こどもの こと

オリジナル名札バッジのオーダーも可!練馬 桜台の雑貨屋はと工房

雑貨屋はと工房パンツバッジ

「はと工房」の はとさん

我が家が、足を向けて寝られない人の1人が、スーパー器用な手作り職人!はと工房の、はとさん(あだ名)である。

我が娘、現在8歳、小学2年生が生まれてからは、特にお世話になりっぱなし。例えば、通園用のポケットポーチや…。

はと工房さん作品ポケットポーチ娘の名前入り

お弁当を入れるための、巾着

はと工房さん作品巾着娘の名前入り

通園カバンに付ける名札は、何個も…。

はと工房さん作品名札バッジバッジタイプ・キーホルダータイプ

小学生になってからは、体育着袋に…。

はと工房体操着袋娘の名前入り

通学用の補助カバン

はと工房手提げ袋縦・横2サイズ

雑巾まで…。

はと工房さん作品雑巾使うの惜しくなる雑巾

そういえば、娘が描いた、ドレスの絵を、エプロンにしてくれたのも、彼女である。

ついでにこちらも
子どもが描いたデザイン画を元に、エプロンを手作りしてみた…本日のブログ・ざっくりまとめ ▼無謀なのか?どうなのか?ファッションデザイナーになりたい!という夢を持つ、我が娘6歳、小学1年生。 ...
放送作家りん
放送作家りん
はとさんがいなかったら、どうなっていたのだろうか。

縫い物なんてムリ!ミシンも持っていない、不器用母さん…。はとさんがいなかったらと、想像すると恐ろしい。

放送作家りん
放送作家りん
足を向けて寝られない。

インスタからでも購入可

インスタグラムからも、注文、購入ができるはとさんの作品なのですが………。

なんと!念願かなって、雑貨屋さんをオープンすることになったと、そんなうれしい連絡が届いたのは、1月の末。

先日、やっとこ、お店に行くことができました。

練馬駅・桜台駅から徒歩10分弱

「はと工房」さんのお店があるのは、西武池袋線・大江戸線の練馬駅と、桜台駅の、だいたい中間地点

どちらの駅からも、10分かからない距離なのですが…。

放送作家りん
放送作家りん
正直、場所は分かりづらい。

練馬区立開進第二小学校横

練馬区立開進第二小学校のグラウンドの横と言われたところで、練馬駅から目指すと、だいぶ住宅街の中を進むので…。

放送作家りん
放送作家りん
途中、不安になりつつ…。

とはいえ、道中に気になるお店も、ちらほら。知らな~い街を歩い~てみたい~気分で楽しい。

はと工房へ向かう道中の居酒屋さん謎の「つちのこ串」
放送作家りん
放送作家りん
つちのこが食べられる?お店も発見!

欅の音terrace
(ケヤキノオトテラス)

何もなさそうな場所に、突如現る、欅の音terraceという、なんともシャレオツな建物。

練馬桜台欅の音terrace洒落た外観

こちらは、練馬桜台で展開されるナリワイと暮らしを両立する「ナリ間ノワ プロジェクト」の建物で、住居兼店舗として、貸し出しされているそうです。

102号室 はと工房

で、その102号室が「はと工房」さんなんですが、はとさんは、実際に店舗の奥で暮らしているそうで…。

欅の音terrace102はと工房ガラス張り
放送作家りん
放送作家りん
ガラガラガラ…と、扉を開けたら、奥から「はいは―い」と、はとさんが出てきた。

なんだろうか。この昔ならではのお店感が、逆に!今っぽくもあり、すごくいい。

店舗は、まだ未完成?

ところ狭しと並ぶ、メイド・バイ・はとさんの作品たち。どれもこれも、カラフルでかわええ。

雑貨屋はと工房の商品イニシャルを探せ

オーダーもできる名札。友人の子どもにも何度となくプレゼントした。

雑貨屋はと工房の名札キーホルダー名前を刺繍してくれます。

安産お守り。妊娠中の友達に何度となくプレゼントした。

雑貨屋はと工房安産お守りかげきバッジ「かげき」にも注目!

最近はパンツ作りにハマっているそうで。

放送作家りん
放送作家りん
いぇ~い ぱんつ~ ぶらじゃ~

ちなみに、店舗はいまだ未完成といいますか。これから、徐々に改良されていくそうで…今後、どうなるか?勝手に楽しみにしている。

デッキでマルシェを開催!

不定期で、欅の音terrace全体のイベントなども行われるそうで…次にお邪魔するのはイベントの時になるのか?どうなのか?

放送作家りん
放送作家りん
はっ!大切なことを書き忘れた。

お店は不定期オープン

主に週末、時に平日

開店日は「はと工房」のインスタ(作品の画像も楽しい)、もしくは、ホームページをチェック。

ちなみに、我が家は現在、クッションカバーを注文中。完成が楽しみすぎるのですが、それにしても…。

放送作家りん
放送作家りん
足を向けて寝られない。

小学校のグラウンド横という、その立地から、名札とか、すごく人気が出てしまい、注文ができなくなったら、どうしよう…。はとさん、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

▼ついでに、著者をフォローしてみる