいそうな娘6歳にも、母さん、家族にも言わずにいたのに………。

以上、多くは語らない。

信用できる人

最近言われて、うれしかった言葉。
「あんた、信用できるよ!」

数年前に、とあるアーティストに言われた、「この人は、ウソをつかない方の業界人」という言葉も、うれしかったなぁ…。

わたし、ウソはつかないんで!

否、ウソはつけないんで!
ウソがつけないから、全部言っちゃう。

つ―いつい、余計なことも言っちゃう。秘密って言ってくれないと、全部言っちゃう可能性もあります………おい。

わたし、絶対に秘密は守るんで!

おい、おまえ。書けば書くほど疑わしい…。

が、しかし!秘密を守ることも大切な仕事。ブログに、絶対に書いちゃ―いけない情報が、わたしの胸の内、いや、エラあたりにしまってあるのだが、書かないよ?

おばちゃんの特徴

秘密と言われたら、確実に守るし、仲良しに「最近あれどうなの?」とか聞かれても、ふふふ―んと、鼻歌を歌ってごまかすが、言ってもいいやつは、全力で言っちゃう

「言ってもいいって言われたから言うね!○○さん、離婚したんだって―――!!」全力で言っちゃう!これ、おばちゃんの特徴?否!

なぜ秘密を守るのか?
なぜ秘密を守れるのか?

………考えてみた結果、出たひとつの答え。

怒られたくない

だってだって、大人だって子供だってアメンボだって、みんなみんな叱られるのは、イヤなもんである。

王様の耳はロバの耳

このブログを書いているうちに、なんだか、わたしの胸の内にある秘密を、書いてしまいたい衝動に、二度ほど駆られたが

………いたしません。
だって、怒られたくない。

これからも、細々と生きていきたいのである。

▼ついでに、著者をフォローしてみる