こどもの こと

クリスマス!子どもからサンタさんへの手紙の返事どうする?問題

子どもが書いたサンタさんへの手紙の返事どうしてる問題アイキャッチ画像

サンタクロースを信じる子ども

我が娘8歳、小学2年生。


このツイートから1年以上が経ちましたが、いまだサンタクロースの存在を信じて疑うこともなく………。

放送作家りん
放送作家りん
か、母さんだって、信じていないわけではない?

ただ、メルヘンの世界とは、ほど遠い毎日を送っているだけでありまして………?

サンタクロースへの手紙

娘(当時7歳)サンタクロースへの手紙を、なにやら真剣に書いていると思ったら?

放送作家りん
放送作家りん
か、解答欄が用意されておる。

やっべぇぞ!どうしたものかと考えていたところ、心優しきフォロワーのみなさまから、数々のアドバイスが!

別紙でプリントアウト?

ちなみに、母さんが最初に思いついた方法は、手書きだとバレるから、パソコンで答えを書いた別紙メモを用意し、プリントアウトすればいいんじゃ?というものだったのですが………。

放送作家りん
放送作家りん
か、母さんの安直な発想…。

人生の、父さん母さんの先輩方からの、ありがたいアドバイスはというと?

英語・筆記体で返事を書く


1番多かったご意見が、英語の、しかも筆記体で返事を書けばよいのでは?というもの。なるほど!その手があったかと思いつつ…。

放送作家りん
放送作家りん
か、書けるだろうか…。
筆記体。

そして、正直めんどくさいなとの思いもありつつ…。

シャンパンとケーキも用意?


なんとなんと!サンタさんをおもてなしするために、シャンパンとケーキを用意しておくというお宅も多いようですね。

放送作家りん
放送作家りん
か、考えたこともなかった。

我が実家のサンタさんからのプレゼントは、だいぶ早い段階で、リアルに必要なものだったなぁ。

放送作家りん
放送作家りん
か、母さんが選んだと思われる、白いスニーカーが忘れられない。

あのね、サンタの国ではね…

次いで、仲良くさせていただいている、先輩母さんに、どうしていました?と聞いてみたところ、オススメされた1冊の絵本。

こちらの絵本を読み聞かせ、サンタ教育をしているとな。さらに…。

親からなんじゃ?と気付いた時

中学生になったお子様が、サンタの存在を疑い始めたそうで………ええ!そんな時はどうすれば?と思ったら…。

・サンタはサンタでいるのです

・サンタさんからの密命を受け、親が働くのです

・すでに知ってしまった子どもは、これから密命を受けるための訓練期間に入りました

・大人になり子どもができたら、密命を受けるので、それまで生きて勉強しなさい

放送作家りん
放送作家りん
か、母さんうまく話せる自信ない。

いや、絶対に半笑いになってしまう。

我が家の結論!手紙の返事は?

英語で返事を書くべきか?はたまたプリントアウトして用意すべきか?娘が寝静まった深夜に、夫婦会議を………するまでもなく、オットからの一言。

オット
オット
スルーでいいんじゃない?

英語で書いたところで、実際に答えているのは、父さんor母さん

ご家庭により、いろんな方針があると思いますが、我が家は、スルーという結論に至りました

子どもの反応は?

そして、迎えたクリスマス当日。手紙の返事がないことに気付いた、娘の反応は?

放送作家の娘
放送作家の娘
まあ、サンタさん、忙しいもんね。

手紙の返事がなかったことよりも、欲しかったプレゼントがもらえたことが嬉しかったようで、予想以上にドライな反応…。

ついでにこちらも
人生ゲームタイムスリップを8歳のクリスマスプレゼントに
8歳のクリスマスプレゼント人生ゲームタイムスリップを贈った結果 小学2年生の クリスマスプレゼントとは? 我が娘8歳、小学2年生。クリスマス前に、サンタさんへ手紙を書きまして………。 娘...

この日から、3夜連続の人生ゲーム祭りが、行われましたとさ。

サンタさんの存在
信じる信じない問題

サンタさんの正体は親らしいよ?なんてことを、わざわざ伝えるつもりもありませんが、信じようが信じまいが、年を重ねていけば、いつか大人になるわけで…。

デジタルネイティブ世代、これから世界がどう変わっていくかもわからず、SNSには誹謗中傷の言葉も溢れている中………。

放送作家りん
放送作家りん
強くなれ!

父さんと母さんができるのは、見守って応援することくらい?って、どこかに書いたな…と思ったら。

ついでにこちらも
卒園文集 親から子へのメッセージを本気出して書いた保育園 卒園間近… 我が娘、5歳。 あと1カ月ほどで、6歳。 来年3月には、3年間、通った保育園を卒園し、春からは、小学生にな...

以上!偉そうなことは“なんも言えねえ”自分のことで精いっぱいおばちゃんの、たわごとでした。

▼ついでに、著者をフォローしてみる