食もろもろ

ジャムとマーガリンが同時にプチっと出てくるアレの名前は何?

ジャムとマーガリンが同時に出てくるやつの名前
放送作家りん
放送作家りん
フリーランスの放送作家、
りんと申します。

【給食】ジャム+マーガリン

たしか小学校だか中学校の給食で初めて見た、いちごジャムとマーガリンがパキっと折り曲げると同時に出てくるやつ!

放送作家りん
放送作家りん
衝撃でした。

初めての出会いから20年、いや30年近く?最近では、フランクフルトやホットドッグを食べる時に、マスタードとケチャップが同時に出てくる!なんてのもよく見かけますが。

放送作家りん
放送作家りん
アレの名前はなんだろう?

気になったので、誰にも頼まれていないのに調べてみました。

ディスペンパックジャパン

名前のわからない“アレ”を作っているのは、株式会社ディスペンパックジャパン

キユーピー株式会社、三菱商事株式会社、三菱商事パッケージング株式会社が共同出資して設立された会社です。

名前のわからない“アレ”は、元々アメリカで発明され、株式会社ディスペンパックジャパンが、世界に先駆け製品化に成功したそうです。

名前のわからない“アレ”を日本で作っているのは、株式会社ディスペンパックジャパンだけなんだそうです。

放送作家りん
放送作家りん
もっともっと特別な
オンリーワン!

名前のわからない“アレ”の中でも、2つの種類の異なるモノを同時に出せる製品は、日本にしかないそうです。

放送作家りん
放送作家りん
で、名前のわからない“アレ”の名前、何よ?

さんざん引っ張ったわりに、その答えは?

その名もディスペンパック!?

株式会社ディスペンパックジャパンが作っている、名前のわからない“アレ”の名前はディスペンパック

放送作家りん
放送作家りん
もしや常識ですか?知らなかったのは、わたしだけ?

おそらくディスペンサー+パックの造語?と思われますが、なんと!

2019年パキッテに改名

平成から令和に時代が変わった2019年、なんとディスペンパック改め「パキッテ」に名前を変更していました。

放送作家りん
放送作家りん
パキっと折るからパキッテ?

プチっとではなく、パキっとでした。プチっとだと違う商品になってしまいますもんね。

放送作家りん
放送作家りん
ディスペンパックからパキッテ
知らない名前から知らない名前への変更。

ちなみに、なぜディスペンパックだか、パキッテだかのことをこんなに考えだしたかというと、そもそものきっかけは…。

仙川キューピーショップにて

先日、我が娘9歳小学3年生とともに行った、キューピーの見学施設「マヨテラス

マヨテラス見学の所要時間は
東京で工場見学?キューピーマヨテラスおみやげ&試食付きで無料 東京・仙川マヨテラスとは… マヨネーズ好きの1人として、いつか行ってみたいと思っていた聖地! それが…“...

帰りによったおみやげ屋さん「キューピーショップ」で、ディスペンパックじゃなくて、パキッテがたくさん売られていたからです。

ディスペンパックがパキッテに改名渋めのチョイス

娘が長考して選んだのは「きなこ&沖縄県産黒糖」「濃い抹茶&ミルク風味クリーム」ディスペンパックとは書かれていますが、パキッテとは書かれていません

ディスペンパックパキッテ黒糖きなこ味がおいしい改名前の品なのか?

朝ごはんにさっそく!ということで…。

ディスペンパックパキッテ黒糖きなこ味は出しづらい左黒糖・右きなこ
放送作家りん
放送作家りん
パキッテしてみた。

結果…。

ディスペンパックパキッテ失敗図パッケージの写真みたいにいかない
放送作家りん
放送作家りん
失敗した。

どうやら冬場は、パキッテの中身も冷たくなり固まりやすくなるようで、結果…。

ディスペンパックパキッテうまく出せない残念な結果に…
放送作家りん
放送作家りん
ぐっちゃぐっちゃ。

特に冬場は、指で中身をもみもみしてから、パキッテするのが正解だと学びました。

放送作家りん
放送作家りん
おいしかったです。

たかがパキッテ、されどパキッテ。ディスペンパック株式会社のホームページには、用途別のいろいろな形のパキッテが掲載されており、しばらく眺めてしまいました。

ディスペンパックパキッテいろんな形がよく見たら形が違う!
放送作家りん
放送作家りん
パキッテ言いたいだけになってきた。

ちなみに、Amazonで「パキッテ」と検索しても出てきませんでしたが(2020年2月現在)ディスペンパックと検索したら、いろいろ出てきました。

created by Rinker
キユーピー
¥135
(2020/05/29 15:33:20時点 Amazon調べ-詳細)

パスタソースもあるんですね。

放送作家りん
放送作家りん
パキッテしてみたい!

以上!成功すると気持ちがいいけれど、不器用ゆえに失敗することもあるパキッテの話でした。

▼ついでに、著者をフォローしてみる