もろもろ(時にヲタ)

夜ごはんは自分で作る?これが私の40歳の誕生日の過ごし方!

40歳になりました
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

年に1度の誕生日!

39歳が40歳になろうが、目に見える変化は、なんもないわけですが、誕生日という、いいわけは便利なもんです。

放送作家りん
放送作家りん
せっかくの誕生日だから、自分の好きなように過ごそうではないか。

ちょうど今週は日曜日も仕事だったし、1日パソコンを開かず、好きなことをやるのも、ありなのかもしれない…。と思ったところで。

放送作家りん
放送作家りん
やりたいことが、見つからない…。

誕生日という便利過ぎるいいわけがあるのだから、何か特別なことをしたいという、わずかばかりの欲はある。

ちなみに………。

ついでにこちらも
39際の誕生日にまさかのサプライズケーキ
これが私の39歳の誕生日の過ごし方 誕生日?何歳になったっけ? 誰も興味はないでしょうが、なんとなく毎年書いているので、今年も書きます。 ちょいと前になりま...
ついでにこちらも
これが私の38歳の誕生日の過ごし方本日のブログざっくりまとめ ▼誰も興味がないであろうが、 わたしが、38歳の誕生日を、 いかに、過ごしたかを、ここに書く。 ...
ついでにこちらも
これが私の37歳の誕生日の過ごし方誰も興味がないであろうが、わたしが、37歳の誕生日を、いかに、過ごしたかを、ここに書く。 「これが私の生きる道」的なこだわりは、残...

誕生日いつも通りの朝

眠い眠いと思いつつ、いつもと同じ時間に起きた。朝ごはんの準備をしていると、我が娘8歳、小学3年生が起きてきた。

放送作家の娘
放送作家の娘
あと〇日でクリスマスだ!

娘にとっては、母さんの誕生日<サンタさんからプレゼントがもらえるクリスマス、である。

それからは、いつも通りの家事を一通り。すると、娘8歳、登校5分前に突然の………。

放送作家の娘
放送作家の娘
あ!今日ママの誕生日だね。

何をきっかけで気付いたのかはわからないが、気付いたところで、おめでとうと言うわけでもなく、学校へ。

それからは、いつも通りの家事の続きを…。

帰国中の友達とランチ

誕生日という便利過ぎるいいわけがあるのだから、何か特別なことをしたいという、わずかばかりの欲。

ちょうど、アメリカに住んでいる友達が、日本に帰国するタイミングだと思い出し、連絡してみた。

誕生日だとは告げずに、とりあえず会う約束を…。

下北沢でカレーを食べる

前々から気になっていた、スープカレーじゃない方のサムライ「Mikazuki Curry SAMURAI.(三日月カリィ 侍.)」へ。

誕生日だということを、わたしから告げることはせず………が、バレていた。

40歳誕生日ランチにカレーおいしかった!!

赤ワイン仕込みのラムカリィに、誕生日だから?侍ザンギをトッピング。

気付けば20年以上の付き合いとなる友達との時間。ひさしぶりなのに、ひさしぶりだと感じず、延々と話せるのが、うれしいもんですねぇ。

せっかくだから?と、下北沢を散歩し、自分が独身の頃住んでいたアパートも見に行った。下北沢を2-3周したところで、お茶をしようと…。

40歳おやつにコーヒーフロートうかれた飲料

なんとなくうかれ気分で、コーヒーフロートなど…。パソコンを一切開くことなく、大好きな友達と会った。話をした。だいぶ誕生日感がある。

あっという間に時間は流れた。そして、ここからが大問題である。

放送作家りん
放送作家りん
自分の誕生日の夜ごはん、何を食べる?

これもまた数日前から考えていたが、これ!という答えが見つからず…。

例えば、おいしそうなカレー屋さんのカレーをテイクアウトしようか?でも、昼もカレーだしな。

「俺の話は長い」の最終回を見ていたら、すき焼きが食べたくなってきた。でも、大晦日すき焼きの予定なんだよな。

なんとなくだけど、エビフライが食べたい。なんとなくだけど、明太子が食べたい。白身魚フライよりも高級なエビフライだけれど、誕生日だしな。

ん?待てよ?誕生日だから、料理はしなくてもいいのでは?(たびたび手抜きはしているけれども)ふだん作っているのだから、誕生日くらい、料理はしなくてもいいのでは?

そんな風に考え考え、ぐるぐるぐるぐるした結果の…。

放送作家りん
放送作家りん
手巻き寿司!

ふだんあまり行かないスーパーを2軒はしごして、まぐろの盛り合わせ(ネギトロ)、明太子、カキフライ、エビフライと、明太子パスタサラダを買った。

放送作家りん
放送作家りん
明太子かぶり!

お味噌汁は作った。明太パスタサラダを、雑にちぎったレタスにのせた。ツナを混ぜた。

放送作家りん
放送作家りん
あれ?あまりオナカが減っていない…。

昼のカレーと、コーヒーフロートで、あまり食欲がない中、誕生日の夜ごはんは、録画したモヤモヤさまぁ~ずを見ながら…。

放送作家りん
放送作家りん
そして、いつもと同じ時間に眠った。

誕生日って1年に1度だけだけれども、1日って本当にあっという間ですね。

そうだ!大事なことを書き忘れた。ん?大事なことか?わたしは、誕生日の前日、つまりは30代最後の日に、親知らずを抜いたのだ。

それは、たまたま予約がとれたから…なのですが、誕生日の前日に、親知らずを抜いた結果。

放送作家りん
放送作家りん
1日中、歯が痛い。

歯が痛すぎて、首も肩も顔も痛くなってきた。そんな40代の幕開け。親知らずを抜いた話は、後日ブログに書くかも?しれません。

ちなみに、実の母から昼過ぎに、LINEが届いたのですが…。

40歳実母からのおめでとうメールん?
放送作家りん
放送作家りん
母よ、あなたが産んだ娘は、40歳になりました…。

以上!放送作家りん、40歳も、どうかよろしくお願いいたします。

ほしいものリスト

ついでにこちらも
アラフォー目前!おばちゃんになったと感じる瞬間まとめ おばちゃんは何歳から? 周りの人から「自分で自分のことを、おばちゃんって言わなくてもいいのでは?」などと言われることも...

▼ついでに、著者をフォローしてみる