こどもの こと

かぎ針編みは何歳から?小学生の娘に編み方を教えてみたところ…

かぎ針編みは何歳から小学生でもできるのか
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

編み物は何歳からできる?

我が娘9歳、現在小学3年生。初めての編み物は、保育園に通っていた頃でした。

大きなリリアンのような編み機を使って…。

created by Rinker
美術出版サービスセンター
¥1,078
(2020/09/24 12:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

娘が初めて作ったマフラーは今でも大切にとってあります。

子どもが大きなリリアンのような編み機で作ったマフラーところどころに、ほつれ

子ども向け雑誌の付録についていた編み機を使って、編み物をしていた頃もあったっけ。

子ども雑誌の付録の編み機ヘアゴムも作りました

最初の準備と最後の糸の始末は、母さんの仕事ということで……。

放送作家りん
放送作家りん
若干めんどくさいな、と思っていたことを認めます。

コロナで休校!ヒマを持て余す

3月から予想外の長期休暇。多くは語りませんが「要請」により休校中です。

とはいえ、父さん母さん共働きにつき、平日は学童保育へ。朝出かけて、夕方帰ってきます。

放送作家りん
放送作家りん
休校って、なんだろう。

最近学童で、大きなリリアンのような編み機を使っての編み物にハマっているようで、毎日のように持ち帰る棒状の毛糸の束

大きなリリアンのような編み機で作った作品細長いものを大量に…
放送作家の娘
放送作家の娘
140(センチ)あるよ!
放送作家りん
放送作家りん
すごーい。

棒状の毛糸の束を縄跳びに見立て、毎日のように飛び続けた結果……。

放送作家の娘
放送作家の娘
パパの身長くらいになったよ!
放送作家りん
放送作家りん
すごーい。

パパの身長くらいの長さになった棒状の毛糸の束を体中に巻き付けて、いかに動きづらくできるか?の遊びにハマっています。

放送作家りん
放送作家りん
小学3年生、まだまだ子ども。

週末何する?休校中の過ごし方

ただでさえ週末はヒマを持て余しがちな我が家ですが、どこもかしこも閉館だったり、臨時休業だったり…。

まったく外に出ないで1日中家にいるのも不健全だ。かといって、むやみやたらと人が多い場所に出向くわけにもいかず…。

放送作家りん
放送作家りん
ヒマだね…。
放送作家の娘
放送作家の娘
ヒマだね…。
放送作家りん
放送作家りん
かぎ針編みでもやってみる?
放送作家の娘
放送作家の娘
いいねぇ!

もう小学3年生だし、かぎ針編みもできるのではないか?と、かぎ針編みの基本の編み方が載っている本を借りに図書館へ行きました。

ちなみに、わたし自身がかぎ針編みにハマっていたのは20代半ばから後半にかけて…。彼氏なし、ヒマを持て余しがちな独身女性が、お酒ばかり飲んでいるわけもいかないと手芸に手を出すという…。

放送作家りん
放送作家りん
独身女性、手芸に走りがち、あるある!

かぎ針編み きほんの基本

図書館で借りた「かぎ針編み きほんの基本」を眺めつつ、まずは母さんが編み方を思い出すところから……。

放送作家りん
放送作家りん
記憶の引き出しを、片っ端から開ける!

脳みそはポンコツでも、なんとなく手が覚えているものだ…と、いざ!娘相手にかぎ針編み教室。まずは基本のくさり編み。

放送作家の娘
放送作家の娘
むずかしいねぇ。

くさり編みに少し慣れてきたところで、これまた基本の細編みに挑戦。


我が子になにかを教えるのに、必要なのは親の忍耐力である。しばらくすると、細編みもだいぶ慣れてきたようで……。

放送作家の娘
放送作家の娘
最初は難しかったけれど、慣れると簡単だね。
放送作家りん
放送作家りん
調子にのるの、早いな!

とはいえ、アレかもしれない。母さんが編み方を思い出すよりも、娘が編み方を覚える方が早かったかもしれない。

放送作家の娘
放送作家の娘
楽しかったけれど、疲れた。
放送作家りん
放送作家りん
そりゃ、そうだろう…。

気付けば2時間ほど、編んではほどいてのくり返し。だいぶ有意義に時間をつぶすことができました。

かぎ針編みは何歳から?

決して器用とも思えない我が娘(小3)でも、なんとか基本の編み方ができました。

手先が器用なお子さんなら、小学校1年生くらいから、スイスイ編めるのかもしれません。

放送作家りん
放送作家りん
必要なのは親の忍耐力!

作品と呼べるものが作れるようになるのは、まだ先の話になりそうですが……。

放送作家りん
放送作家りん
週末手芸教室、楽しいかもしれない。

図書館へ行き本を借りてきて、黙々と手芸ありかもしれない。とヒマを持て余しがちな我が家の週末の過ごし方に、希望が差したところで……。

もし娘の編み物の腕が上達したら、作品をメルカリで売ったりできるかもしれない!などと母さんの脳内には、どす黒い考えが浮かんだのでありました。

以上!はじめての編み物でした。

▼ついでに、著者をフォローしてみる