仕事の こと

すべてのラジオ好きに読んでほしい1冊『ラジオの残響』川野将一

ラジオの残響がすべてのラジオ好きに届け
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

『ラジオの残響 ヘビーリスナー聴く語り記』川野将一 著

偉大なる先輩が、またとんでもない偉業を成し遂げました。

ラジオの残響_川野将一表紙ラジオとラジオ本

2021年6月17日に出版された『ラジオの残響 ヘビーリスナー聴く語り記』(双葉社)

「テレビの放送作家でラジオのヘビーリスナー」川野将一さんの、2016年出版『ラジオブロス』に続く、“ラジオ本”です。

「ラジオが一番カッコいい」

RHYMESTER(ライムスター)宇多丸さんの帯のコメントがカッコよすぎて、本を開く前から泣けてきます。

ラジオの残響_歌丸帯コメント

ホラ見ろやっぱりいつだって、
ラジオが一番、新しくて
面白くてカッコいい……
なんたって、こんな風に聴いてもらえてるんだから!

ラジオが好きな人(リスナー)はもちろん、ラジオに関わるすべての人が読むべき1冊。“こんな風に聴いてもらえてる”ことを改めて実感できる、幸せに思える、そんな1冊です。

約52万字・全768ページ

出版のタイミングで先輩から、この本を送っていただきました。

ラジオの残響が家に届くもったいない、お言葉

“ぜひ読んでいただきたいと思っている皆様”の、1人に選んでいただき恐縮です。

放送作家りん
放送作家りん
いただいたから
褒めるわけではありません。

いや、先輩を褒めるだなんて……どこ目線だよ! なんですが、先輩すごすぎますって。

ラジオの残響_川野将一厚さネコポスでは送れない厚さ

辞典か! というレベルの厚さ。全768ページ、約52万字って……。

放送作家りん
放送作家りん
正気ですか。

2000字超えたくらいで1度集中力が切れるわたしからしたら、正気の沙汰とは思えません。

取り上げた番組の数は約200?

こちらの本の中で取り上げた番組数は、約200!?

放送作家りん
放送作家りん
正気ですか。

各章の見出しとして、目次に番組名が挙がっているものだけでも以下の通り。

『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』
『サンドウィッチマンのラジオやらせろ! 』
特別編「SMAPラジオ 華麗なる終焉」
『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』
『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』
村上春樹『村上RADIO』
『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』 『春風亭昇太と乾貴美子のラジオビバリー昼ズ』
『菊地成孔の粋な夜電波』
『広末涼子のがんばらナイト』
『ウーマンラッシュアワーのオールナイトニッポン0』 『ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン』
『倉本聰 富良野からの風を』
特別編 「電気グルーヴの平成ラジオ 〜『オールナイトニッポン』から『たまむすび』まで」
『清水富美加 みなぎるPM』
『コサキンDEワァオ! 』
チャットモンチー『SPARK』
『くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン』
『新垣隆の音楽室』
『小泉今日子のオールナイトニッポン』
『雨上がり決死隊 べしゃりブリンッ! 』
『ウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』
松岡茉優『AVALON』
『菅田将暉のオールナイトニッポン』
特別編「コミュニティFM『渋谷のラジオ』開局リスニング一年記」
『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』シリーズ
『上沼恵美子のこころ晴天』
『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
『ユニコーンのオールナイトニッポン』
『ゆうがたパラダイス「赤い公園・津野米咲のKOIKIなPOP・ROCKパラダイス」』
『オードリーのオールナイトニッポン[10周年編] 』
『Berryz工房 嗣永桃子のぷりぷりプリンセス』
『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』
『ハイ! SPEEDで行こう! 』
『安住紳一郎の日曜天国』
『裕木奈江のオールナイトニッポン』
ピーター・バラカン『Barakan Beat』『ウィークエンド・サンシャイン』 ≈
『斉藤由貴「オールナイトニッポンMUSIC10」』
『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』
『さくらももこのオールナイトニッポン』 『ももこのおしゃべりチャンネル』
特別編「『めちゃイケ』アフター ラジオで愁活(シュウカツ)」
槇原敬之『 Who cares? 』
特別編「永六輔 叶わなかった生放送の大往生」

今回、残念ながらわたしが担当している番組はありませんでしたが、いちリスナーとして聴いている番組や作家仲間の担当番組も!

放送作家りん
放送作家りん
さて!
どこから読もうか?

最初から順番に読むか? それとも気になる番組から読んでいくか?

“特別編 「電気グルーヴの平成ラジオ ~『オールナイトニッポン』から『たまむすび』まで」”だなんて、あの“伝説のオールナイト”について、どんなことが書かれているのか気になって仕方がないと思っていたら……。

どこから読む?最初から読む?

我が娘10歳・小学5年生。

放送作家の娘
放送作家の娘
コレ!
めちゃくちゃおもしろいよ!

おい、お前どこ目線だよ……はさておき、どうやら小学生にも響いたようです。

我が家には、もう1人1週間で40時間以上ラジオを聞く、もしかしたら労働時間以上にラジオを聴いているオットもいるので、これは本の取り合いだなと。

母さんは、平日の昼間に1人静かに読むことにしようと読み始めたわけですが……。

ラジオって、いいもんですね

もうさ、すごいんですわ。情報量と愛がハンパないんですわ。(関東出身)

ラジオの残響_川野将一字の小ささ校閲の方も大変だったんじゃ?

こことここを紐づけて? この時のこんな細かい情報まで網羅されているだなんて……。

放送作家りん
放送作家りん
ラジオって
本当にいいもんですね。

放送作家という名の、もはや“なんでも屋”のわたしですが、そうだよなと。

わたしはラジオが好きでラジオの放送作家がやりたくて、放送作家になると決めたんだよな……そうなんですよ、先輩。

【放送作家になるには】わたしが、放送作家になるまで…幼稚園の頃は、本屋さんになりたいと思っていました。本がいくらでも読めると思ったからです。 小学生の頃は、弁護士になりたいと思ってい...

著者の川野将一さん(先輩)と出会ったのは、まさに“駆け出し”だったギリギリ10代の頃。BSデジタル放送が開局する前の話です。

あれから20年以上の時が経ち、わたしが“なんでも屋”でありながらも“放送作家”を続けられていること。

数えるほどしかないですが、ラジオの仕事を続けられていること。

放送作家りん
放送作家りん
当たり前ではない
“しあわせ”。

これから、どんどんおばちゃんからおばあちゃんに近づいていく中で、いつまで“ラジオの作家”を続けられるかはわかりませんが、この本を読んで改めて、できるだけ長くラジオの仕事を続けたいと思いました。

ラジオに関わる人、ラジオが好きな人が手に取ったならば、そうなんだよ! そうなんだよ! だからラジオって面白いんだよ! が、リアルな重量と共にずっしり伝わるはずです。

放送作家りん
放送作家りん
まだ全部は読めていません。

2千文字くらい書いて集中力が切れかかった時に手に取って、少しずつ読み進めたいと思います。

放送作家りん
放送作家りん
52字万字って何?

前回の『ラジオブロス』では、わたしが担当していた番組も取り上げていただきました。

created by Rinker
¥3,190
(2021/10/19 20:06:40時点 Amazon調べ-詳細)

また先輩に取り上げていただけるよう、わたしも日々精進します。

すべてのラジオ好きに、この本が届きますように。

created by Rinker
¥3,300
(2021/10/19 20:06:41時点 Amazon調べ-詳細)

※ちなみに、「放送作家りんのブログ」にちょこちょこ登場する“先輩”とは1人のことではありません。ダイスキな先輩が身近にたくさんいて、わたしはしあわせです。

▼ついでに、著者をフォローしてみる