食もろもろ

家族に不評だった料理3選!アレンジするも感想は?

家族から料理にダメ出しをされた時の気持ちアイキャッチ画像

毎日の#夜ごはん報告

Twitterにて、#夜ごはん報告をつけ、毎日の夜ごはんをつぶやくお遊びを、気付けば1年以上続けていますが………。

毎日毎日僕らは一般の
退屈ばかりか 嫌にもなっちゃうよ

放送作家りん
放送作家りん
毎日毎日 母さんは家族の ごはんの献立ばかり考えていると 嫌にもなっちゃうよ

そんな母さんの苦労なんて、我が娘7歳、小学2年生知る由もなく…いや、知らなくていいんですけどね。

放送作家の娘
放送作家の娘
冬休みのお弁当は、できればおにぎりがいい。おかかか、ふりかけ全般か、塩むすびがいい。

とのリクエストをうけ、塩むすび+おかずやらを持たせたところ………。

放送作家の娘
放送作家の娘
別にいいんだけど、ちょ~っとだけ、塩の味が薄かったよ。

「別にいいんだけど」って、めちゃくちゃ母さんに気を遣っているではないか………もろもろ反省。で、翌日。

放送作家の娘
放送作家の娘
別にいいんだけど、ちょ~っとだけ、しょっぱかったよ。
放送作家りん
放送作家りん
姑か!

誰に似たのか、確実にわたしではない。なぜか味に小うるさく育ってしまった娘

毎日の料理―家族の感想

おいしい時は、おいしいね!と言ってくれる。が、しかし!微妙な時は………。

放送作家の娘
放送作家の娘
ちょっとイヤな味がする。

こんな時は、大きく深呼吸。

母さんは料理人ではないし、完璧においしいものを毎日作れるわけもないのだ。と自分に言い聞かせつつ、たぶん思いっきり眉間にシワが寄っている

特に不評だった料理!

おいしい時は、おいしいと言ってくれる。が、しかし!時にダメ出しもされる、その中でも、特に不評だった料理を3つ紹介します。

放送作家りん
放送作家りん
なんのために?

これを読んでくださった方が、同じミスを侵さぬように?はたまた、浮かばれなかった料理の供養のために?

放送作家りん
放送作家りん
我がために…。

ええ、ただただ吐き出したいだけです。

1.刺身のツマを使った大根もち
「食べづらい」

母さんが作った料理に対する、我がオットと娘の感想は、一致することが多い。

以前、お刺身のツマの再利用法として、ブログでも紹介させていただいた、大根もちは、その後も何度となく作っていたのですが、ある日。

オット
オット
味は好き。
放送作家の娘
放送作家の娘
食べづらい。
放送作家りん
放送作家りん
なんやて?

最初から言ってくれたらいいのに…とは、心の声。そうか。長いツマをカットしてから調理すればよかったのか…と。

ついでにこちらも
お刺身の残った大根ツマをアレンジ…絶品!大根もちレシピ本日のブログざっくりまとめ ▼お刺身のツマに、わさび醤油をつけて、 食べるのが好きです。愛妻家です。 が、しかし! ▼ど...
放送作家りん
放送作家りん
べ、勉強になります。

2.アーモンドと煮干し田作り風
「なんかイヤな味がする」

我が実家で、お正月に毎年、実母さんが作っていた料理が、こちらなのですが………。

・スライスアーモンドを、から炒りして、いったんフライパンから取り出す。

・フライパンに、水あめ(はちみつ)、すりおろし生姜、醤油、水少々、火をかけ、とろみがでたところで…。

・煮干しと、アーモンドをフライパンへ!軽くからめたらできあがり!

実家の味を思い出し作ってみたところ…。

家族から不評だった料理2アーモンド入り田作り実母さんのようにはいかず
放送作家の娘
放送作家の娘
なんかイヤな味がする。
オット
オット
いっぱいは食べられない。
放送作家りん
放送作家りん
なんやて?

わたしが、実家の味を再現できなかったことも問題なのであろう。

が、しかし!1人で全部食べるのはつらい。と、レンジで30秒チンしてみたところ…。

放送作家の娘
放送作家の娘
カリカリで、おいしい!
放送作家りん
放送作家りん
べ、勉強になります。

3.サバ缶切り干し大根トマト煮
「なんかイヤな味がする」

インスタグラムを眺めていたら、とある方が、切り干し大根をトマト缶と一緒に煮るのが好きだと書いていた。

家族から不評だった料理3トマト切り干し大根サバ缶アレンジわりと手間がかかったのだ

なるほど!からの、サバ缶も入れてみたらどうだろうかと、レシピを無視して、最初からアレンジしてしまった結果。

家族から不評だった料理3トマト切り干し大根完成わりと手間がかかったのだ
放送作家の娘
放送作家の娘
なんかイヤな味がする。
オット
オット
これは食べられないかも。
放送作家りん
放送作家りん
なんやて?

母さんも食べてみたが、しかし!食べられないほどではない気がする………が、たしかに!好んでたくさん食べたいとも思わない。

数日間、冷凍庫で眠らせてからの、再アレンジ………ふんわり卵とじにしてみた結果。

放送作家の娘
放送作家の娘
・・・。
オット
オット
・・・。
放送作家りん
放送作家りん
イヤな顔をしながら食べられるのも辛いので、全部食べます。

食べられないほどではない気がする………が、たしかに!好んでたくさん食べたいとも思わない料理を、意地なのか?もったいない根性なのか、とりあえず全部食べた。

放送作家りん
放送作家りん
あれ?なんだかとてもつらい。

改めて書いてみたところ、ただいま、なんとも言えない気持ちである。

放送作家りん
放送作家りん
料理って、難しいですね。

とはいえ、ふだんは「おいしいね!」と食べてくれるのだ。失敗を次に活かすしかない。

我が子にイヤな味がすると言われたところで「失敗しちゃった、てへへへへ」と笑えるような、そんな大きな器をAmazonで売ってください。

以上、器がミニマリスト母さんの、たわごとでした。

※大きな器で検索したら………

▼ついでに、著者をフォローしてみる